日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

床の間とは?何のためにあるの?

   

a-ayu-1

みなさんのお家に、床の間(とこのま)はありますか?

昨今の住宅事情で床の間のない家も増えていますが、昔ながらの日本家屋には必ずといっていいほど床の間があります。

では、床の間とは何のためにあるのでしょうか?

今回は、床の間について調べて行きましょう。

スポンサードリンク

床の間とは?

 正しくは「床(とこ)」で、「床の間」は俗称といわれています。

床とは座する場、寝る場所という意味があり、奈良時代(710年~794年ごろ)には身分の高い貴族が座る場所を一段高くしていたことがはじまりといわれています。

また、「とこしえ(永久)」という意味もあり、その家の繁栄を象徴するものでもあり、和室の一番良い場所に位置しています。 shoin2

室町時代(1336年~1573年)中期に始まり、安土桃山時代(1573年~1603年)に完成した書院造(しょいんづくり)といわれる住宅様式の装飾のひとつに床の間があります。

書院造は、書院を建物の中心にした武家住宅の形式のことで、書院は書斎を兼ねた居間の呼称です。

武家の間で広まっていくうちに床の間は豪華になり、その家の力を示す役割を担うようになりました。

江戸時代(1603年~1868年)に千利休(1522年~1591年)が簡素簡略の境地である「わび」の精神を重んじた「わび茶」を浸透させたことで、床の間は規模が縮小されたといわれています。

 

スポンサードリンク


何のためにあるの?

 床の間はお客様をもてなす最上の部屋にあり、床の間を背にするのは最も身分の高い人ということで、床の間が上座になります。

江戸時代には、領主や代官など、自分よりも身分の高いお客様を迎えるために、一部庶民の住宅にも床の間が作られるようになりました。

明治時代(1868年~1912年)になると、庶民の住宅にも床の間が作られることが一般的になりました。

このころは、自分が仕える主人を自分の家に迎え入れるために床の間が作られていたようですね。

主人のいるところに装飾を施し、主人の権威を演出したといわれています。

 74610371000000029
 

 床の間の始まりは、身分の高い人が座る場所だったのですね。

時の流れとともにその目的が変わっていき、掛け軸や生け花、美術品などを飾る場所となり、現在は掛け軸をかける習慣が衰え、和室はあっても床の間そのものも省略されることが多くなったそうです。

自分の家に床の間がなくても、旅先で床の間に触れる機会があります。

和室のある旅館では、多くの場合、床の間がありますよね。

そこには、お客様をもてなすために美しい生け花が飾られていたり、掛け軸や美術品が飾られています。

日本に古くからある床の間を、旅先で感じることができるかもしれませんね。

 
スポンサードリンク

 - 未分類