日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

うどんの歴史とは?日本三大うどんって何?

      2017/06/10

food_udon_bukkake
 

風邪をひいたとき、温かくて優しい味の「うどん」を食べたことがある人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

もちろん、元気な時でもうどんはおいしいですよね!

温かいうどん、冷たいうどん、豪華なトッピングをしたり、シンプルに出汁だけで食べたり、いろいろな食べ方があります。

今回は、誰もが一度は食べたことのあるうどんについて調べてみましょう。

スポンサードリンク

うどんの歴史とは?

うどんとは、小麦粉を少量の塩水と混ぜて練り、ある程度の太さを持つ麺のことです

漢字で「饂飩」と書きます。

うどんの誕生には諸説あります。

 
●博多が発祥の地
udon-soba-hi
 

福岡県福岡市博多区の萬松山(ばんしょうざん)承天寺(じょうてんじ)には、「饂飩蕎麦発祥之地碑」があります。

1242年(鎌倉時代・1185年~1333年)に中国から帰国した円爾(えんに・臨済宗の僧)が水車による製粉技術を持ち帰り、うどん、そばの作り方を日本中に広めたことからきているそうです。

 
●中国の混飩(こんとん)が起源

奈良時代(710年~794年)、遣隋使によって中国から渡来した「混飩」という、小麦粉の団子に餡が入った団子菓子が起源という説があります。

やがて混飩を温かい汁に入れて食べるようになり「温飩(おんとん)」と呼ばれるようになり、これが転じて「おんとん」→「うんとん」→「うどん」になったと言われています。

 
●空海が広めた
kuukai
 

平安時代(794年~1185年)に、空海(後に弘法大使と呼ばれる・真言宗の開祖)が、遣唐使とともに中国へ渡り、うどんの技術を日本に持ち帰って貧しかった故郷の人々を救ったといわれています。

讃岐うどんで有名な讃岐地方は空海の故郷です。

発祥には諸説ありますが、うどんが現在のような形になり、庶民に食べられるようになったのは江戸時代(1603年~1868年)初期の頃といわれています


日本三大うどんって何?

日本三大○○には様々なものがあります。

しかし、それを決めるための明確なルールは存在せず、観光地や名産品をアピールするために考えられたものといわれ、時代や選ぶ人によって異なり、地域によって答えが異なることもあるそうです。

日本三大うどんも、地域や好みによって答えが異なります。

ひとつめは、香川県の特産でもある讃岐うどん

sanuki-udon
 

香川県のうどん消費量は全国第一位で、「うどん県」と呼ばれることもあります。

讃岐うどんの一番の特徴は強いコシです。

ふたつめは秋田県の特産でもある稲庭うどん

inaniwa-udon
 

稲庭うどんの特徴は、手延べ製法で作られた乾麺で、うどんとしては細く平べったい形をしていて、なめらかな食感です。

このふたつはほとんどの地域で一致しているようですが、最後のひとつは・・・

群馬県の水沢うどん、長崎県の五島うどん、愛知県のきしめん、富山県の氷見うどんと、異なるようです。

関連:日本三大。花火、夜景、祭り、温泉、うどん、庭園、がっかり、桜、滝など

 

2e33973688525baec0794153e8291b96_s
 

うどんの誕生がいつなのか、正確なことはわからないのですね。

讃岐うどんがとても有名なので、発祥の地も讃岐なのかと思っていたのですが・・・福岡県には「饂飩蕎麦発祥之地碑」があるということで、うどん発祥の地は福岡県という方も多いようです。

うどんはご家庭でも簡単に調理することができ、その調理方法もバリエーションが豊富です。

オリジナルのうどんの食べ方を研究するのも、楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類