日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

年末年始の葬儀はどうすればいいの?日程や内容、流れについて

   

osoushiki_taimen

突然やってくる人の死。不幸は、時期や季節を選びませんから、年末年始に亡くなってしまうということもあります。

そのような場合の葬儀は、通常通りの日程や内容で行ってもよいのか迷われる方も多いことでしょう。

今回は、普段の時と年末年始に行われる葬儀の違いや、 年末年始に葬儀を行う際の注意点についてご紹介します。

スポンサードリンク


まずは葬儀社に連絡を

年末年始に葬儀を行う場合は、三が日を過ぎた、1月4日以降に行うのが一般的です。

 なぜなら、たいていの火葬場は、お正月の数日間(12月30日~1月3日まで)がお休みになることが多く、遺体の火葬ができないためです。

一方、葬儀社については、年末年始も無休で営業しているところがほとんどです。

火葬するまでの間は、葬儀社に遺体の保存処置をしてもらったり、火葬場の霊安室に遺体を安置するなどして、葬儀の日程を待つことになります。そのため、まずは葬儀社に電話して、火葬場の空き状況を確認してもらい、葬儀の日取りを決めましょう。

Blog_sinZhsgzINqxeB4n4nrwVhKk6ZHByvEz_2


年末年始でも葬儀内容は同じ?

年末年始に葬儀を行う場合、葬儀の内容に違いがあるのでは?と考える方もいらっしゃるようです。

しかし実際は、一般的な葬儀と変わりありません。通夜・告別式などの一連の儀式を執り行います。

葬儀にかかる費用に関しても、正月だからといって料金が割増しされることはほとんどないようです。

ただし、一部の地域では、年末年始はめでたい期間であることから、お祝いの空気を害さないようにと、この期間は、近親者だけで「密葬」という内輪だけの葬儀を行って、4日以降に「本葬」を行うケースも多く見られます。

スポンサードリンク


金融機関が休み、葬儀費用は早めに準備を

金融機関が定休日となる年末年始は、お金を下ろすことができませんね。

 葬儀社などに支払う葬儀費用は、たいていの場合は、葬儀当日から一週間後までに支払えばよいので、それほど急ぐ必要はありません。

 しかし、僧侶に支払う「読経料」「お車代」「ご膳料」などのお布施に関しては、葬儀当日にお渡しするものであるため、前もって用意しておかなければなりません。

nagare5_1


僧侶には早めに連絡を

菩提寺(先祖の位牌を納めてある寺)がある場合は、葬儀の際に、菩提寺の僧侶に読経をお願いすることになります。

年明けはお寺も忙しいため、僧侶の都合がつがず、葬儀が遅くなってしまうことがあります。

葬儀の日程については、早めに菩提寺に相談し、予定を抑えるようにしましょう。
nagare1_4

年末年始に行う葬儀は、通常の葬儀と内容も費用も同じですが、事前にお金を用意しておいたり、僧侶の予定を抑えておくなどの準備が必要となります。

不幸があった時は、誰でも動揺してしまうものですので、事前にいざというときに備えて、何をすべきかを確認しておくようにしましょう。

また、年始以降は火葬場が込み合うことが多く、すぐに葬儀が行えないこともあります。

ですが、葬儀は亡くなってからすぐに行わなければならないという決まりはありませんので、慌てなくても大丈夫です。

かえって、葬儀までに日数を置いた方が、お葬式の段取りを考えることができますし、遺族が気持ちの整理をつけられるなどのメリットもあります。

スポンサードリンク

 - 12月, 1月