日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

初日の出を見る意味って何?初日の出とご来光の違いとは?

   

b0099877_035692-001

その年の最初の日の出を「初日の出」といいます。

初日の出を見るために、眠い目をこすりながら遠出をしたり、早起きをしたり、経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、初日の出を見る意味とは何なのでしょう?

ご来光という言葉もありますが、初日の出とは違うのでしょうか?

今回は、初日の出について調べていきましょう。

スポンサードリンク


 初日の出を見る意味とは?

 日本では古来より、初日の出と共に年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が現れるとされ、おめでたいと考えられていました。

初日の出を拝むことは年神様へその年の豊作や幸せを祈る意味があります。

元日に天皇が、天地、四方および山稜を拝礼する「四方拝」にならい、庶民の間でも初日の出を拝むことが習慣になり浸透していったと考えられています。

※四方拝とは?

 元日の午前5時半に、皇居の宮中三殿(「賢所・かしこどころ」「皇霊殿・こうれいでん」「神殿・しんでん」の総称)の西側にある神嘉殿(しんかでん)の南側の庭に設けられた建物の中に入り、天地、四方および山稜を拝礼し、国家・国民の安寧と五穀豊穣を祈るものです。

3den


ご来光とは?

高い山、山頂などから見える日の出のことを「ご来光」といいます。

有名なところでは富士山のご来光がありますが、山が高ければ高いほど早くご来光を拝むことができるとか、御利益があると考えられているからです。

もちろん、富士山以外の山から見る日の出も「ご来光」です。

また、ご来光は山岳信仰からきているともいわれています。

山岳信仰とは、自然崇拝の一種です。自然環境に対して抱く畏敬の念や、恐れ敬う感情などから発展した宗教形態とされ、山岳地に霊的な力があると信じられています。

そのため、山から見える日の出のことを「ご来光」と呼んで神聖なものとしたといわれています。

スポンサードリンク


初日の出とご来光は違う?

初日の出は、元日の日の出のことを言いますが、ご来光は元日以外の日にも使います。

また、初日の出はどのような場所から見ても、元日の日の出であれば「初日の出」ですが、ご来光は場所が「高い山や山頂」と限られています。

初日の出とご来光がごっちゃになって「元日に砂浜でご来光を拝んだ」という使い方をする人もいますが、間違いということになります。

400x343xhatuhinode1.jpg.pagespeed.ic.NTbXaMK8Em

ご来光と初日の出は同じもの・・・と思っていた方も多いかもしれません。

しかし、ご来光は一年中拝むことができるということがわかりましたね。

ご来光を拝める高い山や山頂へ行き、初日の出を拝むことができたら、とても縁起が良い事のように感じますね。

大晦日から登山をして、山頂で初日の出を拝む人が毎年大勢いらっしゃるのには、こういう理由があるのかもしれません。

スポンサードリンク

 - 1月