日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

二十日正月の意味とは?食べ物は何を食べる?とろろ?ぶり?

   

79pt0001

日本には、古くから続く風習や行事がたくさんあります。

新しい年を迎える「お正月」は、多くの人がどういう日なのかご存知だと思いますが、お正月と関連して「二十日正月」という行事があります。

今回は二十日正月の意味や、食べ物など、いろいろ調べていきましょう。

スポンサードリンク


二十日正月の意味とは?

 二十日正月(はつかしょうがつ)とは、1月20日のことです。

正月にお迎えした年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)がお帰りになる日と考えられており、1月20日を正月の祝い納めの日とし、この日をもって正月の行事は終了します。

img_small01_01

 前夜(1月19日の夜)には、尾頭付きのお膳や小豆御飯をお供えする地域もあるそうです。

年神様がお帰りになるので、この日は正月料理や餅などを食べつくしたり、飾り物を納めたりします。

正月には、荒巻鮭や塩ぶり、鯛などを一尾丸ごと供えます。

正月の間それらを食べますが、1月中旬を過ぎて残るのは魚のかしらや、骨ばかりとなります。

その残り物もすべて食べつくす・・・という考え方があり、野菜と一緒に炊いたり、粕汁にして食べるので「骨正月」や「骨くずし」「かしら正月」とも呼ばれています。

20ka-shogatsu

二十日正月に食べる物は、地域によって異なるようです。

西日本では、麦飯にとろろをかけて食べることが多く「麦正月」とも呼ばれています。

麦は米に次ぐ重要な主食となるので、米以外の作物の豊穣を祈願する意味合いもあったといわれています。

関西では、正月に食べたぶりの骨を酒かすの中に二十日間入れ、ゴボウ、大根、昆布などと一緒に煮て食べます。

とろろやぶりのほかにも、正月で残ったものはすべてこの日に食べつくします。

 

スポンサードリンク


もともと鏡開きは1月20日だった?

 現在、1月11日が鏡開きです。

しかし、もともとは二十日正月である1月20日が鏡開きの日だったそうです。

江戸時代(1603年~1868年)の初期、徳川家の三代将軍家光が4月20日に亡くなり、月命日である20日を避け、鏡開きは1月11日に変更されたといわれています。

関連:鏡開きの意味と由来とは?2016年はいつ?関東と関西で違う?

1月20日が鏡開きだった時代、武士の家では武家の象徴である、鎧兜や具足に供えた餅(もち)を雑煮(ぞうに)にし、具足開き(ぐそくびらき)などと呼んだそうです。

また、刃柄(はつか)と20日(はつか)をかけて、「刃柄を祝う」とし、おめでたい日と考えられていたようです。また、女性は鏡台に供えた鏡餅を「初顔(はつかお)祝い」といっていました。  kagamibiraki-1

 二十日正月とは、お正月の残り物をすべて食べつくす日ということがわかりましたね。

現在は、お正月といってもほとんどのお店が営業しているので、足りなくなった食材はいつでも買いに行くことができます。

しかし、昔は正月三が日だけではなく、小正月である1月15日や、二十日正月である1月20日まで休みのお店がほとんどだったそうです。

そのため、お正月準備で食材の買いだめをしますが、1月も中旬になれば食材が残り少なくなってきます。

正月料理や餅を食べつくし、お正月に供えた魚の骨やかしらも食べてしまうというのは、昔の人の知恵なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 1月