日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

新年度・年度初めはなぜ4月なの?

   

aprilfool_calender

一年の始まりは1月1日、お正月ですが、お正月を境に色々なことが新しく始まるわけではありません。

学校や会社など、私たちの生活に関わる多くの場面で、新しく年が始まるのは4月1日です。

これを「新年度」または「年度初め」といいますがなぜ4月なのでしょうか?

今回は、新年度、年度初めについて調べて行きましょう。

 

※年度はじめは「年度初め」と「年度始め」の二種類の表記がございますが、どちらが正しいということはなく、いずれを使用してもいいそうです。

 本記事ではGoogleでの検索件数の多い、「年度初め」に統一して記事を書いていきたいと思います。

 
スポンサードリンク

年度とは?

 年度とは、特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。

多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした「学校年度」です。

会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。

一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。

たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。


会計年度とは?

sep02_a11

 会計年度は明治19年(1886年)に始まりました。

当時、日本の主産業は稲作でした。

政府の主な税金収入源が農家のお米だったのです。

納税はお米ではなく現金だったので、農家が秋にお米を収穫し、それを現金に換えて納税し予算を編成すると、1月では間に合わず、4月からとするのが都合が良かったそうです。

また、当時世界一の経済力を誇ったイギリスの会計年度が4月からでした。

当時の日本にとってイギリスは重要な国であったこともあり、イギリスに倣って会計年度を4月からにしたともいわれています。

  

スポンサードリンク


学校年度とは?

 江戸時代(1603年~1868年)の寺子屋や、明治時代(1868年~1912年)初期の学校では、入学時期や進学時期は決まっていなかったそうです。

いつでも入学できるし、個人の能力によって勉強の進み方も違ったので一斉に学年が進級することもありませんでした。

しかし、大学ができると外国に倣って「一斉入学・一斉進級」にしたほうがいいということで、9月から8月という区切りを作りました。

明治19年(1886年)に会計年度が始まり、明治の終わりごろになると国が積極的に学校年度の統一を指導するようになり、国や県から補助金をもらっている学校は会計年度に合わせて4月入学に変えていきます。

昭和(1926年~1989年)に入るとほぼすべての学校で4月始まりの年度に統一されたといわれています。


なぜ4月なの?

 ここまで書いてきたように、明治時代に会計年度が始まったことで日本では4月が新年度、年度初めとなりました。

昭和に入ってほぼ統一され、戦後、新卒の一斉就職が一般化し、それに伴い民間企業もほぼすべてが4月からを新年度としました。

shingakki_kousya 日本人にとって、学校の新年度は4月というのが当たり前ですが、多くの先進国では9月が新年度になっています。

日本でも、学校年度は9月からにしたほうがいいのではないか?という話もあるようですが、どうなっていくのでしょうね?

卒業式や入学式は桜の季節というイメージが大きい人も多いと思います。

真夏の8月に卒業して、9月に入学するようになるのは・・・ちょっと想像しづらいかもしれませんね。

  
スポンサードリンク

 - 4月