日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

受験生必見!合格祈願 願掛けグッズ・お菓子・食べ物

   

goukaku07

年が明けると、受験シーズンが到来しますね。

どれだけ勉強しても不安になってしまう受験生も多いと思いますが、そういうときは神頼み!という人もいるかもしれません。

また、受験生を励ましたい!応援したい!という家族や友人のみなさんもいることでしょう。

今回は、受験生必見の願掛けグッズやお菓子、食べ物について調べていきましょう。

 

スポンサードリンク


願掛けグッズ

 ●お守り

多くの神社では、合格祈願のお守りを授かることができます。

特に、学問の神様として有名な菅原道真公を祀っている神社で授かることのできるお守りは、御利益があるとして受験生には大人気のようです。

菅原道真公を祀っている神社は全国にあり、「○○天神」「○○天神社」「○○天満宮」という名前です。


●合格鉛筆

五角形の鉛筆は「五角(ごかく)=合格(ごうかく)」という語呂合わせで人気があります。

神社でお守りなどと一緒に並べられており、合格祈願に訪れた際に授かる方が多いです。

ネット通販や文具売り場などでも売られており、中には、神社であらかじめご祈祷を受けたものもあるそうです。

img10205008441


●合格カイロ

受験当日だけではなく、受験勉強中にも重宝するということで最近人気があるようです。

指先が冷えてうまく文字が書けないとか、寒くて集中できないとか・・・寒い時期の受験だからこその悩みがありますが、カイロを持っておくことで体を暖めることができ、受験に集中することができますね。

 

スポンサードリンク


願掛けのお菓子・食べ物

●キットカット(ネスレ)

「キットカット=きっと勝つと」になります。

博多弁では語尾に「と」を付けることがあります。

「きっと勝つ」を「きっと勝つと」にすると、博多弁になるんですね。

最近は、合格祈願用のパッケージのものも販売されており、メッセージを書く欄があります。

kitkat


●ポッキー(グリコ)

ポッキーを逆に読むと「キッポー=吉報」ということで、受験生が吉報を待つという意味で縁起が良いですね。


●ハイレルモン(明治製菓)

「ハイレモン」というお菓子が、受験シーズンには「ル」の一文字を足して販売されます。

ハイレモンの3倍のビタミンCが含まれ、風邪予防にも一役買っているそうです。


●五円チョコ(チロル)

受験シーズンには「合格にごえんがあるよ」という文字のパッケージとともに、「サクラサク」にちなんで桜味のチョコが販売されます。


●カール(明治製菓)

カールに一文字足して「うカール=受かる」ということで、受験シーズンに販売されています。

明治製菓のホームページでは「うカール合格神社」もあります。


●カツ

「勝負に勝つ」「己に勝つ」という意味があります。

朝からカツを食べると胃もたれをしたり、普段と違う朝食で体の調子がおかしくなることもあるので、食べるなら前日の夕飯がいいでしょう。

food_tonkatsu


●ウインナー

英語でwinner(勝者)という言葉を、ウインナーと掛けています。

受験当日のお弁当におかずのひとつとして入れていくのもいいですね。


●タコ

タコは英語でoctopusです。

「オクトパス=置くと受験をパスする」という語呂合わせから、タコのぬいぐるみが人気です。

また、関門海峡の荒い潮流をくぐりぬけた「関門タコ」は、難関を突破すると言うことで縁起の良い食べ物といわれています。

octpus

願掛けグッズにもいろいろありますね。

神社で授かることのできるものから、コンビニやスーパーで購入できるものまでさまざまです。

違う神社のお守りは神様が喧嘩する・・・という噂もありますが、神様はそんなことでは喧嘩などしないので、周りの人からいただいたお守りは安心して身につけておきましょう。

受験が終わったら、感謝の気持ちでお返しに行きましょうね。

受験の不安は受験生みなさん持っていることでしょう。

願掛けグッズで少しでもその不安を減らし、受験で力を発揮できますように。

 

スポンサードリンク

 - 1月, 2月, 3月, 未分類