日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

海苔の起源と歴史とは?海苔を食べるとすごい健康効果が!

      2019/02/05


 

私たち日本人の食生活に欠かせない、「海苔(のり)」

おにぎりや海苔巻きに巻いたり、蕎麦に乗せたり、佃煮にしたり、チーズや茹で卵、餅などに巻いたり、調理法も食べ方も数えきれないほどあるのではないでしょうか。

そんな海苔ですが、起源や歴史をご存知ですか?

海苔を食べることによって得られる健康効果についても調べてみました!

 


海苔の起源と歴史とは?

海苔の起源ははっきりとはしていません。

701年に制定された大宝律令(たいほうりつりょう・律は刑罰に関する規定、令は政治・経済などの行政に関する規定のこと)では税制の対象として「紫菜(むらさきのり)」が他の海藻類とともに登場し、奈良時代(710年~794年)初期に書かれた「常陸国風土記(ひたちのくにふどき・現在の茨城県の郷土誌)」という書物では、ヤマトタケル(古代日本の皇族)が浜辺一面に海苔が干しているのを見たという記述があります。

しかし、実際にはそれよりももっと古く、縄文時代(紀元前12000年頃~紀元前4世紀)から食用にされていたのではなかと考えられています。

縄文時代の貝塚からは、人々が食料としていた貝類が出土していることから、海藻も食べていたのではないか?と考えられています。しかし、海藻は、貝類のように明確に痕跡が残るものではないので、必ずしも「食べていた」とは言い切れず、「食べていたのではないだろうか」と想像することしかできません。

 

710年に作られた都「平城京」では、海藻類を売る「和布店(にぎめだな)」、昆布や海苔を佃煮のように加工したものを売る「藻葉店(もはだな)」という市場が存在したといわれており、この頃、日本人の食文化に海苔が定着したと考えられています。

しかし、当時は海苔は天然のものを採るため大変貴重で高級品だったため、庶民の間に広まるのは江戸時代(1603年~1868年)になってからです。

 

江戸時代になると、海苔の養殖技術が確立し、江戸湾(現在の東京湾)で海苔を養殖し、和紙の製紙技術を用いて四角い紙のように加工するようになりました。

これが「浅草海苔」と呼ばれるもので、現在私たちが知っている「板海苔」になります。

板海苔を火であぶったものを「焼き海苔」といい、板海苔に味付けをしたものを「味付け海苔」といいますが、これは、海苔の老舗である「山本海苔店」が発祥です。

 

「ノリ」という名前の由来は、海藻類がヌラヌラしている様子「ヌラヌラする」の「ヌラ」が訛ったものといわれており、「海苔」という漢字が当てられたのは江戸時代と考えられています。

 


海苔を食べるとすごい健康効果が!

海苔は、食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富で、1日に2枚程度食べることで、体に必要な栄養素を取ることができると言われています。


●成人病予防に効果あり!

海苔の3分の1は食物繊維でできており、野菜に含まれる食物繊維よりも柔らかく、胃や腸を傷つけずに穏やかに整腸作用を促します。

食物繊維を摂取することで、コレステロール値を下げ、成人病予防などに効果が期待できます。


●疲労回復に効果あり!

海苔約3枚で、成人女性が1日に必要なビタミンB1、B2を摂取できるといわれています。

ビタミンB1、B2を摂取することで糖質を効率よくエネルギーに変えることができ、疲労回復効果が期待できます。


●美肌効果がある!

一般的に、ビタミンCは熱に弱いため、調理すると栄養素が破壊されるのですが、海苔に含まれるビタミンCは熱に強く、調理をしてもそのまま栄養素を摂取できます。

ビタミンCは美肌効果が期待できます。


●肝臓の働きを高めてくれる!

海苔2枚で、大豆約15g相当のタンパク質が含まれています。

タンパク質を摂取することで肝臓の働きを高めることが期待できます。


●骨を強くしてくれる!

海苔2枚で、牛乳約15cc相当のカルシウムが摂取できます。

カルシウムを摂取することで骨を強くすることができ、骨粗しょう症の予防や、イライラ解消などに効果が期待できます。


海苔の日とは?

毎年2月6日は「海苔の日」です。

海苔の日は、全国海苔貝類漁業協同組合連合会が昭和41年(1966年)が定めたもので、大宝律令によって海苔が税制の対象とされたことから、大宝律令が施行された2月6日を「海苔の日」と定め、全国的な海苔消費促進の日としました。また、海苔を使った恵方巻を食べる節分の日(2月3日)~海苔の日(2月6日)前後の一週間を「海苔ウィーク」として全国各地で海苔の販売促進のイベントが行なわれています。

 

海苔の歴史はとっても古いのですね。

私たちのご先祖さまたちは「のり」という言葉が生まれるずっと前から、海辺で貝類などと一緒に海苔を採って、食べていたのかもしれません。

海苔を食べることで得られる健康効果もたくさんありますので、日々の食生活に積極的に取り入れていきたいですね!

 



 - 未分類