日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

雛人形を出す日はいつ?2017年はいつが良い?

   

a5b2de7520275ea1ef7a7cba4cdcdc49_s

「雛人形の片づけが遅くなると、結婚が遅くなる」と昔からいわれているので、雛人形を片づける日を気にしている人は多いようですが「雛人形はこの日に出したらいい」というのを気にしている人はどれくらいいらっしゃるでしょう?。

「お正月を過ぎたら出していい」「いつでもいい」「大安(たいあん・何事も良い日)なら」「3月になってから」など、いろんな意見があるようですが・・・

今回は、雛人形を出す日について調べてみましょう。

2017年はいつが良いのかも、調べてみました!

 

スポンサードリンク


雛人形を出す日はいつ?

雛人形を出す日は「この日ではないとダメ!」という決まりはないようです。

一般的には、立春(りっしゅん・2月4日ごろ)を過ぎた大安に飾ると良いといわれています。

また、雨水(うすい・2月19日ごろ)に飾ると良いという地域もあります。

 584040b62c14f81ddefb787533363ebf

立春は二十四節気(にじゅうしせっき・一年間を24等分したもの)のひとつで、春の始まりでもあります。

雛人形は春のものなので、春が始まってから飾ると良いそうです。

立春は、季節の節目です。

立春の前日は節分(せつぶん)といい、豆まきをして鬼や厄を払う行事として定着していますね。

節分で鬼や厄を払い、清めた後に雛人形を飾るといいそうです。

雨水は、立春と同じく二十四節気のひとつです。

雪が雨に変わり、氷が溶けて水になり、草木が芽生え、本格的に春がやってくる日といわれています。

地域によっては、雨水の日に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」といわれているそうです。

その理由は諸説あります。

●水は生命の源であり、水の神様は子宝の神様、安産の神様とも考えられていた。

●春の訪れとともに新緑が芽吹くように、良縁も芽吹くと考えられていた。

120078

また、ひなまつりの前日や当日に雛人形を飾ると「一夜飾り」になってしまいます。

一夜飾りは縁起が悪いといわれ、雛人形に対して失礼にあたると考えられています。

遅くても、一週間前までには飾ったほうが良いともいわれています。

一夜飾りが縁起が悪い理由ですがいくつかあります。

●お通夜やお葬式などは突然の出来事なので一夜で準備することが多く、それを連想させてしまうので縁起が悪い。

●雛人形は子どもに降りかかる厄災を身代わりとなって受けてくれるものであり、子どもの成長を見守ってくれる大切なものなので、一夜で飾るのは失礼に当たる。

どんなに忙しくても、前日や当日に飾るのは避けた方が良さそうですね。

  

スポンサードリンク


2017年はいつが良い?

 2017年の立春は2月4日(土)、雨水は2月18日(土)です。

立春を過ぎてからの大安は、2月7日(火)、2月13日(月)、2月19日(日)、2月25日(土)があります。

雨水の2月18日(土)は仏滅(ぶつめつ・何事も良くない日)ですので、気になる方は翌日の大安を選ぶといいですね。

 d174e9f9865d211c2758794e8a97d1030f230dcf_l

 雛人形を出すのに、特に決まった日はありませんでしたが「この日が良いらしい」という日はありましたね。

女の子の健やかな成長を祈るひなまつりですから、より良い日を選んで雛人形を出したいですね。

何事も良い日とされる大安で土日に重なるのは、2月19日(日)と25日(土)です。

お子さんたちがお休みの日に、家族みんなで雛人形を飾るととても楽しいでしょうね!

 

スポンサードリンク

 - 2月, 3月