日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「開けゴマ!」の呪文はなぜ「ゴマ」なのか?意味と語源、反対語とは?

      2019/08/15


 

小さい頃、ドアや窓などを「開けゴマ!」と言いながら開けたことはありませんか?

ふでばこを開ける時や、教科書を開くとき、傘を開くときなど、あらゆる場面で「開けゴマ!」と言っていた人もいるかもしれませんね。

誰もが一度は言ったことがあるのではないかと思うほど「開けゴマ!」は有名な言葉ですが、なぜ「ゴマ」なのでしょうか?

今回は「開けゴマ!」について調べてみました。

 

スポンサードリンク

「開けゴマ!」の呪文の意味と語源は?

「開けゴマ!」の起源は、イスラムやアラビアの伝説や民話などを集めた「アラビアンナイト」の中で語られる「アリババと40人の盗賊」という物語です。

アラビアンナイトは日本では「千夜一夜物語(せんやいちやものがたり)」や「千一夜物語(せんいちやものがたり)」とういタイトルで呼ばれ、「アリババと40人の盗賊」のほかにも、「魔法のじゅうたん」「アラジンと魔法のランプ」「シンドバッドの冒険」など有名な物語があります。

 

「アラビアンナイト」のあらすじ

アラビアンナイトのあらすじは以下の通りです。

妻の浮気を知ったペルシャの王様が、妻と相手を殺害しましたが、女性不審に陥ってしまい、毎晩、町の生娘(きむすめ・男性を知らない女性。処女のこと)を自分の城に呼び寄せ一夜を共にし、翌朝にはその娘を殺害し続けました。

そして、町から若い女性がみるみる減っていき、王様の側近が困り果てていたとき、側近の娘であるシェヘラザードが、王様の行動を止めるために自ら王様のもとへ行くことを決意します。

シェヘラザードは命がけで王様に物語を話して聞かせ、物語が盛り上がったところで「続きはまた明日。明日はもっと面白いですよ。」と告げ、王様は続きを聞きたいのでシェヘラザードを殺さずにすみました。

このとき、シェヘラザードが王様に話して聞かせた物語のひとつが「アリババと40人の盗賊」で、あらすじは以下の通りです。

 

アリババと40人の盗賊のあらすじ

貧しいけれどまじめで働き者のアリババという男が山でロバを連れて薪(まき・たきぎ)を集めていると、40人の盗賊団が奪った財宝を洞窟に隠しているのを目撃します。

盗賊団が「開けゴマ!」という呪文を唱えて洞窟の入り口を塞ぐ岩の扉を開けるのを見ていたアリババは、盗賊団がいなくなってから「開けゴマ!」と呪文を唱え、財宝を持ち帰り、大金持ちになりました。

 


 

アリババは、妻以外には盗賊団や財宝のことを内緒にしていましたが、強欲な兄に知られてしまいます。

アリババから無理やり呪文を聞き出した兄は、洞窟の扉を開けて中に入り、中から扉を閉め財宝に夢中になりました。

そのうち、扉を開けるための呪文を忘れて困っているところへ盗賊団がやってきて、見つかってしまった兄は殺されてしまいます。そして、盗賊団にアリババの存在がバレて命を狙われてしまいます。

しかし、アリババのところにいた女奴隷モルジアナが機転を利かせて盗賊団を皆殺しにしました。

この功績からモルジアナは奴隷から解放され、アリババはモルジアナを息子の妻とし、盗賊団の宝を貧しい人々に分け与え、アリババの一族は末永く栄えたそうです。

 

スポンサードリンク

「なぜゴマなのか?」

「アリババと40人の盗賊」のアラビア語の原典(翻訳や改訂の元になった書物)は発見されていませんが、フランス語では「Sésame, ouvre-toi(ゴマよ、汝を開け)」、英語では「Open Sesame(開けゴマ)」と表現されており、日本語だけでなく、他の言語でも「開けゴマ」という表現になっているようです。

そのため「なぜゴマなのか?」という疑問に明確な答えはありませんが、「こういう理由なのではないか?」という説はいくつかあります。

 
●ゴマが貴重なものだったからという説

イスラムやアラビアなど中東地域ではゴマが貴重な食材だったので、ゴマを盗賊団の財宝・宝物に見立てたのではないかといわれています。

 

 
●ゴマを収穫するときの様子が語源という説

ゴマは実る時には房に包まれており、乾燥させることで房が開き、収穫することができます。

ゴマを収穫するには乾燥させて房が開かないといけないため「開けゴマ!」という言葉が生まれたのではないかといわれています。

 

 
●ゴマに神秘性があるという説

バビロニアではゴマ油が魔術に使われるなど、ゴマには神秘的な力が宿っているという信仰があるため、扉を開ける呪文に用いられたのではないかといわれています。

 

「開けゴマ!」の反対語は?

扉を開ける時の呪文が「開けゴマ!」なので、反対語は扉を閉じる時の「閉じろゴマ!」または「閉じよゴマ!」で、アリババと40人の盗賊の中でも登場する言葉です。

 

 


 

「開けゴマ!」という呪文は、アラビアンナイトが起源なのですね。

しかし、アラビアンナイトの原典には「アリババと40人の盗賊」の話は入っていなかったともいわれているようです。

アラビアンナイトはたくさんの人が翻訳などをしているため、誰かがどこかで自分の創作した「アリババと40人の盗賊」を入れたのではないか?ともいわれていますが、真実はまだわかりません。

原典にはなかったかもしれない「アリババと40人の盗賊」と「開けゴマ!」という呪文がとても有名なのは、なんだか不思議なお話だと思いませんか?

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類