日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

十二直(建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉)の由来や意味、読み方とは?

      2017/05/18

 s-IMG_1720B

私たちが普段使っているカレンダーには、その日の運勢や方位などが記載されているものがありますね。それらを暦注(れきちゅう)といいます。

十二直も暦注のひとつで、昭和初期までは六曜(ろくよう・暦注のひとつ。大安や仏滅などの暦)よりも重要視されていたといわれていますが・・・その由来や意味はなんなのでしょう?

読み方と一緒に調べてみましょう。

 

スポンサードリンク


十二直の由来は?

 読み方は「じゅうにちょく」です。

一般に運勢暦の中段に描かれていることから「中段(ちゅうだん)」「十二直中段(じゅうにちょくちゅうだん)」ともいいます。

また「直」には「当たる」という意味があり、良く当たる暦注として信じられていました。

280px-Flag_of_Alaska

十二直は中国から伝わり、飛鳥時代(592年~628年)には日本で使われていた記録があるそうです。

中国では、一定の位置から動かない北極星を中心に、1日1回転する北斗七星を観察していました。

北斗七星は柄杓(ひしゃく)の形をしており、柄杓の柄の部分にあたる3つの星の向きによって季節を知ることができ、それを十二支(じゅうにし)に当てはめて各月の名前、暦にし、やがて吉凶を見る方法へ発展したといわれています。

  

スポンサードリンク


それぞれの意味や読み方は?

212496

●建(たつ) 吉日

「万物を建て生じる日」という意味があり、物事を始めるのに良い日で最吉日とされています。

神仏の祭祀、棟上げ、衣服の木始めは大吉ですが、土木工事や蔵開きは凶です。

●除(のぞく) 吉日

「障害を取り除く日」という意味があり、井戸掘り、医師の治療、神仏の祭祀などは吉ですが、婚礼、旅行、金貸しは凶です。

●満(みつ) 吉日

「万物が満ち溢れる日」という意味があり、旅行、婚礼、移転など祝い事は大吉土木工事、針灸は凶です。

 

●平(たいら) 吉日

「物事が平らかになる日」という意味があり、物事が平等円満に成立します。婚礼は大吉で、その他お祝いごとは吉種まきや土を掘ったり埋めたりする動土は凶で、守らなければ災いがあるとされています。

wedding_couple

●定(さだん) 小吉日

「善悪が定まってとどまる日」という意味があり、縁談、結納、売買などの約束事や結婚の祝い事、移転や種まきにも吉ですが、訴訟、旅行、動土は凶です。

●執(とる) 小吉日

「執行し促す日」という意味があり、万物を採決する日とされ、婚礼その他の祝い事、神仏を祀ること、井戸掘りや増改築に吉ですが、旅行、財産整理、金銭の出し入れ持ち出しは凶です。

●破(やぶる) 凶日

「物事を突き破る日」という意味があり、争うと傷つくとされ、神仏の祭祀、婚礼や祝い事は大凶契約などは凶ですが、訴訟や談判は吉です。

●危(あやう) 凶日

「物事を危惧する日」という意味があり、何事も危険が伴います。

祝い事や祭礼は吉とされていますが控えめが大切で、旅行、登山、開店、開業は凶です。

 kaiten-illast-300x216

●成(なる) 小吉日

「物事が成就する日」という意味があり、婚礼、移転、開業、開店など吉結納は大吉ですが、訴訟や談判は凶です。

●納(おさん) 小吉日

「万物を納めいれる日」という意味があり、穀物や作物の取り入れ、商品の買い入れ、新築などは吉ですが、旅行、移転、旅行、婚礼、葬式は凶です。

●開(ひらく) 半吉日

「開き通じる日」という意味があり、開業、建築、出張、婚礼に吉ですが、葬式や便所造りなど不浄事は凶です。

●閉(とず) 凶日

「すべてを閉じ込める日」という意味があり、金銭の収納、建墓、壁やふすまの穴ふさぎなどは吉ですが、旅行は凶、婚礼や開店などの祝い事はすべて凶で災いがあるとされています。  kuni_shima_3

 六曜よりも重要視されていたのは、六曜よりも歴史が古く、きめ細かく良く当たると信じられていたからだそうです。

しかし六曜も十二直も科学的根拠は一切なく「迷信だ」といわれています。

すべての暦を気にしていたら身動きが取れなくなることもあるかもしれませんので、より良い日を選ぶための参考程度に考えるといいかもしれませんね。

関連:六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の由来や意味、読み方について 

  

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類