日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

文化勲章と文化功労者の違いとは?賞金や年金はもらえるの?

      2017/06/30

hyousyoushiki_man
 

毎年秋に「文化勲章(ぶんかくんしょう)」「文化功労者(ぶんかこうろうしゃ)」が発表されます。

ノーベル賞受賞者や芸能人など、有名な人が授与することも多いので、ニュースなどで見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか。

「文化勲章」と「文化功労者」、どちらも文化に関するものなのかな?と思いますが、その違いはなんなのでしょう?

賞金や年金がもらえるのかどうかも調べてみましょう。

スポンサードリンク


文化勲章と文化功労者の違いとは?

Order_of_the_Chrysanthemum_Japan

 

「文化勲章」は昭和12年(1937年)に制定されたもので、文化の発達に特に顕著な功績ある者に授与される勲章です

選考は、文化功労者選考分科会の意見を聞いて文部科学大臣が推薦し、閣議によって決定され、毎年5人ほどが選ばれます。

慣例としてノーベル賞受賞者が文化勲章未受賞の場合、ノーベル賞受賞と同じ年に、文化勲章も授与されています。

また、毎年11月3日に皇居で親授式(しんじゅしき・天皇陛下から直接授与される式典)が行われます

 

「文化功労者」は昭和26年(1951年)に制定されたもので、文化の発達に特に顕著な功績ある者のことです

選考は、文化功労者選考分科会が選んだうちから文部科学大臣が決定し、毎年15人ほどが選ばれます。

また、毎年11月4日に東京都内のホテルで顕彰式(けんしょうしき・個人の功績や善行などをたたえ広く世間に知らしめること)が行われます

文化勲章を決める際、文部科学大臣は前年までに文化功労者になっている人の中から5名ほどを内閣総理大臣に推薦します。

前年までに文化功労者になっていなくても、文化勲章に値すると認められた場合は選ばれることがあり、この場合、併せて文化功労者になります。

近年では、文化勲章に山田洋次さん(2012年)、高倉健さん(2013年)、仲代達矢さん(2015年)などが選ばれています。

ということは、それ以前に文化功労者に選ばれているということになりますが・・・山田洋次さんは2004年に、高倉健さんは2006年に、仲代達矢さんは2007年に文化功労者に選ばれています。

また、文化功労者として近年では、宮崎駿さん(2012年)、黒柳徹子さん(2015年)、杉良太郎さん(2016年)などが選ばれていますので、近い将来、文化勲章に選ばれる可能性があるということですね。

スポンサードリンク


賞金や年金はもらえるの?

prize

 

文化勲章は、賞金も年金もありません

明治10年(1877年)、叙勲(じょくん・勲章、褒章(ほうしょう)を授けること)に対して終身年金を支給することとしましたが、財政状況の悪化などにより昭和16年(1941年)に廃止され、昭和22年(1947年)に施行された日本国憲法第14条3項では「栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する」とされました。

文化功労者は賞金はありませんが、年金が支給されます

先述したように日本国憲法では勲章や褒章への特権が禁止されています。

しかし、文化の発展向上への貢献者に報いたいという意図から、文化功労者制度という別の制度を創設し、年金が支給される仕組みを作りました。

こうした仕組みがあるので、文化勲章受章者は、原則として前年までに文化功労者となった人の中から選ばれるのです。

年金は終身年金で、現在は年額350万円支給され、非課税となっています

文化功労者に選ばれると、その人が亡くなるまでずっと年額350万円が支給されるのですね。

Emperor_Akihito_Yoshiro_Mori_and_Hideki_Shirakawa_20001103

 

文化勲章と文化功労者の違いがわかりましたね。

基本的には文化功労者の中から、文化勲章が選ばれるというのは、終身年金を支給した上で授与するためなのでしょうか。

日本国憲法では勲章への特権が禁止されているので、別の制度を作り、文化功労者として終身年金が支給されるということで、名称を変えただけで特権を与えるので憲法違反であるという声もあるそうです。

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 11月