日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

お中元はいつからいつまで?時期とマナーについて

   

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

梅雨の時期、デパートやギフトショップなどで「お中元」の注文受付をしているのを見かけませんか?

早いところでは5月には注文受付が始まるお店もあって、早め早めに準備にとりかかる方も多いようです。

日ごろの感謝の気持ちを贈るお中元ですが、地域によって送る時期が異なるようです。

それぞれの地域ではいつからいつまで贈ればいいのか、マナーも一緒に調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


お中元の時期は?

 旧暦7月15日のことを「中元」と呼んでいました。

これは、中国から伝わった道教の「三元」という節目のひとつで、1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といいます。

この「中元」が、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆のこと)の日と重なったことから、日本ではお盆の時期にお中元を贈るようになったといわれています。

旧暦と新暦では、約1か月のズレがあります。

東日本では旧暦7月15日をそのまま新暦の7月15日に当てはめ、西日本では旧暦を新暦になおしたときの8月15日に当てはめています。

 furoshiki_temiyage

大きく東日本・西日本とわけましたが、もう少し小さくわけてみると、各地域のお中元の時期は下記のようになっています。

北海道・・・7月下旬から8月15日

北陸・関東・東北地方・・・7月1日から7月15日

東海・関西・中国・四国地方・・・7月15日から8月15日

九州地方・・・8月1日から8月15日

  

スポンサードリンク


お中元のマナーは?

 お中元は、本来は季節の挨拶をするためのものでした。

そのため、直接先方へ伺い日ごろの感謝を伝えるのが一番良いのですが、遠方に住んでいたり、忙しくて伺えなかったりということもありますし、注文をしたら店舗から直接配達することが増えています。

自分が直接挨拶に行けない場合は、挨拶状を同封するか、荷物が届く前に手紙を出すといいでしょう。

特に、生鮮食品を贈る場合は、先方の都合もありますので、届く前に挨拶状で何を、いつ、どこから送ったか伝えておきましょう。

お中元に同封する挨拶状は、お店によっては持参したものを同封してくれる場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

お中元をいただいた場合は、お礼状を出しましょう。

お返しをする必要はありませんが、お礼状で無事に品物が届いたことを伝えましょう。

電話やメールで済ませてしまう人も増えているようですが、手書きのお礼状で感謝の気持ちを伝えるといいですね。

お礼状は、お中元が届いたらなるべく早く出すのがマナーです。 woman_okurimono

 お中元の時期が地域によって異なりますが、これは、お盆が地域によって異なることと重なりますね。

お盆の時期に、日ごろの感謝の気持ちと、相手の健康を願って贈るのがお中元です。

とはいうものの、最近は地域によって贈る日を変えずに、日本全国7月15日までに届くようにする人も増えているそうです。

お盆を気にせず、夏のご挨拶・・・という風に考えるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 7月, 8月, 夏の行事