日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

お宮参りとは?時期はいつまで?初穂料の書き方など。

   

omiyamairi

家庭においての一大行事、新しい家族が増える出産。赤ちゃんが生まれるとたくさんのお祝い事が待っています。

それぞれの行事には赤ちゃんへの思いが込められた大切な意味がありますが、今回はそんな中でもお宮参りについて調べてみたいと思います。

一体どんな思いが込められた行事なのでしょうか。またいつ行うのが正式なのでしょうか。

 

スポンサードリンク


お宮参りとは?

お宮参りとは、赤ちゃんが無事生後一カ月を迎えた事を産土神(うぶすながみ:生まれた土地の神様)に報告と感謝をして、今後の健やかな成長を願う儀式です。

昔は氏神様に新しい氏子として神様の祝福をうける行事とお産の忌明けの儀式の意味合いもありましたが、現在では無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事になっています。

一般的には男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目がよいと言われていますが、最近では生後30日前後の天候がいい日で、母子ともに体調がいい日を選ぶ家庭も増えてきています。

関東地方では、生後30日目から100日前後までの間となっていたり、寒暖の激しい地域では、赤ちゃんの事も考え気候が落ち着いてからお参りに行ったりと地域によっても異なります。

jan01


お宮参りの服装やマナー

両親と父方の祖母が付き添ってお参りをするのが一般的です。最近では両家の祖父母が一緒に付き添う事も多いようです。

お参りの際は父方の祖母が赤ちゃんを抱いて行います。これはお産は穢れたものとする考え方からきたもので、お宮参りで母親の穢れを祓うまでは代わりに父方の祖母が抱いておくという風になったそうです。

服装は赤ちゃんには白羽二重の着物を着せた上に紋の入った祝い着を羽織らせ、祝い着は抱いている人の首の後ろで結びます。

両親も正装が好ましく、父親はスーツ、母親は授乳を行う場合は授乳に適したワンピースなどを着用します。

赤ちゃんを抱く事になる父方の祖母は大役ですので着物を着るという方も多いです。

赤ちゃんの祝い着は男の子には鷹や兜などの勇ましい柄で黒や紺、女の子には花柄や蝶や手まり柄などで赤やピンクが定番です。

祝い着は母方の祖父母が用意するのがしきたりでしたが、最近は祝い着は購入せずレンタルで済ませる人も多いようです。

  

スポンサードリンク


祝詞と初穂料

お参りの際、神社でお祓いをしてもらい祝詞(のりと)をあげて貰う場合には事前に社務所に時間の連絡をしておく必要があります。金額はおよその相場は五千円ほどですが、神社によっては料金の掲示がしてある場合もありますので予約の際などに事前に確認をしておいた方がよいでしょう。

神社に納める初穂料(はつほりょう)は、紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋に上書きには「御初穂料」、下には赤ちゃんの名前を表書きしたものに入れます。のし袋がない場合は白い封筒でもよいようです。赤ちゃんの名前の読みが難しい場合はふりがなをふる場合もあります。
051

昔から行われてきたお宮参りですが、最近は家族の生活スタイルに合わせて少しずつ内容も変わってきているようです。両親と赤ちゃんのみでお参りに行く家庭もあれば、両家揃ってお参りの後に記念写真を撮ったり、お食事会をしたりとスタイルはその家庭によって様々です。産まれてきた赤ちゃんとの一生に一度の行事ですので事前にきちんと計画を立て、思い出に残る行事にしたいですね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類