4月

「エイプリルフール」嘘は午前中だけ?日本で始まったのはいつ?由来や意味とは?

aprilfool_boy
4月1日といえばエイプリルフールですね。

「嘘をついても良い日」ということで家族や友人を驚かせるために時間をかけて嘘を考える人もいるそうですね。

個人の間だけではなく企業のHPが1日限定で嘘だらけになっていたり、海外ではテレビ局が大々的に嘘をつくことがイベント化していたり、エイプリルフールを楽しんでいるようです。

そんなエイプリルフールですが、嘘は午前中だけというルールがあるのですがそれはなぜなのでしょうか?

今回はエイプリルフール由来や意味、日本でいつ始まったのかについて調べてみました。

 


エイプリルフールの由来や意味とは?

 エイプリルフールは英語で「April Fool」と書きます。

英語の意味は「4月1日に騙された人」という意味になりますが、直訳では

April=4月

Fool=馬鹿にする、馬鹿な、馬鹿者 という意味があります。

日本では「エイプリルフール」のほかに「4月馬鹿」と呼ぶことがありますね。

 

aprilfool_calender
 

エイプリルフールの起源は不明ですが、いくつかの説があります。

 

ヨーロッパの嘘の新年が由来という説

16世紀のヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していましたが、1564年にフランス国王シャルル9世がグレゴリオ暦を採用したため、1月1日が新年になりました。

 

シャルル9世


しかし、これに反発した人々が「4月1日は嘘の新年」としてお祝いしたそうです。

シャルル9世はそのことを不満に思い、お祝いしていた人を逮捕し、処刑しました。

フランス人はシャルル9世への抗議とこの事件を忘れないためにその後も4月1日に「嘘の新年」を祝うようなりました。

これがエイプリルフールの始まりで、世界中に広まったという説があります。

 

インドが由来という説

インドの仏教徒たちは春分(しゅんぶん・毎年3月20日ごろ)から3月31日までの間、厳しい修行をして悟りの境地に達したそうです。

春分の日は「春のお彼岸」ともいわれており、日本では多くの人がお墓参りなどしますが、もともとは仏教の修行僧が厳しい修行をする期間でした。

しかし、3月31日に修行が終わってあと4月1日にはすぐに煩悩が生じてしまうことから、せっかくの修行が無駄になってしまったことや煩悩に負けた修行僧をからかう「揶揄節(やゆせつ)」という行事になったそうです。

この「揶揄節」がヨーロッパに伝わり、エイプリルフールとして広まったという説があります。

 

関連:「お彼岸」2021年はいつ?意味とお盆との違いについて

 

古代ローマが由来という説

古代ローマでは、4月1日に使用人を主人の椅子に座らせて、主人が使用人のマネをして楽しむという、立場が入れ替わるお祭りが行われていました。

このお祭りから、1年に1度だけ嘘をついてもいいエイプリルフールが始まったという説があります。

 

ほかにも説はありますが、どれも確証はなく仮説の域を出ません。

 

  


日本での始まったのはいつ?

エイプリルフールは、大正時代(1912年~1926年)に欧米から日本伝わり「4月馬鹿」として広まったといわれています。

 

4月馬鹿が広まる前、日本では4月1日は「不義理の日」とする風習がありました。

「不義理の日」とは、中国から伝わった風習で、普段義理を欠いていたことを手紙などで詫びたり、最近の様子を尋ねる日だったそうです。

4月馬鹿が広まったことから、不義理の日はいつの間にか忘れられたといわれています。

 

嘘は午前中だけ?

エイプリルフールにはいくつかのルールがあります。

●嘘をついていいのは午前中だけ

●午後にはネタばらしをしなければならない

●人を傷つける嘘はだめ

 

このルールは、イギリスを中心とした一部地域で浸透しているものです。

イギリスでは、1660年に王政復古(支配の座を追われていた君主が再び旧体制を回復すること)したことをお祝いする「オークアップルデー」という記念日があります。

 

「オークアプルデー」は毎年5月29日で、午前中だけ国王への忠誠の証としてオークアップルの実を身につける風習があり、身につけていないと「忠誠心がない」とみなされ責められますが、午後は身につけなくてもいいそうです。

 

a0067582_5441839
 

オークアップルデーの「午前中だけ」という風習が、なぜかはわかりませんが4月1日のエイプリルフールにつながり、「嘘をついていいのは午前中だけで、午後には必ずネタばらしをする」というルールになったのではないかといわれています。

 

しかし、これはイギリスを中心とした地域で浸透しているルールであって、正式なルールではありません。

正式なルールはありませんが、「人を傷つける嘘はだめ」「ネタばらしはその日のうちにする」「嘘に対して仕返しはしない」など、エイプリルフールを楽しむための世界共通のルールのようなものがいつの間にか出来上がっていったようです。

 

pose_dokkiri_daiseikou
 

普段は嘘をつくことは良くないこととされています。

しかし、エイプリルフールは「嘘をついても良い日」ですので、小さな嘘から大きな嘘までいろいろ考えるだけでもワクワクしてきませんか?

正式なルールはないとしても、人を傷つけず、笑って済ませることができるようなユーモアたっぷりの嘘は、年に一度の楽しいイベントとして今後も続けていけるといいですね。

 

関連:新年度・年度初め・入学式・入社式はなぜ4月なの?

 



-4月

© 2021 日本文化研究ブログ - Japan Culture Lab