日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

上巳の節句(桃の節句)って何?ひな祭りの由来とは?どんな食べ物を食べるの?

      2016/01/22

0-08一般的に、3月3日は女の子の誕生と健やかな成長を願う「ひな祭り」と言いますが、正式には「上巳(じょうし)の節句」と言い「桃の節句」とも言います。

呼び名がいろいろありますが、上巳の節句とは一体どういったものなのでしょうか?

また、ひな祭りの由来や、ひな祭りで食べる物はどんなものなのかリサーチしていきましょう。

スポンサードリンク

上巳の節句(桃の節句)ってなに?

上巳の節句は五節句の一つです。五節句とは江戸時代の頃に定められた式日(祝日)で、1月7日を人日(じんじつ)の節句33日を上巳(じょうし)の節句55日を端午(たんご)の節句77日を七夕(たなばた)の節句、そして99日を重陽(ちょうよう)の節句のことを言います。

関連:『五節句』とは?いつなの?その意味や由来について

上巳というのは旧暦の最初の巳(み)の日、3月3日にあたります。旧暦の3月3日は新暦では4月になりますが、明治になり新暦の3月3日に引き継がれました。

関連:旧暦とは?新暦との違いって何?旧暦の月の覚え方

古代中国(300年ごろ)では上巳を忌むべき日として、川辺で厄祓い(やくらばい)や禊(みそぎ・体を洗い清めること)を行う日とした「上巳節(じょうしせつ)」がありました。

この上巳節が遣唐使(7~9世紀)によって日本に伝えられ、最初は天皇のために厄祓いをしていましたが、平安時代(794年~1192年ごろ)には公式な宮中行事として「上巳の節会(じょうしのせつえ)」と呼ばれる宴会が行われるようになりました。

illustrain01-nagashibina01

上巳の節会では、水の流れのある場所で盃を流し、自分の前を通り過ぎるまでに歌を詠んだりお酒を飲む「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」が行われたり、人形(ひとがた・紙や木、土などで人間の形を作ったもの)で自分の体をなでて穢れをうつし、川や海へ流したりしました。その名残が現在でも一部地域で行われている「流し雛(ながしびな)」と言われています。


なぜ「桃の節句」と言われるようになったの?

momo2008-ic1

旧暦の3月3日(現在の4月ごろ)が桃の花が咲くころだったからと言われています。

ほかにも、中国で桃は邪気を祓う力があると考えられており、上巳節は川辺で禊を行う日とされていたため、桃の木を飾ったそうです。

そして、日本でも桃は魔除けの木と考えられていました。

スポンサードリンク


ひな祭りの由来は?

ひな祭りがいつ頃始まったのか、起源ははっきりしていませんが諸説あります。

上巳の節会が宮中で行われていた平安時代、貴族階級の子供たちの間で「ひいな遊び」が流行っていました。現在で言うおままごとのようなものです。

「ひいな」とは「小さくてかわいらしいもの」という意味があり、ひいな遊びで使われていた人形は人の代わりに厄を受けてくれると考えられ、厄祓いの流し雛として川や海に流されるようになりました。これが「ひな人形」の由来と考えられています。

行事としての上巳の節会と、ひいな遊びのひな人形が、長い時間をかけて重なり合い、現在の「ひな祭り」となりました。

江戸時代の初期、寛永6年(1629年)に京都御所(天皇が住んでらした場所)でひな祭りが催されました。その後、幕府の大奥(江戸城で将軍家の子女や女中が住んでいた場所)でもひな祭りを行うようになりました。

江戸時代の中期には、女の赤ちゃんが誕生したことを祝う初節句の風習が生まれ、ひな祭りはますます盛んになりました。

もともとは無病息災を願う厄祓いの節句でしたが、女の子の誕生や健やかな成長を願うお祭りへと変化していったのですね。

関連:ひな人形を飾る意味とは?処分や供養の仕方、寄付について


どんな食べ物を食べるの?

●ひなあられ

ピンク、緑、黄色、白の四色のあられで、四季をあらわしています。

「一年間、女の子が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

free-illustration-hinaarare02-illustrain ●菱餅(ひしもち)

上からピンク、白、緑の三色で、それぞれに意味があります。

ピンクは「魔除け」、白は「清浄、純潔」、緑は「健康」です。

「雪(白)の下に新芽(緑)が芽吹き、雪(白)の上に桃の花(ピンク)が咲いている」と、春を表現しています。
3303-450x337●ちらし寿司

ちらし寿司の具には意味があります。

えびは「長生き」、豆は「まめに働く」、レンコンは「見通しがきく」など、縁起の良い具が使われます。

三つ葉や卵、菜の花を散らすことで彩りが華やかになり、春を運んでくれる料理として、ひな祭りの定番になりました。
food_chirashizushi●はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げられるようにと願いが込められています。2013_0301 ●白酒(しろざけ)

江戸時代後半に定着した白酒は、「大蛇を宿した女性が、ひな祭りの日に白酒を飲んで、大蛇を
流産させることができた」という逸話から胎内に悪い子が宿らないよう白酒を飲む風習が生まれたという説のほかに、桃の花をお酒に浮かべた中国の「桃花酒(とうかしゅ)」が伝わったという説もあります。

白酒と甘酒を混同してしまう人が多いそうですが、白酒は家では作れませんし、アルコールが含まれているので子供が飲むことはできません。

甘酒は家で作ることができ、ノンアルコールのものも販売されています。

白酒はアルコールが入っているから子供が飲めないので、アルコールの入っていない色の白い甘酒を子供用に準備したといわれています。 

illustrain01-sirozake01

女の子のためのお祭りだと思っていたひな祭りですが、もともとは老若男女問わず厄払いの行事だったことがわかりましたね。

ひな祭りに食べるものも今までは「ひな祭りの定番だから」と、深く考えずに食卓に出していたかもしれませんが、これからは「それぞれに意味があり、願いが込められている」と説明をすると、よりいっそう、女の子の成長をお祝いする気持ちが深まりそうですね。

スポンサードリンク

 - 3月, 春の行事