日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

福袋はいつから始まったの?由来とは?返品できるの?

   

fukubukuro

お正月になると、さまざまなお店が「福袋」を販売しますね。

中身も、値段も、たくさんの種類があって、あっという間に売り切れてしまうものもあるようです。

福袋が楽しみで毎年購入する方もいらっしゃるようですが、この福袋はいつから始まったものなのでしょうか?

福袋の由来について調べていきましょう。

また、一度購入した福袋は返品できるのでしょうか・・・?

 

スポンサードリンク


福袋の由来は?

 福袋がいつから始まったのか、正確にはわかっていないようです。

江戸時代(1603年~1868年)に大丸呉服店(大丸の前身)が残り布などを袋につめ、そのうちのいくつかに金の帯を入れて初売りで販売したのが最初といわれている説、明治40年(1907年)に鶴屋呉服店(松屋の前身)、明治44年(1911年)に松坂屋が福袋を販売した記録が残っています。

他にも、仙台では江戸時代から初売りで福袋が売られていたという説や、大正8年(1919年)に永楽園という御茶屋が始めたという説もあります。

いずれにしても、昭和になるころには多くの百貨店が福袋の販売をしていたようです。 gatag-00014167

福袋は、七福神であり福の神として有名な大黒天が抱えている大きな袋が由来だといわれています。

大黒天の抱える袋の中には幸福が入っているといわれ、それにあやかって、店側が事前にいろいろなものを入れて口を閉じ、客が自由に選び取る袋のことを福袋といいます。

お正月の初売りで売られるのが一般的で、中身が見えない状態で選ぶので運試しのような意味合いもあったようです。

しかし、最近では中身が見える透明の袋に入れていたり、インターネット上で中身がどういうものなのか詳細を載せていたり、ある程度中身を選べるものも販売されています。

  

スポンサードリンク


福袋は返品できるの?

基本的に、福袋の返品はできません。

福袋は「中身がわからないことを承知して購入する」というものなので、購入後に「想像したものと違う」とか「不要なものしか入っていなかった」と購入者が不満を抱いたとしても、返品に応じることはないそうです。

しかし、「Sサイズが入っている」と書かれていたから購入したのに、実際はLサイズが入っていたとか、壊れたものや破れたものが入っていた・・・などというケースのように、店側にミスがあった場合は返品または交換が可能です。

返品ができるのは、「店側のミス」であることが大前提となります。

また、返品に応じる期間を設けている場合が多いので、気づいたらすぐにお店に連絡を取るようにしましょう。

036367

 中身の見えない福袋は、選ぶときからドキドキして楽しいものですよね。

その中身が自分の欲しかったものだったら、一年のスタートがとても良いもののように感じてしまいますし、残念な中身だったらちょっとがっかりしてしまいます。

しかし、一年のスタートに残念なことが起こったということは、悪い運を最初に使い果たした!と考えるといいかもしれません。

人気のお店になると、整理券や予約が必要な場合もあるようですので、狙っているお店がある方は事前にチェックしておきましょうね。

 

スポンサードリンク

 - 1月