日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

3月2日はミニの日!その由来とは?各地のイベント情報

      2019/02/16

日本には、毎日なにかしらの記念日があります。

365日、閏年なら366日、ということは366個の記念日があるの?と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、同日に複数の記念日が重なることがあるため、記念日はかなりの数あるようです。

今回は3月2日の記念日である「ミニの日」について調べてみました!

スポンサードリンク

3月2日はミニの日!由来とは?

ミニの日が3月2日なのは「3(ミ)2(ニ)」という語呂合わせから来ています。

「ミニの日」のほかに「ミニチュアの日」と呼ぶこともあります。

小さいものやミニチュアを愛そうということで、車のMINIの輸入元であるBMW JAPANが平成13年(2001年)に制定しました。

 

MINIは、ドイツの自動車会社であるBMWが製造販売している自動車ですが、イギリスにルーツがあります。

1959年にイギリスのBMCという自動車会社が「オースチン・セブン」「モーリス・ミニ・マイナー」という名前で初代ミニを発売し、2000年まで、基本設計はそのままに世界中で販売されました。

1970年代にBMCの経営が難しくなり、1980年代にローバー社のブランドとなりますが、ローバー社の経営も不振となったため、1994年にBMWの傘下となり、2000年に、ミニだけを残してほかのブランドを売却してしまいます。

2001年にBMWから発売されたミニは、従来のデザインをモチーフとしていますが、これまでのMINIと差別化するために「BMW MINI」と呼ばれています。

「BMW MINI」は伝統的なデザインを踏襲しながら何度かモデルチェンジをし、日本でも多くの人に愛される車となっています。

ミニの日は、車のMINIだけではなく、小さいものやミニチュアと幅広いものが対象となっているため、SNS上では「ミニスカート」や「ミニチュアモデル」など小さいものの投稿で盛り上がるようですよ。

スポンサードリンク


各地のイベント情報

2019年はミニの日のイベントは特にありませんので、過去にどのようなものがあったのかご紹介します。

 
●ミニ舞踏会

東京湾アクアラインの海ほたるで、MINIの愛好者が集まり、大黒PAまで走行するイベントが毎年3月2日に開催されていました。
しかし、2014年の第9回が最後だったようです。

 
●ミニをデコって写真を撮るイベント

ミニの公式サイトでは、好きなミニの写真に、ミニに関連するデザインの様々なステッカーを貼ってカスタマイズするサービスをしており、ハッシュタグ #MINIDAY2018をつけてTwitterやinstagramに投稿すると、特設ページに表示されるようになります。

また、ミニの正規ディーラーでは、上記の投稿をすることでオリジナルステッカーがもらえます。

2019年は開催されていません。

 

車のMINIに関するイベントの他に、過去にはミニチュアの世界の展示会なども開催されていたそうですが、2019年の開催情報はありません。

 


 

街中で見かけるMINIは、小さくてかわいらしいですが、かわいいだけではありません。

MINIのことを「ミニ・クーパー」と呼ぶことをご存知ですか?

「クーパー」とは、「ジョン・クーパー」という人の名前で、彼は、1960年代にミニをレース界で幾度も優勝させ、一躍有名にさせた人なのだそうです。

かわいらしい見た目とは異なり、ミニは軽快なハンドリングでレース界で注目を集めており、現在も各地でミニのレースが行われています。

興味のある方は是非一度ご覧になってはいかがでしょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 3月, 未分類