日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

日本の最高位の神様、一番偉い神様は誰?

      2019/11/05


日本には八百万の神々がいらっしゃいます。

八百万とは非常にたくさん・無限のという意味があり、日本には数えきれないほど多くの神様がいらっしゃるということです。

日本人は、トイレの神様とか、台所の神様、火の神様、水の神様など、身近なところにも神様を感じるようです。

では、日本の最高位の神様、一番偉い神様は誰なのでしょう?

今回は、日本の最高位の神様について調べてみました。

 


日本の最高位の神様

天照大御神


 

読み方は「あまてらすおおみかみ」で、日本の最高位の神様、一番偉い神様とされています。

 

伊邪那伎(いざなき)と伊邪那美(いざなみ)の子。

神々が住んでいるとされる天上の国「高天原(たかまがはら)」の最高責任者であり、日本国民の総氏神(そううじがみ・日本全体、日本人全体の守り神)です。

日本最高位の神社である、伊勢神宮の内宮に祀られています。

 

高天原の八百万の神々が相談して、地上に新たな国を造ることを伊邪那伎と伊邪那美に命じ、日本の国土を産んだあとに多くの神々を産んだといわれています。

 

天照大御神は「古事記」では伊邪那伎と伊邪那美が夫婦となって生まれた子とされていますが、「日本書紀」では男神である伊邪那伎から生まれた子とされています。

 

伊邪那伎の妻である伊邪那美は、火の神を生んだ時の傷がもとで亡くなってしまい、黄泉の国(よみのくに・死後の世界)へ行ってしまいます。

夫である伊邪那伎は、伊邪那美を黄泉の国へ迎えに行きますが、すでに黄泉の国の住民となり恐ろしい姿になった伊邪那美に追いかけられ逃げ帰ってきます。

黄泉の国から戻った伊邪那伎が、黄泉の国の穢れ(けがれ)を体から落とそうと、左目を洗ったときに誕生したのが天照大御神です。

 

天照大御神は女神で、太陽を象徴する神様として有名です。

また、皇室の祖先神(そせんしん・先祖の霊を神として祀ること)と考えられており、天皇家をたどると天照大御神に辿り着くといわれています。

 

このように人々が生きていくのに欠かせない太陽を象徴する神様であることや、皇室の祖先神ということから、日本の最高位の神様、一番偉い神様だといわれているのです。

 


天御中主神


 

読み方は「あめのみなかぬしのかみ」です。

 

日本の最高位の神様、一番偉い神様は天照大御神ではなく天御中主神ともいわれています。

 

天御中主神は、古事記で最初に登場する神様で、男女の区別がなく女神と男神の両方の性質を持つ「独神(ひとりがみ)」です。

 

「天=宇宙」「御中=中心」「主=支配する」という意味があり、「宇宙の中心」や「宇宙そのもの」と考えられ、仏教では「大日如来」、イスラム教では「アッラー」、ユダヤ教では「ヤハウェ」と同じ存在です。

 

古事記では、何も無かったところに天と地が生まれ、高天原に天御中主神が現れたかと思うと、すぐに姿を隠されてしまったと書かれています。

 

最初の神様であり、宇宙そのもの、創造主のような一面があるため「安産の神」として祀っている神社が各地にあります。

 

天御中主神は、古事記の最初の部分に一度だけしか登場せず、記述が少なく謎の多い神様で、姿を隠されたあとは、私たちの目には見えない場所から宇宙を支配しているという解釈があるようですが、実際にはどのような神様なのか不明なままです。

そのため、名前を見聞きする機会も少なく、名前すら知らない人が多いようです。

 

日本の最高位の神様、一番偉い神様は誰?

日本の各地にある神社を包括する宗教法人「神社本庁」では、天照大御神を最高位の神様としていますので、一般的には、最高位の神様、一番偉い神様は天照大御神ということですが、「最初の神様」「宇宙を支配する神様」ということで天御中主神が最高位の神様、一番偉い神様という意見もあるようです。


 

「天御中主神は姿を現してすぐにいなくなったから、なにも生み出さず、なにもしていない」という解釈もあり、謎や不明な点が多い神様です。

人によって解釈が異なる「天御中主神」を一番偉いとするのは、少々難しいのかもしれません。

「天照大御神が最高位、一番偉い神様だ」というのは、「太陽を象徴とする神様」「皇室の祖先神」という分かりやすい理由があるので、誰もが納得できるのではないでしょうか。



 - 未分類