日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

千社札の意味とは?なぜ神社や仏閣に貼られているの?

   

002

神社仏閣へ行ったとき、柱や門などに名前が書いてある紙が貼られているのを見かけたことはありませんか?

もともとの柱や門がまったく見えなくなるほどびっしり貼られている神社仏閣もありますね。

あの紙は、千社札といわれるものなのですが、わざわざ自分の名前が書いてある紙を貼る意味はなんなのでしょうか?

  

スポンサードリンク


千社札の意味とは?

 千社札(せんじゃふだ)とは、神社仏閣に参拝したことを記念して柱や天井などに貼り付けるもので、長方形の札に自分の名前や住所、屋号(やごう・一門、一家の特徴を基に家につけられた称号のこと)を記したものです。

江戸時代(1603年~1868年)に、神社仏閣を参拝した証を残し、自分の名前を残すことでご利益をいただこうという考えが庶民の間に広まり、風習となったそうです。


なぜ神社や仏閣に貼られているの?

 現在も、寺院を「札所」と呼ぶように、本来千社札は寺院を対象としていました。

四国八十八カ所霊場の参詣や、観音霊場を巡礼した際に、自分の住所、年齢、同行者名を記した木や紙の札を納めていましたが、江戸時代に庶民の間で、数多くの神社仏閣を巡礼する千社詣り(せんじゃまいり)が流行ると、寺院以外にも千社札が貼られるようになりました。

千社札がびっしりと貼られている神社仏閣は、全国各地から参拝者が訪れているという証にもなっていたそうです。 image21523_2

千社札はもともと紙に手書きをするシンプルなものがはじまりですが、次第に木版刷りが普及し、浮世絵の技法を取り入れた豪華なものが作られるようになりました。

そして、神社仏閣に貼るだけではなく、愛好者の間では互いの札を交換するなど、趣味としての意味合いが強くなっていったそうです。

現在でも、愛好者の間で交換会が行われており、伝統的な木版刷りの千社札のほかに、ステッカーの千社札も多く出回るようになり、趣味として収集している人も多くいるようです。

  

スポンサードリンク


千社札を貼る時に気を付けることは?

 ●神社仏閣に貼っても良いか許可をもらう

近年は、ルールを守らない人が多いため、千社札を禁止している神社仏閣も増えているようです。

勝手に貼らずに、まずは許可をもらいましょう。



●人の千社札の上に貼ってはいけない

ご利益をいただく目的もあるため、上から貼ることはマナー違反とされています。

 

●墨の単色刷りのみを貼る

さまざまな色を使った派手なものや、必要以上に個人情報を書いているもの、なにかの宣伝になるようなものは避けましょう。

 

●植物性の糊を使用して貼る

昔は続飯(そくい)というご飯粒をつぶして作った糊で貼っていましたが、近年、ステッカーが普及したことや、合成糊を使ったものが多く、神社仏閣の木造建築を痛めているそうです。

千社札は神社仏閣がはがすこともあるため、そのときにはがしやすく木造建築を傷つけない糊を使いましょう。

 

●違法行為になっていないか確認

多くの神社仏閣は、その建物自体が国や地域の重要文化財や、指定文化財になっています。

そこに千社札を貼るのは、文化財保護法違反にあたります。

1024px-Gifu-kegonji0059

 江戸時代に庶民の間で流行った千社札ですが、現在は多くの神社仏閣では好ましくない行為ととらえられているようです。

文化財保護法違反で、史跡名勝天然記念物・重要文化財の場合は、5年以下の懲役もしくは禁錮または30万円以下の罰金となっていますが・・・それでも、貼る人が後を絶たないそうです。

しかし、千社札を収集したり、交換会に参加することはなんの問題もありません。

自分の千社札を作ったら自分の持ち物に貼って楽しむといいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類