日本語

日本の国名の読み方「ニホン」と「ニッポン」の由来とは?違いと使い分け

hata_kokki_flag_japan

私たちが暮らすこの国はもちろん「日本」です。

「日本」と書いて「ニホン」「ニッポン」の二通りの読み方がありますね。

どちらかが正しくて、どちらかが間違っているのでしょうか?

読み方によって何か違いがあるのでしょうか?

今回は「ニホン」と「ニッポン」の違いについて調べてみました。

 


ニホンとニッポンの由来

「日本」という国名が、いつから使われているのか、正式な由来などは不明です。

江戸時代の国学者である本居宣長(もとおりのりなが・1730年~1801年)が、「大化の改新(646年)の頃には、『日本』と書いて『ヒノモト』と読んでいたのではないか」という推測をしています。



本居宣長

本居宣長


しかし、いつから「ニホン・ニッポン」と読むようになったのか定かではありません。

奈良時代(710年~794年)ごろには「ニッポン」と読むようになったと考えられています。

 

室町時代(1336年~1573年)になると、場面に応じて「ニッポン」と「ニホン」を使い分けていたのではないかと推測されています。

 

安土桃山時代(1573年~1603年)にポルトガル人によってまとめられた「日葡辞書(にっぽじしょ)」には「日本」の読み方は「ニホン」「ニッポン」「ジッポン」と記されていました。

「ジッポン」は、昔の中国の漢音(かんおん)という読み方です。



マルコ・ポーロ

マルコ・ポーロ



マルコ・ポーロ(1254年~1324年)が「東方見聞録」の中で日本のことを「ジパング(Zipangu)」と紹介していますが、漢音の発音である「ジッポン」が由来となっているそうです。

「ジッポン」がいつごろから使われなくなったのかは定かではありませんが、「祝日(しゅくじつ)」「元日(がんじつ)」など「日」を「じつ」と読むのは、漢音の発音の名残だといわれています。

 

「ニホン」と「ニッポン」の違い

「ニホン」と「ニッポン」の違いですが、現在、「日本」と書いて「ニホン」と読むか「ニッポン」と読むか、法律では定められているわけではありません。

そのため、発音以外の明確な違いはありません。

 

昭和9年(1934年)に、文部省臨時国語調査会が正式な呼称を「ニッポン」に統一し、外国語表記も「Japan」ではなく「Nippon」にする「国号呼称統一案」を発表しましたが採択されず、現在に至っています。

 

「ニホン」と「ニッポン」の使い分け

日本政府は平成21年(2009年)に「ニホンとニッポン、どちらも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない」と閣議決定しており、正式な国の呼称は「ニホン」でも「ニッポン」でも正しいとしています。

 

日本放送協会(NHK)では、正式な国号として使う場合には「ニッポン」、そのほかの場合は「ニホン」と言ってもよいとしています。

 

このように正式な呼称が決まっていないため、「ニホン」と読む場合と「ニッポン」と読む場合があります。

以下、その例を紹介します。

 

「ニッポン」と読む例

大阪の「日本橋(にっぽんばし)」

日本維新の会(にっぽんいしんのかい)

日本体育大学(にっぽんたいいくだいがく)

全日本空輸(ぜんにっぽんくうゆ)

日本郵船(にっぽんゆうせん)

日本武道館(にっぽんぶどうかん)

日本銀行(にっぽんぎんこう)

日本ハム(にっぽんはむ)

 

「ニホン」と読む例

東京の「日本橋(にほんばし)」

日本共産党(にほんきょうさんとう)

日本大学(にほんだいがく)

日本航空(にほんこうくう)

JR西日本(JRにしにほん)

JR東日本(JRひがしにほん)

日本IBM(にほんIBM)

日本サッカー協会(にほんサッカーきょうかい)

 

nihonchizu
 

「日本」の読み方に決まりがないということがわかりましたね。

「ニホン」と「ニッポン」どちらも正しいので、名称の場合は間違わずに読めるようにしましょう。

民放テレビ局の「日本テレビ(にほんてれび)」の正式名称は「日本テレビ放送網(にっぽんてれびほうそうもう)」で、「ニホン」と「ニッポン」を両方使っているところもありますので注意が必要です。

 

関連:日本はなぜ日本という国名になったの?なぜ英語でJAPANなの?その由来とは?

関連:日の丸の由来とは?赤と白の意味とは?日本の国旗になったのはいつ?

 

-日本語