日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

短歌と俳句と川柳の違いとルールについて

      2017/06/08

haiku

松尾芭蕉の有名な俳句のひとつに「古池や 蛙飛び込む 水の音」というものがあります。

5文字、7文字、5文字の組み合わせがリズムよく心地良いですね。

5・7・5というと・・・川柳短歌を思い浮かべませんか?

「あれ?そういえばなにが違うんだろう?」という疑問を持った方もいらっしゃると思いますので、ちょっと調べてみましょう!

 

スポンサードリンク

短歌とは?

uta_yomu_woman
 

短歌とは、5・7・5・7・7の31文字で構成される和歌の一形式です

短歌の形式がいつごろ確立したのかは定かではありませんが、古事記(712年)に短歌の形式が見られ、万葉集(759年)では身分の上下を問わず作品が残されていることから、奈良時代(710年~794年)には貴族階級のみならず一般庶民の間でも短歌が作られていたと考えられます。

 

俳句とは?

masaoka_shiki
 

俳句は5・7・5の17文字で構成され、「や」「かな」「けり」などの切れ字、季語(きご・季節を表す言葉)を入れるのが決まりで、主に文語表現を用います

室町時代(1336年~1573年)に流行した「連歌(れんが・日本の伝統的な詩形のひとつ)」の遊戯性、庶民性を高めたものを「俳諧(はいかい)」といいます。

江戸時代(1603年~1868年)に、松尾芭蕉が俳諧の芸術性を高めたものが俳句の源流となり、明治時代(1868年~1912年)に、正岡子規が近代文芸として俳句を成立させました。

最初に書いた松尾芭蕉の「古池や 蛙飛び込む 水の音」では、「蛙」が春の季語となります。

また、世界最短の定型詩(文字数や韻律などに規則的な形式を持っている詩)ともいわれています

 

スポンサードリンク

川柳とは?

nigaoe_kobayashiissa
 

川柳は5・7・5の17文字で構成され、主に口語表現が用いられます

江戸時代に柄井川柳(からいせんりゅう・1718年~1790年。俳諧などの優劣を判定する点者)が呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし・生年不明~1788年。俳諧作者)とともに「排風柳多留(はいふうやなぎだる)」という句集を刊行しました。

この句集はとても人気があり、これ以降、俳句の決まりを取り入れず5・7・5で構成されたものを「川柳」と呼ぶことが定着したといわれています。

俳句と同じく俳諧から派生したものですが、切れ字や季語をいれなければならないという決まりはなく、字余りや駄洒落も見られ、規律にとらわれない言葉遊びの要素も少なくありません

 

それぞれの違いやルールについて

まず、構成の違いがあります。

短歌は「5・7・5・7・7」で構成され、俳句と川柳は「5・7・5」で構成されています

しかし、5・7・5の構成にとらわれない「自由律俳句」というものもあります。

自由律俳句は無季俳句と同じように「俳句とは認めない」という立場の人たちが存在します。

次に題材の違いがあります。

しかし、季語や構成と同じく、題材も「絶対にこうしなければならない」というわけではないようです。

短歌は、家族や恋人への感情を歌ったものが多く、自分の身のまわりのことを題材としたものが中心となっています。

俳句は、季語を入れるのが決まりであるように、季節や自然を題材にしたものが中心となっています。

川柳は、話し言葉で表現されることが多く、「サラリーマン川柳」や「シルバー川柳」など、誰にでもわかりやすいものや社会風刺を題材にしたものが中心となっています。

uguisu
 

最後に「季語を入れる」というルールがあるのは俳句だけです。

短歌と川柳にはこの決まりはありません。

しかし、季語を入れない「無季俳句」というものも近年増えています。

この無季俳句を「俳句とは認めない」という立場の人たちも存在します。

ここで「無季俳句」と「川柳」の違いは何かという疑問が生じますが、すでに述べたとおり、川柳の特徴は風刺や滑稽であり、それに対して、俳句は季節や自然に対する観賞を主題としています

しかし、明確に区別する定義はなく、作者もしくは読者がこれは俳句だと思えば俳句、これは川柳だと思えば川柳になるのだそうです

tegami_woman
 

それぞれの違いはわかりましたか?

とても単純に見分ける方法は「短歌は31文字」「俳句は季語が必要」「川柳はわりと自由」となるのでしょうか。

短い文章で、決まりを守りながらなにかを表現するのはとても難しそうですが、まずは自由に話し言葉で川柳を作ってみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類