日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

ジンギスカンの名前の由来とジンギスカン鍋の起源とは?

      2019/07/28

北海道といえば、ラーメンやスープカレー、新鮮な魚介類、ジャガイモやとうもろこしなどの野菜、スイーツなど、たくさんの美味しいものが思い浮かびますよね。

そして、北海道グルメのひとつ「ジンギスカン」を忘れてはなりません!

北海道のみなさんは、お花見やキャンプなどでもジンギスカンを召し上がるそうなのですが、「ジンギスカン」の名前の由来や起源はご存知ですか?

今回は「ジンギスカン」について調べてみました。

 

スポンサードリンク

ジンギスカンとは?

ジンギスカンは漢字で「成吉思汗」と書きます。

ジンギスカンは、羊の肉を用いた焼肉料理で、もやしや玉ねぎ、ピーマンなどの野菜と一緒に専用の鍋で焼きます。

タレに付け込んだ肉や、生のままの肉、冷凍した肉など、お店や家庭によって肉の状態はさまざまのようです。

 

「ジンギスカン」の名前の由来とは?

「ジンギスカン」の名前の由来は諸説あります。

 

◆チンギス・カンが由来という説

チンギス・カン(1162年~1227年)とは、モンゴル帝国の初代皇帝で、「チンギス・ハーン」や「ジンギス・ハン」ともいいます。

チンギス・カンが遠征中に、羊の肉を兵士たちの食事としていたことから、チンギス・カンの名前からジンギスカンとうい料理名になったという説があります。しかし、モンゴル料理にこのような料理はないそうです。

 


 

◆駒井徳三が名付けたという説

東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)出身の駒井徳三(こまいとくぞう・1885年~1961年)が「ジンギスカン」と名付けたという説があります。

駒井徳三は満州(現在の中国)の初代総務庁長官を務めていました。

そのときに身近にあった「鍋羊肉(カオヤンロウ)」という羊肉料理を日本風にアレンジした料理を「ジンギスカン鍋」と名付けたそうです。

ジンギスカンという名前は、羊=モンゴル、モンゴル=モンゴルの英雄チンギス・カンと連想し、さらに日本の武将である源義経(みなもとのよしつね・1159年~1189年)が、モンゴルに渡ってチンギス・カンになったという伝説にちなみ、名付けられたという説があります。

 

◆兜(かぶと)が由来という説

ジンギスカンに用いる鍋が、チンギス・カンが率いるモンゴル兵たちがかぶっていたモンゴル兜と似ていたことから「ジンギスカン」と名付けられたという説があります。

 

スポンサードリンク

ジンギスカンの歴史とは?

羊の肉が日本で食べられるようになったのは、大正時代(1912年~1926年)になってからで、満州(現在の中国)へ進出していた日本人が、現地の人々が羊を煮たり焼いたりして食べているのを見たのがきっかけでした。

昭和(1926年~1989年)に入ると、軍服用として羊毛が必要になり、羊の飼育が奨励されたことで、羊の肉を食用にすることとなりました。全国的に羊肉料理の講習会が開催されたそうです。

 

 

北海道に定着したのは、昭和7年(1932年)に、札幌市や滝川市などに種羊場(しゅようじょう・羊の飼育、研究機関)が出来たことで羊の肉が容易に入手できたためです。

そして、昭和11年には札幌にジンギスカン専門店の「横綱」が誕生し、昭和28年には札幌に「成吉思汗倶楽部(現ツキサップじんぎすかんクラブ)」、昭和31年には滝川市に「松尾ジンギスカン」が開店したことで北海道に広まっていったようです。

 

ジンギスカン発祥は北海道と考えられがちですが、岩手県や長野県、千葉県などにも種羊場が作られたことから、羊の肉を食べることが広まっていたため、発祥の地は複数存在しており、その土地のグルメとして現在も食べられています。

 

また、ジンギスカン専門店の発祥は昭和10年に松井初太郎という人が東京で開店した「成吉思荘」という店なのだそうです。


ジンギスカン鍋の起源とは?

ジンギスカンは、専用の鍋を用います。

鍋がドーム状で、兜のように盛り上がっており、表面には溝が刻まれています。

兜のように盛り上がった中央部分で肉を焼き、鍋の外周部で野菜を焼くことで、羊の肉から出た肉汁が溝に沿って外周部へ流れ落ち、野菜が肉汁によって美味しくなる仕組みになっています。

しかし、専用の鍋ではなく、フライパンやホットプレート、焼き網などで代用しても、羊の肉を焼いた料理は「ジンギスカン」と呼びます。

ジンギスカン鍋の起源は、さきほど紹介した、東京の「成吉思荘」が発祥だと言われ、昭和11年に実用新案登録されたそうです。

 


 

ジンギスカン鍋は不思議なカタチをしていますが、そのおかげで野菜がよりおいしく食べられるようになっているのですね。

羊の肉は、牛や豚などほかの肉に比べるとヘルシーだということで女性に人気があります。

体のことを気にしている人にとって、ヘルシーな羊の肉と、たくさんの野菜を美味しく食べられるのは嬉しいことです!

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類