日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

ホワイトデーお返しの意味とは?マカロン、マシュマロ、マドレーヌなど

   

gi01a201503100000

2月14日はバレンタインデー。

その一か月後、3月14日はホワイトデーですね。

一般的には、バレンタインデーのお返しをする日・・・ということですが、お返しの品は様々です。その意味にはどんなものがあるのでしょう?

今回は、ホワイトデーについて調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


ホワイトデーの由来とは?

ホワイトデーは、バレンタインデーのちょうど一か月後です。

バレンタインデーは、キリスト教のバレンタイン司祭の名前が由来になっています。

3世紀のローマ皇帝は、若者の結婚を禁じていました。

しかしバレンタイン司祭は密かに若者を結婚させており、それがローマ皇帝にばれて処刑された日が2月14日です。

ホワイトデーが3月14日になったのは、バレンタインデーの一ヶ月後に恋人たちが改めて永遠の愛を誓ったというエピソードが基になっているという説があります。

また、日本の「古事記」や「日本書紀」などの古典にある飴製造の起源を基にしたという説もあります。


ホワイトデーは日本生まれ?

white_day_couple

 ホワイトデーというものが生まれたのは日本だと言われています。

バレンタインデーの習慣が定着してきた昭和40年~50年代ごろに、バレンタインデーのお返しをするようになりました。

もともと日本人には「いただきものにはお返しを」という意識があるため、自然と発生したと考えられています。

そこで、お菓子業界は「バレンタインデーのお返しをする日を作ろう」と考え、お店ごとにお返しの日を設定し、お菓子の宣伝をしました。



昭和55年(1980年)に全国飴菓子工業協同組合が「3月14日はキャンディーを贈る日」と定め、ホワイトデー委員会を結成し、「ホワイト(白)は、純潔のシンボル。若者のさわやかな愛にぴったりだ」という理由から「ホワイトデー」という名前になったという説。

不二家が「ホワイトは幸運を呼ぶ、縁起が良いという意味がある」ということで「ホワイトデー」という名前になったという説があります。

また、福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が昭和53年(1978年)に「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」と、チョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出したという説もあり、ほかにも、クッキーやキャンディなどを販売する菓子店が続出したそうです。

   

スポンサードリンク


お返しに込められた意味とは?

 ホワイトデーに贈られるお返し物には、様々なものがあります。

そこにも意味が込められているそうですよ。

 

●キャンディ

キャンディは甘くて長い時間楽しめるお菓子です。

そのため「お付き合いしましょう」「私もあなたが好きです」という意味があるそうです。

 

●マカロン

マカロンは、ほかの商品よりも少しお値段が高いです。

そのため「特別な存在」という意味があるそうです。

 gatag-00010833

●マシュマロ

マシュマロは、口の中で溶けてなくなってしまいます。

そのため「あなたのことは好きではありません」という意味があるそうです。

 

●マドレーヌ

マドレーヌは貝の形をしています。

貝は2枚がぴったり合わさることから、夫婦円満とか縁結びの意味があります。

そのため「あなたともっと仲良くなりたい」という意味があるそうです。

 

●クッキー

クッキーはサクサクしていて乾いたお菓子です。

そのため「サクッとドライな関係」「友達」という意味があるそうです。

  white_day_cookie

バレンタインデーと一緒で、ホワイトデーもお菓子業界が習慣化させていたことがわかりましたね。

また、ホワイトデーのお返しにもそれぞれ意味があるのですね。

今はお菓子だけではなく、アクセサリーや化粧品などを贈る人も多いといいますが、気持ちを表すためにお菓子も添えるといいのではないでしょうか。

  

スポンサードリンク

 - 3月