日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

白南風の読み方と意味とは?いつの季語なの?

   

 s-shirahae

 

「白南風」という言葉を聞いたことがありますか?

ある気象現象を表す言葉で、俳句を作る時に欠かせない季語としても使われているのですが、普段の生活ではあまり耳にすることはないですよね。

私たちの普段の生活ではあまり使うことはありませんが、では、どういうときに使うのでしょう?

今回は、「白南風」について調べていきましょう。

スポンサードリンク


白南風の読み方と意味とは?

読み方は「しらはえ」または「しろばえ」です。

「白南風」は梅雨が終わって空が明るくなったころ、南東方面から吹いてくる夏の季節風のことです。

 

kisetsufuu

 

季節風とは季節によって向きを変える風のことで、冬は大陸から海へ、夏は海から大陸へ向かって吹きます。モンスーンとも呼ばれています。

日本列島は夏に、太平洋高気圧から南東季節風が吹きよせるようになります。

これを「夏の南風(みなみかぜ・みなみ・はえ)」と呼び、梅雨時に湿気が多く黒い雲と暗い空に吹く南風を「黒南風(くろはえ)」梅雨明け後や梅雨明け間近に、夏の真っ白な雲がかかる空にそよ吹く爽やかな南風を「白南風」と呼びます。

「黒」と「白」という色は、雲の色を表しているそうです。

 

s-Cm45SvcVUAAj1e-

 

また、地域によっては他の種類の南風もあるようです。

鳥羽・伊豆の漁師の間では、梅雨の始まりに吹く強い南風を「黒南風」、梅雨の間に吹く強い南風を「荒南風(あらはえ)」、梅雨明け後や梅雨明け間近に吹く南風を「白南風」と呼びます。

スポンサードリンク


いつの季語なの?

「白南風」は梅雨が終わって黒雲が去り、夏の真っ白な雲がかかるころにそよ吹く南からの季節風ですので、夏の季語になります。

歳時記(さいじき)では、黒南風は仲夏(ちゅうか・夏の半ば頃のこと。6月6日~7月6日)、白南風は晩夏(ばんか・夏の終わり頃のこと。7月7日~8月7日)の季語に分類されています。

※歳時記(歳事記とも書きます)とは、四季の行事などをまとめた書物ですが、江戸時代以降は俳諧・俳句の季語を集めて分類し、季節ごとに解説と例句を加えた書物のことをいいます。

「白南風」を季語としている俳句は以下のようなものがあります。


●芥川龍之介

「白南風の 夕浪高う なりにけり」


●日野草城

「白南風や 化粧にもれし 耳の陰」

 

365705

 

「白南風」がどういうものかわかりましたね。

同じような言葉で「黒南風」というものがありますが、白と黒で対照的です。

梅雨の始まりに「黒」、梅雨の終わりに「白」ということで、空の雲の色を表しているそうですが、人々の気持ちも表しているような気がしませんか?

梅雨は恵みの雨をもたらすものなので大切な時期ですが、雨が続くことを考えると気持ちが落ち込むので「黒」、雨続きのじめじめした梅雨が終わると気持ちも浮上するので「白」と、そんな風に考えると覚えやすいかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 7月, 8月