日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「おにぎり」と「おむすび」の違いとは?人気の具ランキング

   

food_onigiri

コンビニエンスストアでは数多くのおにぎり・おむすびが販売されていますね。

その種類はとても多く、地域限定の具もあるそうです。

私たち日本人にとってお米を使ったおにぎり・おむすびはとても馴染み深いものですが、おにぎりとおむすびの違いとはなんでしょう?

人気の具ランキングについても調べてみましょう。

 

スポンサードリンク


おにぎりとおむすびの違いとは?

onigiri_ume

 おにぎりとおむすびの違いについては諸説あります。


 ●一番有力な説と考えられている、形の違い

おにぎりは「握り飯」に由来し、形は問いません。

おむすびは「産霊(むすび)の神」(万物の産みの神)に由来し、神様にあやかろうと作ったもので、山の形をした三角形です。日本人は山を神格化していたことからきています。


 ●呼び方の違い

地域や家庭によって呼び方が違うといわれています。

東日本では「おむすび」、西日本では「おにぎり」と呼ぶことが多いようですが、日本の大部分で「おにぎり」と呼び、関東~東海地方で「おむすび」と呼ぶ・・・とも言われています。

また、千葉県の一部地域では大きいものを「おむすび」、小さいものを「おにぎり」と呼ぶそうです。


●作り方の違い

機械で作られたものを「おにぎり」、手で作ったものを「おむすび」という説や、俵型でしめった海苔で包んだものを「おにぎり」、三角形でパリパリの海苔で巻いたものを「おむすび」という説、また、海苔がパリパリのものを「おにぎり」、海苔がしめっているものを「おむすび」という説、ゆるく握ると「おにぎり」、固くにぎると「おむすび」という説もあります。

 

スポンサードリンク


人気の具ランキング!

 おにぎり・おむすびの具にはいろいろなものがありますが、人気の具ランキングはどうなっているのでしょう?


1位 鮭
2位 ツナマヨネーズ
3位 明太子
4位 昆布
5位 梅干し


地域・年齢・性別等によってある程度の上下はあると思いますがおおよそ以上のようになっているようです。

コンビニエンスストアでは数えきれないほどの種類が売られていますが、上位に入るのはやはり、定番といえる具のようです。

自宅で簡単に作ることができるのも、人気の理由かもしれません。

 food_konbini_onigiri

2位のツナマヨネーズは、コンビニエンスストアのセブンイレブンが発祥の具といわれています。

ご飯にマヨネーズをかけて食べている人を見て開発したそうで、昭和58年(1983年)に販売を開始し、今では定番の具になっていますね。

セブンイレブンが販売を開始する前から、ご飯+マヨネーズ+ツナという組み合わせを楽しんでいた人は多くいるようですが、商品として開発販売したのはセブンイレブンが発祥ということです。

昔ながらの昆布や梅干しも人気ランキング上位に入りますね。

子どものころにお母さんやおばあちゃんが作ってくれた思い出があるという人も多いですよね。

gatag-00008502

おにぎりとおむすびの明確な違いはないようですね。

自分が呼びやすい呼び方で、おいしく食べることができればそれでいいのかもしれません。

おにぎり・おむすびのことを調べていると、地域限定のものがたくさんあることを知りました。

たとえば、富山県では海苔ではなくとろろ昆布を巻いていたり、東北地方では焼きおにぎりに味噌をつけたり、福岡県ではかしわ(鶏のこと)おにぎりが人気だったり、西日本の多くの地域では味付け海苔が定番だったり・・・

観光で訪れた際には、その土地のおにぎり・おむすびを楽しむのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 未分類