日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

てるてる坊主の由来とは?効果はあるの?逆さにするとどうなる?

   

e0331660_17562856

「てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ♪」という歌、小さい頃に歌ったことがありませんか?

遠足や運動会の前日に「明日晴れてほしいな!」という願いを込めて、てるてる坊主を作って軒先にぶらさげた経験がある方もいらっしゃるのでは?

私たちが小さい頃から知っているてるてる坊主ですが、由来はどんなものなのでしょうか?

てるてる坊主の効果は本当にあるのでしょうか?

また、逆さにするとどうなるのでしょう?

今回はてるてる坊主について調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


てるてる坊主の由来とは?

 てるてる坊主は、江戸時代(1603年~1868年)に中国から伝わってきた「掃晴娘(さおちんにゃん)」という風習がもとになっているといわれています。

掃晴娘は箒を持った女の子を模した紙人形で、雨雲を箒で払ってくれると信じらおり、晴娘(ちんにゃん)という名の美しい少女の伝説が由来しているそうです。saoqingniang02

ある年の六月、北京をこれまでに無い大雨が襲います。雨はいつまでも降り続き、一向に止む気配はありません。大雨の主「東海龍王」は北京城内を大雨で溢れさせ、人々を大いに苦しめます。晴娘が天に向かって「この雨がやみますように」と願います。

すると、空からお告げがあり「東海龍王の太子の妃になれ、さもなくば北京を水没させる」と聞こえてきました。

晴娘は「天に上って妃になります。どうか雨をやませてください」と返事をしました。

次の瞬間、晴娘の姿は消え、雨はやみました。

それ以来人々は、雨をやませるために犠牲になった晴娘をしのび、雨が降り続くときには紙で作った人形を門にかけるようになったそうです。

 zazen_obousan

もともとは女の子を模した紙人形でしたが、日本では天気の回復を願うのは僧侶の役目だった、女の子よりも僧侶のほうが効力が強そう、人形が頭を丸めた僧侶に見えた、などの理由から、てるてる「坊主」になったと考えられています。

  

スポンサードリンク


てるてる坊主の効果はあるの?

 科学的に効果が証明されたことはありません。

てるてる坊主によって天気を自在に操れたら、大変なことになりかねません。

しかし、実際に効果があったと感じる人も少なからずいるようです。

「気持ちの問題」だったり「偶然」だと言ってしまえばそれまでですが、てるてる坊主を作ってお願いするほど「晴れてほしい!」と思っている場合、本当に晴れたときは記憶に残りやすいともいわれています。


てるてる坊主を逆さにするとどうなる?

 てるてる坊主は「晴を願う」ために作ります。

それを逆さにすると「雨を願う」ものへと変わります。

「明日は雨になってほしい!」と願うときは、てるてる坊主を逆さにするといいそうです。

逆さにしたてるてる坊主は「雨雨坊主」や「降れ降れ坊主」と呼び方がかわります。

もちろん、こちらも科学的に効果が証明されたことはありません。

あくまで気持ちの問題であり、おまじないや願掛けです。  thumb5

 作詞:浅原六郎、作曲:中山晋平の童謡「てるてる坊主」は大正10年(1921年)に発表されました。

「てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ」という部分を口ずさむことが多いと思いますが、歌は3番まであります。

上記の歌詞に1番は「いつかの夢の空のように 晴れたら金の鈴あげよう」と続き、2番は「私の願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょう」と続き、3番は「それでも曇って泣いたなら そなたの首をチョンと切るぞ」と続きます。

もしも晴の願いが叶ったら、あまいお酒を飲ませてあげましょう。お神酒や、子どもの好きなジュースなどをお供えし、その後はお焚き上げの時に神社に奉納しましょう。

もしも晴の願いが叶わなかったとしても、歌詞のように首をチョンと切ったりしないで、願いが叶ったときと同じようにお焚き上げの時に神社に奉納するなどして供養してあげましょうね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類