日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

2018年桜の開花予想や満開はいつ?桜前線の意味とは?

      2018/03/04

56f1439655e9a_56f136339dc83_1672919725

 

毎年春になると、日本各地で桜が咲きますね。

寒い冬が終わり、春に向かって少しずつ暖かくなり、草木が芽吹く様子を見て「桜はまだかな?」とワクワクしませんか?

桜が咲いたらお花見を楽しみたい!という方も大勢いらっしゃることでしょう。

今回は、2018年の桜の開花予想や満開がいつなのか、桜の情報でよく耳にする「桜前線」の意味について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク


2018年桜の開花予想や満開はいつ?

 日本は南から北まで長いので、桜の開花にもズレがあります。

一番早く桜が咲くのは沖縄県(那覇市)で、2018年は1月10日に開花し、1月30日が満開でした。

それでは、ほかの都道府県はどうなっているのか、見てみましょう。

 
九州地方(平年並みか、平年より早い)

                  開花予想日         満開予想日

・福岡県  3月21日ごろ  3月28日ごろ

・佐賀県  3月22日ごろ  3月31日ごろ

・長崎県  3月20日ごろ  3月29日ごろ

・熊本県  3月20日ごろ  3月28日ごろ

・大分県  3月23日ごろ  3月31日ごろ

・宮崎県  3月20日ごろ  3月29日ごろ

・鹿児島県 3月21日ごろ   3月29日ごろ

 
中国地方(平年並みか、平年より早い)

・鳥取県  3月31日ごろ  4月8日ごろ

・島根県  3月31日ごろ  4月7日ごろ

・岡山県  3月28日ごろ  4月4日ごろ

・広島県  3月24日ごろ  4月2日ごろ

・山口県  3月25日ごろ  4月3日ごろ

 さくら並木


四国地方(平年並みか、平年より早い)

・徳島県  3月27日ごろ  4月3日ごろ

・香川県  3月26日ごろ  4月3日ごろ

・愛媛県  3月25日ごろ  4月4日ごろ

・高知県  3月21日ごろ  3月28日ごろ

 
近畿地方(平年並みか、平年より早い)

・滋賀県  3月31日ごろ  4月8日ごろ

・京都府  3月26日ごろ  4月3日ごろ

・大阪府  3月26日ごろ  4月2日ごろ

・兵庫県  3月27日ごろ  4月5日ごろ

・奈良県  3月28日ごろ  4月4日ごろ

・和歌山県 3月25日ごろ  4月2日ごろ

 
東海地方(平年並みか、平年より早い)

・岐阜県  3月23日ごろ  3月30日ごろ

・静岡県  3月23日ごろ  3月31日ごろ

・愛知県  3月22日ごろ  3月31日ごろ

・三重県  3月25日ごろ  3月30日ごろ

 
北陸地方(平年並みか、平年より早い)

・新潟県  4月9日ごろ  4月14日ごろ

・富山県  4月5日ごろ  4月10日ごろ

・石川県  4月4日ごろ  4月10日ごろ

・福井県  4月4日ごろ  4月9日ごろ

 

 97363dd8


関東甲信地方(平年並みか、平年より早い)

・茨城県  3月29日ごろ  4月5日ごろ

・栃木県  3月29日ごろ  4月4日ごろ

・群馬県  3月26日ごろ  4月2日ごろ

・埼玉県  3月24日ごろ  3月31日ごろ

・千葉県  3月30日ごろ  4月6日ごろ

・東京都  3月19日ごろ  3月27日ごろ

・神奈川県 3月23日ごろ  3月30日ごろ

・山梨県  3月24日ごろ  3月31日ごろ

・長野県  4月9日ごろ  4月15日ごろ

 
東北地方(平年並みか平年より早い)

・青森県  4月22日ごろ  4月26日ごろ

・岩手県  4月18日ごろ  4月24日ごろ

・宮城県  4月7日ごろ  4月12日ごろ

・秋田県  4月18日ごろ  4月22日ごろ

・山形県  4月14日ごろ  4月18日ごろ

・福島県  4月7日ごろ  4月11日ごろ

 
北海道地方(平年並み)

・室蘭  5月4日ごろ  5月9日ごろ

・函館  4月29日ごろ  5月2日ごろ

・札幌  5月2日ごろ  5月5日ごろ

 

桜の開花予想は、沖縄県のみヒガンサクラで、それ以外の地域はソメイヨシノが基準になっています。

開花宣言は、各地の気象台や測候所が定めた標本木に、花が5~6輪咲いた状態で行われ、満開は80%以上が咲いた状態のことです。

開花から満開までの日数は、九州、中国、四国、関西、東海、関東地方では約7日間、北陸、東北地方では約5日間、北海道地方では約4日間といわれています。

 

 

スポンサードリンク


桜前線の意味とは?

 読み方は「さくらぜんせん」です。

気象庁が「さくらの開花予想」を発表していたのを、マスコミが「桜前線」と呼ぶようになり、1970年代に気象庁も「桜前線」を用いるようになったそうです。

桜前線は、日本各地の桜の開花予想日を結んだ線の事で、3月中旬以降に九州や四国の南部から北上を始め、4月に日本列島をどんどん北上し、5月初旬ごろに北海道に到着します。

しかし、九州より北に位置している南関東のほうが先に咲く場合もあり、開花予想日が必ずしも連続した線にならない年もあります。

2018年は沖縄県の次に開花するのは東京都という予想が出ていますね。

 

 

あなたがお住いの地域は、いつ頃桜が咲きますか?

桜が咲いている期間は短いので、早めにお花見の準備にとりかかっていてもいいかもしれませんね。

予想はあくまで予想なので、お花見に行く直前に地域のニュースなどでしっかりチェックしてくださいね!

2018年も桜の季節がやってくるのがとても楽しみですね。

 

関連:ソメイヨシノの起源と歴史、名前の意味とは?特徴や寿命は?

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類