日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「時の記念日」の意味や由来とは?ドン花火ってなに?

   

20150414_288880-001

私たちが生活していくうえで欠かせないものの一つに「時」があります。

時があるから、様々なことを考え、進み、人は生活していけます。

「今日は暇だな」と思っていても、「忙しくて時間が足りない!」と思っていても、1日は24時間です。

今回は、誰にでも平等に与えられた「時」の記念日についていろいろ調べてみましょう。

 

スポンサードリンク


時の記念日の意味や由来とは?

 6月10日は「時の記念日」です。

日本には、365日、毎日なんらかの記念日があります。

国民の祝日や年中行事はもちろん、企業や団体が制定した記念日もあります。

そして、「時の記念日」は、大正9年(1920年)に東京天文台(現在の国立天文台)と財団法人の生活改善同盟会によって「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」という呼びかけとともに制定された記念日です。

現在の日本人は時間にとても正確であると、世界中から評価されていますが、明治時代ごろまでは日本人は時間にルーズだったそうです。

時の記念日が制定され、日本人は時間を正確に守るようになり、現在のようになったのですね。

timeismoney

日本書紀には、「天智天皇10年4月25日の項に、漏刻(水時計のこと)を新しき台に置く。初めて候時を打つ。鐘鼓を動す」とあります。

「天智天皇10年4月25日」とは天智天皇の時代の暦のことで、現在のグレゴリオ暦に換算すると671年6月10日となります。

671年6月10日に、日本で初めて設置した漏刻が時を刻み、鐘を打ち鳴らしたことを記念して、6月10日を「時の記念日」に制定したそうです。

mizuoti-006

漏刻の前は「日時計」がありました。

しかし、日時計は夜の間は時間を知ることができず、日が射さない天候の時も時間を知ることができません。

漏刻は天候に左右されず、一日中時間を知ることができたため、大変重宝されたといわれています。

  

スポンサードリンク


ドン花火ってなに?

 ドン花火とは、正午を知らせる花火のことです。

jisyou1

現在も、正午を知らせるサイレンや鐘を鳴らすことはありますが、ドン花火は、江戸時代から明治時代後期までの約240年間、富山城で正午に鳴らされていた時鐘(明治32年の大火で焼失)が起源とされ、富山市では1901年から毎日正午にドン花火が打ち上げてられていました。

戦前は日本各地で行われていたそうですが、戦中に一時中止され、そのまま途絶えました。

富山市でも戦中にサイレンに代わりそのまま途絶えましたが、戦後、富山市民から復活を希望する声があり、昭和31年(1956年)に「時の記念日の正午にドン花火を打ち上げる」ということで復活しました。

現在、ドン花火は時の記念日に富山市だけで行われている行事です。

富山市有沢の神通川左岸河川敷で行われ、毎年大勢の人が集まるようです。

f4c479ef-4305-4913-b2b1-54c96453cd7d

時の記念日は国民の祝日ではありませんので、名前すら知らなかった・・・という人もいらっしゃるかもしれません。

365日、なんらかの記念日があるのですから、時の記念日もそこに埋もれてしまいそうですが、時はすべての人に平等に関わることです。

時間というのは二度と戻すことはできない、とても大切なものだということを、時の記念日をきっかけに改めて考えるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 6月