日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

月の満ち欠けと名前一覧。読み方と意味とは?

      2017/10/08


 

夜、空を見上げた時に、綺麗なお月様を見つけると嬉しい気持ちになりますよね。

私達の住む地球から見えるお月様は、太陽の動きに合わせ、満ち欠けを繰り返しているので毎日違う表情を見せてくれます。

そんなお月様に、私たちのご先祖様は名前をつけました。

それはどんな名前なのでしょうか?

今回は、月の満ち欠けによる名称や読み方、意味を調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク


月の満ち欠けとは?

月が輝いて見えるのは太陽の光を反射し、地球に届いているからですが、毎日、月と太陽の位置関係が変化するため、月の満ち欠けが起こります。


 

月を地球から見た時、月の延長線上に太陽があるときは新月になり、真逆に太陽があるときは満月になります。

月の満ち欠けの周期は、新月から約15日をかけ満月へ、そしてさらに約15日をかけ満月から新月へと形を変えるのです。

旧暦では月の満ち欠けを基準にしていましたので、新月を毎月1日としており、15日がおおよそ満月でした。

 

スポンサードリンク


月の名称、読み方と意味は?

月の名称は、旧暦を使用していた時代に名づけられたものですので、新月を1日目、満月を15日目として数えています。

 
●新月(しんげつ)

1日目ごろの月で、「朔(さく)」ともいいます。

旧暦では朔を毎月1日としており、月の始まりを意味する「月立ち(つきたち)」が転じて「ついたち」ということで「朔日」を「ついたち」と読んだり「朔」だけでも「ついたち」と読んだりします。

地球、月、太陽の順番で一直線になるので、光は届かず真っ暗です。

新月は英語の「New Moon」が由来しているそうです。

 

 
●二日月(ふつかづき)

2日目ごろの月で、「繊月(せんげつ)」ともいいます。

夕暮れ時、まだ明るい空に浮かぶ、見えるか見えないかくらいの繊維のように細い月のことです。

また「既月(きさく)」ともいい、既に朔を迎えた月という意味があります。

 
●三日月(みかづき)

3日目ごろの月で、細く美しい形をしていることから、多くの呼び方があります。

「若月(わかづき)」「初月(ういづき)」「眉月(まゆづき)」「蛾眉(がび・蛾の触角のように、細く弧を描いた美しい眉)」などで、形から連想されていたり、その月の最初に見える月という意味があります。

 
●上弦の月(じょうげんのつき)

7日~8日目ごろの月で、「半月(はんげつ)」「弓張り月(ゆみはりづき)」ともいいます。

新月から満月に向かうちょうど半分の月で、形が「弓」に似ているので「上弦の月」と呼ばれており、反対に満月から新月に向かうときの半月は「下弦の月(かげんのつき)」と呼んで区別しています。

 

 
●十日夜の月(とおかんやのつき)

10日目ごろの月で、旧暦10月10日に「十日夜(とおかんや)」という行事があります。

関連:「十日夜」2017年はいつ?読み方や意味とは?藁鉄砲、案山子上げって何?

 
●十日余りの月(とおかあまりの月)

11日目ごろの月で、十日夜の翌日の月という意味です。

 
●十三夜月(じゅうさんやづき)

13日目ごろの月で、満月に次いで美しいとされ、月見の風習が現在も残っています。

旧暦9月13日は、豆や栗を供えて「十三夜」のお月見をすることから「豆名月(まめめいげつ)」「栗名月(くりめいげつ)」と呼ぶこともあります。

関連:「十三夜」の読み方と意味とは?2017年はいつ?

 
●十四日月(じゅうよっかづき)

14日目ごろの月で、翌日の満月を待つという意味から「待宵月(まちよいづき)」、満月に近いことから「幾望(きぼう・幾は近いという意味)」ともいわれています。

また、満月を「望月(もちづき)」ということから、前日の月なので「小望月(こもちづき)」ともいいます。

 

 
●満月(まんげつ)

15日目ごろの月で、「十五夜月(じゅうごやづき)」「望月(もちづき)」ともいいます。

旧暦8月15日を「中秋の名月」といい、必ずしも満月になるわけではありませんが、お月見をする習慣があります。

関連:十五夜の意味とは?2017年はいつ?中秋の名月との違いは?英語で何て言うの?

 
●十六夜(いざよい・じゅうろくや)

16日目ごろの月で、望月(満月)を既に過ぎていることから「既望(きぼう)」ともいいます。

また、望月よりも月が出てくるのが遅れるので「ためらう・遠慮がち」という意味のある「いざよい」と名付けられたそうです。

関連:「十六夜」の読み方と意味とは?2017年はいつ?

 
●十七夜(じゅうななや)

17日目ごろの月で、「立待月(たちまちづき)」ともいい、十六夜よりもさらに遅く月が出てくるので「月が出るのはいまかいまかと立って待つ」という意味があります。

 
●十八夜(じゅうはちや)

18日目ごろの月で、「居待月(いまちづき)」ともいい、十七夜よりもさらに遅く月が出てくるので「立って待つには長すぎるから、じっくり座って待つ」という意味があります。

 
●十九夜(じゅうくや)

19日目ごろの月で、「寝待月(ねまちづき)」「臥待月(ふしまちづき)」ともいい、十八夜よりもさらに遅く月が出てくるので「横になって(寝て・臥せて)待つ」という意味があります。


 
●二十夜(にじゅうや)

20日目ごろの月で、「更待月(ふけまち)」ともいい、「夜が更けるまで待たないと月がでてこない」という意味があります。

 
●二十三夜(にじゅうさんや)

23日目ごろの月で、「半月(はんげつ)」「下弦の月(かげんのつき)」ともいい、満月から新月に向かうちょうど半分の月で、形が「弓」に似ているので「上弦の月」と呼ばれており、反対に新月から満月に向かうときの半月は「上弦の月(じょうげんのつき)」と呼んで区別しています。

 
●二十六夜(にじゅうろくや)

26日目ごろの月で、「有明の月(ありあけのつき)」ともいい、「有明(夜明け)の空にのぼる月」という意味があります。

満月を過ぎた月はすべて「有明の月」ということもあるそうです。

また、三日月とは反対側に細くなることから「逆三日月(ぎゃくみかづき)」ともいいます。

 
●三十日月(みそかづき)

30日目ごろの月で、ほぼ新月なので真っ暗です。

月がこもる(真っ暗で見えない)ことから「つきがこもる」が「つごもり」に転じ、「晦日(つごもり・みそか)」ともいいます。

旧暦のころは毎月30日が「晦日」でしたが、現在は月の満ち欠けに関係なく、月末を「晦日」、12月31日を「大晦日(おおみそか)」といいます。

 

 

月の満ち欠けによる名称がどういうものなのか、わかりましたね。

現在はお月様の形で日付を考えることはほとんどないと思いますが、月明かりが頼りの時代だったからこそ私達のご先祖はお月様を見て日付を知り、特別な名前を付けて計画を立てていたのかもしれませんね。

日々姿を変えるお月様に名前を付けるなんて、とてもロマンチックなことだと思いませんか?

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類