日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

元号とは?日本の元号一覧。その決め方とは?

      2016/07/13

thumbnail_nengou

明治、大正、昭和、平成・・・これらを「元号(げんごう)」といいます。

現在の元号は平成です。

昭和天皇が崩御され、昭和の時代が終わり、小渕官房長官が「新しい元号は『平成』である」と発表したシーンを覚えている方もいらっしゃると思います。

もちろん、明治以前にも元号はあります。

今回は、元号とはなんなのか、日本の元号一覧、元号の決め方について調べて行きましょう。

スポンサードリンク


元号とは?

元号とは、特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。

古くは王の即位から年を数えましたが、一定の起算点を定めて年数を数える方法が考えられ、中国の前漢(紀元前206年~8年)の武帝(ぶてい・紀元前156年~87年)のときに使用されはじめ、次第に近隣諸国でも使用されるようになりました。

日本では、飛鳥時代(592年~710年)に元号が使用されるようになったといわれています。

日本で最初の元号は「大化(たいか)」で、645年7月17日~650年3月22日までです。

その後、長い歴史の中で数多くの元号が生まれ、現在の「平成」に至ります。

関連:天皇誕生日(祝日)は今後変わる?年号が変わるたびに増える?


元号の決め方とは?

e9d38026ae2365c9dbc21989b1c1888e

慶応4年(1868年)を明治元年に改元(元号を改めること)したときに、一世一元と決められました。

一世一元とは、天皇ひとりにひとつの元号ということです。

しかし、これは法律ではなく天皇の詔勅(しょうちょく・天皇の意思、当時は法律と同じかそれ以上の意味をもつ)でした。

それ以前は決まりがなく、占いや、天変地異などの理由で短期間で改元されることがありました。

現在の元号の決め方は、昭和54年(1979年)に成立した元号法によって定められています。

元号法には「第1項:元号は、政令で定める。第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)」と書かれています。

昭和から平成に改元したときを思い出してください。

昭和天皇が崩御されてから、内閣が有識者とともに新しい元号を決め、発表が行われましたね。

スポンサードリンク


日本の元号一覧

以下、日本の元号一覧です。


西暦
元号(年号)
読み
645~650 大化 たいか
650~654 白雉 はくち
686 朱鳥 しゅちょう(すちょう)
701~704 大宝 たいほう(だいほう)
704~708 慶雲 きょううん(けいうん)
708~715 和銅 わどう
715~717 霊亀 れいき
717~724 養老 ようろう
724~729 神亀 じんき
729~749 天平 てんぴょう
749 天平感宝 てんぴょうかんぽう
749~757 天平勝宝 てんぴょうしょうほう
757~765 天平宝字 てんぴょうほうじ
765~767 天平神護 てんぴょうじんご
767~770 神護景雲 じんごけいうん
770~781 宝亀 ほうき
781~782 天応 てんおう(てんのう)
782~806 延暦 えんりゃく
806~810 大同 だいどう
810~824 弘仁 こうにん
824~834 天長 てんちょう
834~848 承和 じょうわ(しょうわ)
848~851 嘉祥 かしょう(かじょう)
851~854 仁寿 にんじゅ
854~857 斉衡 さいこう
857~859 天安 てんあん(てんなん)
859~877 貞観 じょうがん(じょうかん)
877~885 元慶 がんぎょう(げんけい)
885~889 仁和 にんな(にんわ)
889~898 寛平 かんぴょう(かんぺい・かんへい)
898~901 昌泰 しょうたい
901~923 延喜 えんぎ
923~931 延長 えんちょう
931~938 承平 じょうへい(しょうへい)
938~947 天慶 てんぎょう(てんきょう)
947~957 天暦 てんりゃく
957~961 天徳 てんとく
961~964 応和 おうわ
964~968 康保 こうほう
968~970 安和 あんな(あんわ)
970~973 天禄 てんろく
973~976 天延 てんえん
976~978 貞元 じょうげん
978~983 天元 てんげん
983~985 永観 えいかん
985~987 寛和 かんな(かんわ)
987~989 永延 えいえん
989~990 永祚 えいそ
990~995 正暦 しょうりゃく
995~999 長徳 ちょうとく
999~1004 長保 ちょうほう(ちょうほ)
1004~1012 寛弘 かんこう
1012~1017 長和 ちょうわ
1017~1021 寛仁 かんにん
1021~1024 治安 じあん
1024~1028 万寿 まんじゅ
1028~1037 長元 ちょうげん
1037~1040 長暦 ちょうりゃく
1040~1044 長久 ちょうきゅう
1044~1046 寛徳 かんとく
1046~1053 永承 えいしょう(えいじょう)
1053~1058 天喜 てんぎ(てんき)
1058~1065 康平 こうへい
1065~1069 治暦 じりゃく
1069~1074 延久 えんきゅう
1074~1077 承保 じょうほう(しょうほう)
1077~1081 承暦 じょうりゃく(しょうりゃく)
1081~1084 永保 えいほう(えいほ)
1084~1087 応徳 おうとく
1087~1094 寛治 かんじ
1094~1096 嘉保 かほう
1096~1097 永長 えいちょう
1097~1099 承徳 じょうとく(しょうとく)
1099~1104 康和 こうわ
1104~1106 長治 ちょうじ
1106~1108 嘉承 かしょう(かじょう)
1108~1110 天仁 てんにん
1110~1113 天永 てんえい
1113~1118 永久 えいきゅう
1118~1120 元永 げんえい
1120~1124 保安 ほうあん
1124~1126 天治 てんじ
1126~1131 大治 だいじ
1131~1132 天承 てんしょう(てんじょう)
1132~1135 長承 ちょうしょう(ちょうじょう)
1135~1141 保延 ほうえん
1141~1142 永治 えいじ
1142~1144 康治 こうじ
1144~1145 天養 てんよう
1145~1151 久安 きゅうあん
1151~1154 仁平 にんぺい(にんぴょう)
1154~1156 久寿 きゅうじゅ
1156~1159 保元 ほうげん
1159~1160 平治 へいじ
1160~1161 永暦 えいりゃく
1161~1163 応保 おうほう(おうほ)
1163~1165 長寛 ちょうかん
1165~1166 永万 えいまん
1166~1169 仁安 にんあん(にんなん)
1169~1171 嘉応 かおう
1171~1175 承安 じょうあん(しょうあん)
1175~1177 安元 あんげん
1177~1181 治承 じしょう
1181~1182 養和 ようわ
1182~1184 寿永 じゅえい
1184~1185 元暦 げんりゃく
1185~1190 文治 ぶんじ
1190~1199 建久 けんきゅう
1199~1201 正治 しょうじ
1201~1204 建仁 けんにん
1204~1206 元久 げんきゅう
1206~1207 建永 けんえい
1207~1211 承元 じょうげん
1211~1213 建暦 けんりゃく
1213~1219 建保 けんぽう(けんぽ)
1219~1222 承久 じょうきゅう(しょうきゅう)
1222~1224 貞応 じょうおう
1224~1225 元仁 げんにん
1225~1227 嘉禄 かろく
1227~1229 安貞 あんてい
1229~1232 寛喜 かんぎ
1232~1233 貞永 じょうえい
1233~1234 天福 てんぷく
1234~1235 文暦 ぶんりゃく
1235~1238 嘉禎 かてい
1238~1239 暦仁 りゃくにん
1239~1240 延応 えんおう
1240~1243 仁治 にんじ
1243~1247 寛元 かんげん
1247~1249 宝治 ほうじ
1249~1256 建長 けんちょう
1256~1257 康元 こうげん
1257~1259 正嘉 しょうか
1259~1260 正元 しょうげん
1260~1261 文応 ぶんおう
1261~1264 弘長 こうちょう
1264~1275 文永 ぶんえい
1275~1278 建治 けんじ
1278~1288 弘安 こうあん
1288~1293 正応 しょうおう
1293~1299 永仁 えいにん
1299~1302 正安 しょうあん
1302~1303 乾元 けんげん
1303~1306 嘉元 かげん
1306~1308 徳治 とくじ
1308~1311 延慶 えんぎょう(えんきょう)
1311~1312 応長 おうちょう
1312~1317 正和 しょうわ
1317~1319 文保 ぶんぽう(ぶんぽ)
1319~1321 元応 げんおう
1321~1324 元亨 げんこう
1324~1326 正中 しょうちゅう
1326~1329 嘉暦 かりゃく
1329~1331 元徳 げんとく
1329~1332 元徳 げんとく
1331~1334 元弘 げんこう
1332~1333 正慶 しょうけい(しょうきょう)
1334~1336 建武 けんむ
1334~1338 建武 けんむ(北朝)
1336~1340 延元 えんげん(南朝)
1338~1342 暦応 りゃくおう(北朝)
1340~1346 興国 こうこく(南朝)
1342~1345 康永 こうえい(北朝)
1345~1350 貞和 じょうわ(ていわ)(北朝)
1346~1370 正平 しょうへい(南朝)
1350~1352 観応 かんおう(かんのう)(北朝)
1352~1356 文和 ぶんな(ぶんわ)(北朝)
1356~1361 延文 えんぶん(北朝)
1361~1362 康安 こうあん(北朝)
1362~1368 貞治 じょうじ(ていじ)(北朝)
1368~1375 応安 おうあん(北朝)
1370~1372 建徳 けんとく(南朝)
1372~1375 文中 ぶんちゅう(南朝)
1375~1381 天授 てんじゅ(南朝)
1375~1379 永和 えいわ(北朝)
1379~1381 康暦 こうりゃく(北朝)
1381~1384 弘和 こうわ(南朝)
1381~1384 永徳 えいとく(北朝)
1384~1392 元中 げんちゅう(南朝)
1384~1387 至徳 しとく(北朝)
1387~1389 嘉慶 かきょう(かけい)(北朝)
1389~1390 康応 こうおう(北朝)
1390~1394 明徳 めいとく(北朝)
1392~1394 明徳 めいとく(南北朝合一)
1394~1428 応永 おうえい
1428~1429 正長 しょうちょう
1429~1441 永享 えいきょう
1441~1444 嘉吉 かきつ
1444~1449 文安 ぶんあん
1449~1452 宝徳 ほうとく
1452~1455 享徳 きょうとく
1455~1457 康正 こうしょう
1457~1460 長禄 ちょうろく
1460~1466 寛正 かんしょう
1466~1467 文正 ぶんしょう
1467~1469 応仁 おうにん
1469~1487 文明 ぶんめい
1487~1489 長享 ちょうきょう
1489~1492 延徳 えんとく
1492~1501 明応 めいおう
1501~1504 文亀 ぶんき
1504~1521 永正 えいしょう
1521~1528 大永 たいえい(だいえい)
1528~1532 享禄 きょうろく
1532~1555 天文 てんぶん
1555~1558 弘治 こうじ
1558~1570 永禄 えいろく
1570~1573 元亀 げんき
1573~1592 天正 てんしょう
1592~1596 文禄 ぶんろく
1596~1615 慶長 けいちょう
1615~1624 元和 げんな
1624~1644 寛永 かんえい
1644~1648 正保 しょうほう(しょうほ)
1648~1652 慶安 けいあん
1652~1655 承応 じょうおう
1655~1658 明暦 めいれき
1658~1661 万治 まんじ
1661~1673 寛文 かんぶん
1673~1681 延宝 えんぽう
1681~1684 天和 てんな
1684~1688 貞享 じょうきょう
1688~1704 元禄 げんろく
1704~1711 宝永 ほうえい
1711~1716 正徳 しょうとく
1716~1736 享保 きょうほう(きょうほ)
1736~1741 元文 げんぶん
1741~1744 寛保 かんぽう(かんぽ)
1744~1748 延享 えんきょう
1748~1751 寛延 かんえん
1751~1764 宝暦 ほうれき
1764~1772 明和 めいわ
1772~1781 安永 あんえい
1781~1789 天明 てんめい
1789~1801 寛政 かんせい
1801~1804 享和 きょうわ
1804~1818 文化 ぶんか
1818~1830 文政 ぶんせい
1830~1844 天保 てんぽう
1844~1848 弘化 こうか
1848~1854 嘉永 かえい
1854~1860 安政 あんせい
1860~1861 万延 まんえん
1861~1864 文久 ぶんきゅう
1864~1865 元治 げんじ
1865~1868 慶応 けいおう
1868~1912 明治 めいじ
1912~1926 大正 たいしょう
1926~1989 昭和 しょうわ
1989~ 平成 へいせい

大化から平成まで、数多くの元号がありましたね。

現在の平成という元号を決めるときには、「修文(しゅうぶん)」と「正化(せいか)」という候補もあったそうですが、話し合いの中で「平成がわかりやすくて親しみやすい」「イニシャルが明治(M)、大正(T)、昭和(S)と重ならないほうが良い」という意見があり、最終的に平成に決まったといわれています。

元号を使っている国は、現在は日本だけです。

元号と西暦、両方を使うことは時々「面倒だなぁ」と思ってしまいますが、世界で日本しか使っていない元号と考えると、親しみがわきませんか?

スポンサードリンク

 - 未分類