4月

4月25日は初任給の日!初任給・手取りの平均の推移と使い道

初任給をもらうと、社会人としての第一歩を無事に踏み出せたのだと自覚でき、これからもがんばろう!と気合がはいりますよね。

4月25日は「初任給の日」ですが、どのような日なのでしょうか?

また、初任給の平均の推移や、使い道をリサーチしてみました!

 

スポンサーリンク

初任給とは?

貯金通帳を見る男性
 

読み方は「しょにんきゅう」です。

社会人一年目の新入社員が最初にもらう給与のことです。

 

中途採用や、転職の人の場合も、その会社で最初にもらう給与を「初任給」といいますが、一般的には新卒の人が対象の言葉です。

新卒とは、「新規卒業」や「新規卒業者」の略です。

大学、専門学校、短大、高校などを卒業してすぐに就職した人のことを指します。

企業によっては、卒業後3年以内は新卒として扱うこともあります。

 

「初任給の日」とは?

4月25日

「初任給の日」とは、多くの企業が毎月25日を給料日とているため、年度初めの4月に入社した新入社員の多くが4月25日に初任給をもらうことから名づけられた記念日です。

ただし、正式な記念日として登録されておらず、制定した団体や目的など詳細は不明です。

「ファーストペイデイ」ともいいます。

 

初任給・手取りの平均の推移

初任給の(総支給額・手取り)の推移は以下のとおりです。

 

初任給の総支給額(額面)

会社から支払われる金額の合計を「総支給額(そうしきゅうがく)」または、「額面(がくめん)」といいます。

総支給額(額面)には、基本給のほか、通勤手当、残業手当、出張手当、資格手当などの各種手当で構成されています。

 

では、初任給の平均(総支給額)の平均はどのように推移しているのでしょうか?

昭和51年(1976年)以降の一般企業の推移を見てみましょう。

※以下の総支給額は男女の平均です。


初任給の総支給額(額面)一覧表


大学卒 高専・短大卒 高校卒
昭和
51年
90,950 81,600 75,150
52 98,150 87,250 80,150
53 102,700 91,850 83,950
54 106,600 94,400 86,650
55 111,600 99,050 90,550
56 117,900 104,550 95,750
57 123,150 109,050 100,450
58 128,150 113,250 103,100
59 132,250 116,500 105,900
60 136,750 120,300 109,200
61 141,450 123,500 111,950
62 145,450 125,500 114,100
63 151,050 129,050 117,050
平成
元年
158,250 135,050 121,950
2 166,400 141,750 129,500
3 175,850 150,800 137,000
4 183,500 156,650 143,050
5 186,100 160,350 146,500
6 188,450 162,150 149,650
7 189,100 161,900 149,350
8 188,400 162,750 150,300
9 190,050 164,950 151,650
10 190,900 165,300 152,200
11 192,650 166,250 152,950
12 192,150 167,600 152,350
13 193,450 167,050 153,400
14 193,650 166,900 153,150
15 196,900 166,650 152,250
16 193,900 167,450 151,650
17 193,000 167,250 151,850
18 195,300 169,000 153,500
19 195,100 169,050 154,800
20 197,950 170,100 157,150
21 198,150 173,750 156,900
22 196,900 170,900 156,950
23 201,450 173,000 155,600
24 199,150 170,700 156,850
25 197,650 172,700 155,100
26 200,050 174,450 157,750
27 201,650 175,950 159,800
28 202,950 177,450 160,350
29 205,950 179,500 161,300
30 206,350 181,650 164,450
令和
元年
209,850 184,050 166,750

出典:厚生労働省の賃金基本統計調査より算出

スポンサーリンク

初任給の手取り額

貯金通帳を見る女性

「手取り(てどり)」とは、「差引支給額(さしひきしきゅうがく)」ともいい、実際に受け取れる金額のことです。

先ほど紹介した額面から、所得税や住民税、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険など「天引き(てんびき)」されたものが、手取りになります。

この額面から天引きされることを「控除(こうじょ)」といいます。

「手取り」は一般的に額面のおよそ75~80%が手取りになるので、ここでは額面の8割で計算しています。

 

昭和51年(1976年)以降の一般企業の手取り平均の推移を見てみましょう。

※以下の手取り額は男女の平均です。


初任給の手取り額(差引支給額)一覧表


大学卒 高専・短大卒 高校卒
昭和
51年
72,760 65,280 60,120
52 78,520 69,800 64,120
53 82,160 73,480 67,160
54 85,280 75,520 69,320
55 89,280 79,240 72,440
56 94,320 83,640 76,600
57 98,520 87,240 80,360
58 102,520 90,600 82,480
59 105,800 93,200 84,720
60 109,400 96,240 87,360
61 113,160 98,800 89,560
62 116,360 100,400 91,280
63 120,840 103,240 93,640
平成
元年
126,600 108,040 97,560
2 133,120 113,400 103,600
3 140,680 120,640 109,600
4 146,800 125,320 114,440
5 148,880 128,280 117,200
6 150,760 129,720 119,720
7 151,280 129,520 119,480
8 150,720 130,200 120,240
9 152,040 131,960 121,320
10 152,720 132,240 121,760
11 154,120 133,000 122,360
12 153,720 134,080 121,880
13 154,760 133,640 122,720
14 154,920 133,520 122,520
15 157,520 133,320 121,800
16 155,120 133,960 121,320
17 154,400 133,800 121,480
18 156,240 135,200 122,800
19 156,080 135,240 123,840
20 158,360 136,080 125,720
21 158,520 139,000 125,520
22 157,520 136,720 125,560
23 161,160 138,400 124,480
24 159,320 136,560 125,480
25 158,120 138,160 124,080
26 160,040 139,560 126,200
27 161,320 140,760 127,840
28 162,360 141,960 128,280
29 164,760 143,600 129,040
30 165,080 145,320 131,560
令和
元年
167,880 147,240 133,400

出典:厚生労働省の賃金基本統計調査より算出

推移を見てみると、30年間で倍以上の手取りとなり、年々増えていることがわかりますね。

このように、手取りは増えていますが、それ以上に物価が上昇しているので生活が苦しいという人も増えています。

 

初任給の使い道は?

みなさんは初任給をどのように使っているのでしょうか?

使い道をみていきましょう。

 

親にプレゼントをする

社会人になるまで育ててくれた親に感謝の気持ちを込めて、プレゼントをするという人が一番多いようです。

親が欲しがっているものをプレゼントしたり、おいしいお店に連れて行ったり、旅行に連れて行ったりするようですよ。

 

貯金する

休みの日に旅行をするため、スキルアップに使うため、欲しいものを買うためなど、さまざまな理由で貯金をする人が多いようです。

 

生活費にする

社会人一年目なので、まだまだ生活が安定していません。

一人暮らしをしている場合、家賃や光熱費、食費などすべて自分で支払うこととなり、初任給のすべてが生活費になってしまう人も少なくありません。

 

自分へのちょっとしたご褒美に使う

新社会人として慣れない環境で頑張った自分に、それほど高価なものではなくても、ご褒美としておいしいものを食べたり、欲しいものを買ったりする人が多いようです。

 

自分にご褒美
 

初任給の日は、多くの新入社員がワクワクして迎えると思います。

初任給の使い方はひとそれぞれで、無事に社会人として初任給を貰えたのは、ここまで育ててくれた親のおかげということで、親へ感謝の気持ちを込めてプレゼントをする人が一番多いようです。

自分の生活だけで精一杯の人もいると思いますが、親に感謝の言葉を伝えるだけでも、わが子の成長を喜んでくれるのではないでしょうか。

 

関連:新年度・年度初め・入学式・入社式はなぜ4月なの?

関連:【2024年】入社式はいつ?入社式では何をするの?その目的や内容とは?

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-4月

error: クリックできません。