日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

ひな祭り縁起物の食べ物、飲み物は?意味や由来とは?

      2017/05/18

illustrain10-hinamaturi10

みなさんは、ひな祭りの日にどんなお料理を準備していますか?

お雛様を飾って、主役である女の子を囲んで、親戚やお友達も誘って賑やかに飲んだり食べたりしている方も多いかもしれませんね。

季節の行事にあわせて食べると縁起が良いものがたくさんあります。

ひな祭りの縁起物の食べ物や飲み物はどんなものがあるのか調べてみました。

  

スポンサードリンク


ひな祭り縁起物の食べ物、飲み物は?意味や由来とは?

 ●菱餅(ひしもち)

 image003-300x158

上からピンク、白、緑の三色で、それぞれに意味があります。

ピンクは「魔除けと桃の花」、白は「清浄、純潔」、緑は「健康」です。

「雪(白)の下に新芽(緑)が芽吹き、雪(白)の上に桃の花(ピンク)が咲いている」と、春を表現しています

ひなまつりは中国の上巳節(じょうしせつ)が由来しています。

上巳節では母子草(ははこぐさ)を入れた餅を食べる風習でしたが、日本では「母と子を搗(つ)いて餅にするのは縁起が悪い」とされ、ヨモギが使われるようになりました。この時は丸い餅です。

ヨモギを使った緑色の餅に、ひしの実を使った白い餅が加わり、江戸時代には2色の餅になり、このころ、菱形になったそうです。

そして明治時代になってからクチナシの実を使った赤い餅が加わり、現在のような三色になったそうです。

菱形になった理由には諸説あります。

●心臓をかたどったものであるという説

●大地を表しているという説

●宮中で正月に食べられる菱葩餅(ひしはなびらもち)が起源という説

●繁殖力の高い菱の実をイメージしているという説


●ひなあられ

 hinaarare

ピンク、白、緑の三色の小さな丸いあられを砂糖でコーティングした甘いお菓子ですが、ここに黄色やポン菓子が加わったり、ポン菓子に三色または四色の色をつけていることもあります。

また、西日本では醤油や塩で味付けをしたもので、見た目は茶色く、味はしょっぱいものが主流のようです。

ひな人形は子どもたちの人形遊びが由来になっていますが、子どもたちがひな人形を外へ持ち出して、ひな人形にいろいろなところを見せてあげる「ひなの国見せ」と呼ばれる風習がありました。

このとき、外で食べられるものとして持ち歩いたのが「ひなあられ」といわれ、江戸時代に登場したそうです。

ひなあられが三色なのは、菱餅を砕いて作ったものとされており、外で食べるために菱餅をひなあられにしたといわれています。

また、ひな人形にお供えするご馳走という説もあるようです。

色にはそれぞれ意味があり、ピンクは桃の花や生命を、白は雪や大地を、緑は木々や芽吹きを表していて、ひなあられを食べることで自然のエネルギーを体内に取り込むことができ、一年間健康に過ごせるといわれています。

ピンク、白、緑に黄色が加わった場合は、四季を表しているそうです。

緑→春

ピンク→夏

黄→秋

白→冬

この場合は、一年を通じて幸せを祈っているという意味があるそうです。


●ちらし寿司
chirashizushi

ちらし寿司はひな祭りだけではなく、おめでたいときに作られることが多いもので、具に意味があります。

えびは「長生き」、豆は「まめに働く」、レンコンは「見通しがきく」など、縁起の良い具が使われます。

三つ葉や卵、菜の花を散らすことで彩りが華やかになり、春を運んでくれる料理として、ひな祭りの定番になりました。

 

スポンサードリンク


●はまぐりのお吸い物
hamaguri

はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げられるようにと願いが込められています。


●白酒(しろざけ)
free-illustration-sirozake01-illustrain

江戸時代後半に定着した白酒は、「大蛇を宿した女性が、ひな祭りの日に白酒を飲んで、大蛇を流産させることができた」という逸話から胎内に悪い子が宿らないよう白酒を飲む風習が生まれたという説のほかに、桃の花をお酒に浮かべた中国の「桃花酒(とうかしゅ)」が伝わったという説もあります。

白酒と甘酒を混同してしまう人が多いそうですが、白酒は家では作れませんし、アルコールが含まれているので子どもが飲むことはできません。

甘酒は家で作ることができ、ノンアルコールのものも販売されています。

白酒はアルコールが入っているから子どもが飲めないので、アルコールの入っていない色の白い甘酒を子供用に準備したといわれています。

白酒は、アルコール分が9%前後、糖質が45%程度あり、酒税法ではリキュール類に分類されています。

みりんや焼酎などを蒸したもち米や米こうじに混ぜて仕込み、1ヶ月程度熟成させ、臼でひいてつくります。

甘酒は二種類あり、アルコールを含まない甘酒は米と米こうじから作られています。

アルコールを含む甘酒は、酒粕を使って作られ、アルコール度数が8%ほどあります。

子どもが飲むために準備するなら、アルコールを含まない甘酒にしましょう。

 710879

 どれも幸せや健康を願うものだということがわかりましたね。

食べ物や飲み物を準備するときは、主役である女の子にも手伝ってもらって、どれがどういう意味があるのか話しながらすると楽しいですし、日本の伝統を伝えていくことにもなるのではないでしょうか。

縁起物を準備することで、その子のことを大切に思っていることも、きっと伝わりますよね。

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 3月, 春の行事