日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

睦月、如月、弥生・・・神無月、霜月、師走の意味や由来とは?

      2017/05/18

C9F7B7CA

1月、2月、3月・・・12月という呼び方のほかに、睦月、如月、弥生・・・師走という呼び方がありますね。

これは「月の異名(異称、別称ともいいます)」といいますが、それぞれの意味や由来をご存知ですか?

「月の異名」はほかにもありますが、今回は睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、文月、長月、葉月、神無月、霜月、師走について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク


月の異名の意味や由来とは?

睦月~師走の月の異名は、「万葉集」や「日本書紀」にも登場するなど、とても古くから使われていたようです。

そのため、月の異名の意味や由来を見ると現在の暦と一ヶ月ほどズレがあります。

例えば、旧暦のお正月は、現在の暦に当てはめると1月下旬~2月下旬ごろになります(毎年日にちが異なります)が、便宜上、現在の暦の1月を「睦月」と呼ぶことがあります。
そのことを踏まえて順番に見ていきましょう。


snow
 
睦月(むつき・1月)

お正月に家族や親戚が集まり、睦み合う(むつみあう・互いに親しみ合う、仲良くすること)ことから「睦び月(むつびつき)」が「睦月」になったという説が有力です。

ほかに、始まる月・元になる月ということから「もとつき」になり「むつき」になったという説、稲の実を初めて水に浸す月ということから「実月(むつき)」が転じたという説もあります。


如月(きさらぎ・2月)

もともとは「衣更着(きさらぎ)」という漢字で、「寒さが厳しく重ね着をする(衣を更に着る)季節」という意味があったという説が有力です。

ほかに、天気が良くなり陽気が更に増すので「気更来」「息更来」、春に向かって草木が生え始めるので「生更木」、お正月に迎えた春が更に春めいてくるので「来更来」という説もあります。


弥生(やよい・3月)

「弥生(いやおい)」が変化して「やよい」になったといわれています。

「弥」は「いよいよ・ますます」、「生」は「草木が生い茂る」という意味があり、冬が終わって草木が芽吹き生い茂る季節なので「弥生」になったという説が有力です。


unohana08
 
卯月(うづき・4月)

卯の花が咲く季節なので「卯の花の月」が略されて「卯月」になったという説が有力です。

ほかに、「う」は「初」「産」という意味もあり、1年の始まりを表しているという説、稲を植える季節なので「植月」が転じた説などがあります。


皐月(さつき・5月)

もともとは苗を植え始める月を意味する「早苗月(さなえづき)」と呼ばれていたのが略されたという説が有力です。

ほかに、耕作を意味する古語「佐(さ)」から、稲作の月として「さつき」になったという説があります。

「皐」という字には「神に捧げる稲」という意味があるそうです。


2016_07
 
水無月(みなづき・6月)

梅雨明けの時期で、どこの田んぼにも水が多くあるので「水無月」になったという説が有力です。

「無」は「ない」という意味ではなく、「の」という意味で「水無月」=「水の月」となります。

ほかに、梅雨が明けて水が無いので「水無月」という説、田んぼに水を引くので田んぼ以外には水がないから「水無月」という説などがあります。

スポンサードリンク


文月(ふみづき・7月)

七夕に短冊に歌や字を書いて書道の上達を願ったことから「文月」となった説、稲穂が膨らむので「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)が転じたという説、稲穂のふくらみを見る「穂見月(ほみづき)」が転じたという説などがあります。


葉月(はづき・8月)

旧暦の8月は現在の9月ごろで、季節は秋です。

秋で「葉が落ちる月」が「葉落ち月」になり、「葉月」となった説が有力です。

ほかに、稲穂が張るので「穂張り月」が「張り月」になり「葉月」になった説、北方から雁が初めて来るので「初来月」「初月」が「葉月」になった説などがあります。


2016_09
 
長月(ながつき・9月)

秋の夜長という意味の「夜長月(よながつき)」が略されたという説が有力です。

ほかに、雨が多く降る時期なので「長雨月(ながめつき)」が略されたという説、稲を刈る時期なので「稲刈月(いなかりづき)」が略されたという説、「長」という字に稲が毎年実ことを祝う意味があるという説などがあります。


神無月(かんなづき・10月)

神を祭る月なので「神無月」という説が有力です。

水無月と同じく「無」は「ない」という意味ではなく、「の」という意味があり、「神無月」は「神の月」になります。

ほかに、雷が鳴らない月なので「雷無月(かみなしづき)」が「神無月」になったという説、新穀でお酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が「神無月になったという説などがあります。

また、10月には全国の神様が島根県の出雲大社に集まるので、ほかの地域に神様がいなくなることから「神無月」になったという説がありますが、根拠のない俗説とされています。

俗説ではありますが、島根県では全国の神様が集まるので「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれています。


beiz6
 
霜月(しもつき・11月)

霜の降る寒い季節ということで「霜降り月」が略されたという説が有力です。

ほかに、神無月を「上な月」と考え、11月を「下な月=下月(しもつき)」にしたという説などがあります。


師走(しわす・12月)

年末は「師」が忙しくて走り回るから「師走」という説が有力です。

「師」が誰を指すのかですが、「僧侶が仏事のために走り回る」「御師(おし・おんし、寺社で参詣者を世話する人のこと)が一年で一番忙しい時期」「普段は落ち着いている教師も慌ただしく走り回る」など、諸説あるようです。

ほかに、「年が果てる」=「年果つ(としはつ)」=「しはつ」=「しはす」=「しわす」になったという説、語源は不明だが12月のことを「しわす」と言っていたので、当て字で「師走」になった説などがあります。

800624-1920

月の異名は古くから使われているものなので、はっきりとした意味や由来はわかっていないようです。

そのため、さまざまな説があるのかもしれませんね。

しかし、どの月も、どの説も、その時期の特徴を伝えようとしているように感じますね。

わずか2文字か3文字で季節を表現しているようで、とても素敵だと思いませんか?

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類