未分類

伊勢神宮、内宮と外宮の違いって何?お参りの順番、移動距離はどれくらい?



16

昔から「お伊勢さん」と呼ばれ親しまれている「伊勢神宮」

三重県伊勢市にある神社で、正式名称は「神宮」なのだそうです。

ですが、ほかの神宮と区別するために地名を入れて「伊勢神宮」と呼ぶようになり、親しみをこめて「お伊勢さん」や「大神宮さん」と呼んでいるそうです。

伊勢神宮には「内宮」と「外宮」があるのですがご存知でしょうか?

今回は、全国の神社の本宗(ほんそう・最も尊い神社)とされる伊勢神宮について調べて行きましょう。


内宮と外宮の違いって何?

内宮と外宮は、祀られている神様が違います。

20

 

「内宮(ないくう)」には天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

正式には「皇大神宮(こうたいしんぐう)」といいますが、一般的に内宮と呼ばれています。

皇大神とは天照大御神のことです。

 

天照大御神は太陽の神様で、日本で最も貴く、国家の最高神とされており、天皇陛下は天照大御神の子孫とされています。

ご神体は、天照大御神が孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けた三種の神器のひとつである「八咫鏡(やたのかがみ)」で、神宮祭主(さいしゅ・神職の役職)は旧皇族の方が就いています。

 

20140418153949

 

三種の神器はほかに八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま・皇居吹上新御所の剣璽の間(けんじのま)に奉安されています)、草薙の剣(くさなぎのつるぎ・別名:剣天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)・熱田神宮にご神体として祀られています)があり、歴代の天皇が皇位のしるしとして受け継いだ三つの宝物とされていますが、直接見てはいけないものとされているため、天皇陛下でさえ実見はなされておらず、多くの謎に包まれています。

 

20090801124520

 

 

「外宮(げくう)」には豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られています。

正式には「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」といいますが、一般的に外宮と呼ばれています。

豊受大御神は食物や穀物を司る神様で、衣食住の恵みを与える産業の守護神として崇められています。

 

また、天照大御神の食事を司るために豊受大御神が祀られているとされ、朝夕2回、毎日欠かさず天照大御神に供物をたてまつる祭りが行われています。

ご神体は「真経津鏡(まふつのかがみ)」とされていますが、八咫鏡の別名であるとか、同じような鏡だとか、壺だとか・・・正確なことはわかっていないそうです。

 

img_0
 

ほかに、内宮の近くには宇治橋や五十鈴川、お土産屋が軒を連ねるおかげ横丁などの観光地があるため、参拝客が大勢訪れますが、外宮は内宮から離れた場所にあるため、内宮に比べると参拝客が圧倒的に少ないという違いがあります。

 


お参りの順番、移動距離はどれくらい?

内宮には多くの参拝客が訪れます。

内宮だけお参りして帰る方も大勢いますが、まずはじめに外宮をお参りし、内宮へ行くのが古来からの習わしとされています。

これは、天照大御神が「豊受大御神から先に祭事をするように」と指示を出したからだといわれていますが、明確な理由はないそうです。

 

20140711145620

 

外宮と内宮、どちらか片方だけお参りするのは「片まいり」と呼ばれ、避けるべきことといわれています。

一般的に「お伊勢参り」といわれているものは、外宮と内宮の両方を参拝することをいいます。

 

外宮から内宮までの距離は約5.5kmあります。

途中におかげ横丁があるので、観光も兼ねてのんびりと歩いて行く人も多いのですが、徒歩だと寄り道せずに歩いても約1時間かかります。

徒歩のほか、バスやタクシー、自家用車などでの移動もできますが、その場合は10分~15分ほどかかります。

また、外宮前と内宮前のバス停からは10分~20分ごとにバスが出ており、大人片道440円、小児片道220円です。

 

o0500037512906228861

 

伊勢神宮は内宮と外宮だけではなく、摂社(せっしゃ)や別宮(べつぐう)などと呼ばれる宮社が125もあるそうです。

伊勢市だけではなく近隣の市郡に分布しているので、とても一日で参拝できるものではなく、一泊二日以上の時間が必要だと言われています。

すべてを参拝することはなかなか難しいことですが、伊勢神宮を参拝するときには内宮と外宮の両方を参拝できるようスケジュールを組むといいでしょう。

 

関連:三種の神器の意味とは?どこにあるの?祀られている場所とは?

関連:伊勢神宮と出雲大社の違いとは?遷宮って何?

 

-未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab