日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

御香典と御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ?

      2017/09/10


 

お通夜や葬儀は、お祝いごとのように何週間、何か月も前から予定が決まっているわけではありません。

突然やってくるお通夜や葬儀、そしてその後に行われる四十九日法要。

それらに参列するとき、不祝儀袋はどういうものを選んでいますか?

今回は、「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いについて調べてみましょう。

突然のことに慌てないよう、参考になさってください。

スポンサードリンク


不祝儀袋とは?


 

読み方は「ぶしゅうぎぶくろ」です。

お通夜や葬儀、法事などの際、現金を包む水引のついた袋です。

「香典袋(こうでんぶくろ)」「お悔み用ののし袋」などとも呼ばれています。

不祝儀袋にはさまざまな表書きがあり、今回は「御香典」「御霊前」「御仏前」について説明します。

関連:水引(みずひき)とは?結び方の種類や意味とは?

 

御香典と御霊前と御仏前とは?

●御香典(おこうでん)

「香」は線香を、「典」はお供え物を意味します。

お通夜や葬儀、告別式のいずれかに持参するもので、故人にお花や線香のかわりに金銭をお供えします。

「御香典」とは、御霊前や御仏前を含むお供え全般のことをいいます。

葬儀という突然の出費に対して、お互いに助け合うという意味もあり、ご遺族に「葬儀費用の一部にあててください」という気持ちが含まれています。


●御霊前(ごれいぜん)

故人の御霊(みたま)の前、もしくは御霊に供える金品のことを表しています。


●御仏前(ごぶつぜん)

故人が成仏した仏様の前、もしくは御仏に供える金品のことを表しています。

 

スポンサードリンク


御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ?

仏教の場合、一般的にはお通夜や葬儀では「御霊前」、四十九日を過ぎたら「御仏前」と書きます。

これは、「人は亡くなると霊になり、四十九日法要を終えると成仏し極楽浄土へ向かう」と考えられているからです。

四十九日法要の御香典には「御霊前」と書き、それ以降の法要では「御仏前」と書きます。

仏教の中でも、真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)は、四十九日の前でも「御仏前」と書きます。

これは、真宗では「人は亡くなったらすぐに成仏し浄土へ向かう」と考えられているからです。

ですので、お通夜や葬儀の時にも「御仏前」と書いた御香典を準備しましょう。

仏教ではあるけれど、宗派が分からない場合は「御香典」と書くと無難でしょう。

それぞれの違いがわかりましたか?

ほとんどの仏教では四十九日が過ぎるまでは「御霊前」、過ぎたら「御仏前」、真宗など一部の仏教では通夜から「御仏前」、宗派が分からない場合は「御香典」と覚えておきましょう。

ここで説明したものは一般的なものです。

宗派や地域によっては細かいしきたりやマナーもあるようですので、もしも確認できるような間柄であるのなら、ご遺族に失礼のないよう尋ねるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類