日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

大晦日(おおみそか)の意味と由来とは?2017年のイベント情報

      2017/10/25


 

みなさんは、大晦日をどんな風に過ごしますか?

実家に帰省して家族と過ごしたり、年越しそばを食べたり、除夜の鐘をつきに行ったり、カウントダウンイベントに行ったり・・・いろいろな過ごし方がありますね。

ところで、みなさんは大晦日とはどんな日かご存知ですか?

今回は、大晦日の意味と由来、イベントについて調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

大晦日の意味と由来とは?

大晦日は、1年の最後の日のことです。

旧暦では毎月最後の日を「晦日(みそか)」といい、年内最後の晦日を「大晦日(おおみそか)」といっていました。

「晦(みそ)」は「三十」のことで、「晦日(みそか)」は30日を意味します。

旧暦は月の満ち欠けを基準にしていましたので、新月を毎月1日としており、15日がおおよそ満月で、30日はほぼ新月です。

30日のほぼ新月は真っ暗で見えないことから「月がこもる」といい、「つきがこもる」が「つごもり」に転じ、「晦日」と書いて「つごもり」、「大晦日」と書いて「おおつごもり」と読むこともあります。

月の満ち欠けは変動するので、旧暦では月末が29日になることもあり、その場合は「晦日(みそか)」のほかに「九日晦日(くにちみそか・ここのみそか)」ということもあったそうです。

新暦になってからは月の満ち欠けに関係なく、毎月の月末を「晦日(みそか)」、12月31日を「大晦日(おおみそか)」と呼ぶようになっています。

 


 

大晦日といえば、大掃除や年越しそば、除夜の鐘などの風習がありますね。

 

大晦日に大掃除をするご家庭も多いと思いますが、実は、大晦日に大掃除をするのは良くないといわれています。

12月13日の「正月事始め(しょうがつことはじめ)」は、年神様をお迎えするための準備を始める日とされており、この日から大掃除に取り掛かり、家中を綺麗にしてからお正月飾りをします。

大晦日にお正月飾りをするのは「一夜飾り」といって、年神様に失礼にあたると考えられているので、大晦日の前日(12月30日)には大掃除を終わらせるのが良いようです。

年末に大掃除をする意味や由来。効率よく進めるコツとは?

 

年越しそばは、江戸時代(1603年~1868年)から続く風習です。

年越しそばは、そばが細く長いことから「長寿」や「延命」を願った説、家族の縁が長く続くようにと願った説、他の麺類に比べると切れやすいことから、一年の苦労や厄災を次の年に持ち越さない「断ち切り」の意味があるという説などさまざまな説があり、大晦日に食べると縁起が良いものとされています。

年越しそばを食べる意味とは?いつ食べるのがいいの?

 

「除夜」とは大晦日の夜のことを指します。

除夜の鐘は、鐘をついたり、その音を聞くことによって、一年のうちに作った罪を懺悔し、煩悩を除き、清らかな心になって新年を迎えるためのもので、仏教を起源とする行事です。

除夜の鐘をつく人はお寺によって異なり、僧侶だけの場合もあれば、参詣者がつく場合もあります。

除夜の鐘の意味とは?108回の理由と鐘をつく時間帯など

 

英語で何ていうの?

大晦日は英語で「New Year’s Eve」といいます。

「New Year」は新年、元日という意味、「Eve」は前夜、直前などの意味です。

 

スポンサードリンク

2017年大晦日のイベント情報

大晦日には、日本各地でイベントが開催されています。

ここでは、東京、関西を中心にいくつかご紹介します。

 

ディズニー ニューイヤーズ・イヴ

東京ディズニーランド、ディズニーシーでは、2017年12月31日20時~2018年1月1日7時まで年越しの特別営業をします。

年越しそばやお雑煮など、期間限定の特別メニューを食べることもできますよ。


空フェス カウントダウン・スペシャル2018 in SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

東京、池袋のサンシャイン60展望台では、2017年12月31日20時~25時に年越しの特別営業をします。

夜景を見ながらカウントダウンライブを楽しめます。


ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2018

ユニバーサルスタジオジャパンでは、2017年12月31日19時~2018年1月1日2時まで年越しの特別営業をします。

1月1日は2時からは通常営業となり、21時までですので、大晦日から26時間遊ぶことも可能です。


ニューイヤーズカウントダウン2018

和歌山マリーナシティの西側特設ステージでは、2017年12月31日19時頃~24時40分ごろまで、カウントダウンライブを開催します。

地元出身のミュージシャン、豪華アーティストが登場し新年の幕開けを祝福します。


知恩院 除夜の鐘

京都府京都市東山区にある知恩院では、17人の僧侶が「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声のもと全員でひとつの大きな鐘をつきます。

除夜の鐘をつくのは僧侶で、参詣者は見学のみですが、毎年大変混雑するそうです。

20時に参詣者入り口が開門、22時40分から除夜の鐘をつきはじめます。

 


 

ほんの十数年ほど前までは、年末年始はほとんどのお店がお休みということで、大晦日には数日分の食料買い出しをしたり、日持ちのするおせち料理を作っていました。

お母さんやおばあちゃんがお料理をして、お父さんや子どもたちは大掃除!というご家庭も多かったのではないでしょうか?

しかし現在は24時間365日営業のお店も多く、年末年始の過ごし方も多様化しています。

どんな過ごし方をしていても、大晦日には、新しい年がより良い一年になるよう願いたいですね。

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 12月