日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

接頭語の「お」と「ご」違いとは?「お」と「ご」の使い分けについて

      2018/10/07

「話」よりも「お話」、「連絡」よりも「ご連絡」と言う方が丁寧に聞こえますよね。

また敬語を使う時には「お」「ご」を最初につけることが多いのですが、「お」と「ご」の違いとはなんなのでしょうか?

上手に使い分けないと、とてもおかしな言葉遣いになってしまうのですが、みなさんは正しい使い方をご存知ですか?

今回は接頭語の「お」と「ご」について調べてみました!

 

スポンサードリンク

接頭語の「お」と「ご」違いとは?

接頭語(せっとうご)とは、単独では用いることができず、常にほかの語の上について、その語とともに一語を形成するものです。

「お」と「ご」は漢字で両方とも「御」と書き、漢字でもひらがなでも間違いではありません。

接頭語の「お」と「ご」の違いは、「お」は和語の頭に付け、「ご」は漢語の頭につけるということです。

例外はあるものの基本的には、訓読みする語は和語、音読みする語は漢語です。


和語と漢語とは?

和語とは、「大和言葉(やまとことば)」ともいわれ、もともと日本で使われていた言葉です。

漢字の訓読みや、ひらがなで表されることが多く、日常使われる言葉の多くは和語だといわれています。

和語は「木(き)」「川(かわ)」「山(やま)」「海(うみ)」「見る(みる)」「聞く(きく)」「金(かね)」「酒(さけ)」などがあります。

 

漢語とは、中国から入ってきた言葉です。

中国からはいってきた言葉は音読みされることが多く、「生活(せいかつ)」「注意(ちゅうい)」「自然(しぜん)」「説明(せつめい)」などがあります。

 

和語だから、漢語だからと、すべての言葉に「お」や「ご」がつけられるわけではなく、自然現象や動植物、外来語、公共物などには「お」や「ご」はつけません。

 

スポンサードリンク


「お」と「ご」の使い分けについて

■「お」+「和語」は以下のようなものがあります。

お話

・お山

・お車

・お手紙

・お知らせ

・お断り

・お金

・お酒  など

 

■「ご」+「漢語」は以下のようなものがあります。

・ご注意

・ご説明

・ご連絡

・ご通知

・ご住所

・ご意見

・ご利用

・ご計画  など

 

■例外ですが、「お」+「漢語」、「ご」+「和語」は以下のようなものがあります。

・お野菜

・お化粧

・お食事

・お礼状

・お名刺

・お時間

・ごゆっくり

・ご親切

・ご入用  など

 

■「お」と「ご」どちらも使えるものは以下のようなものがあります。

・お返事、ご返事

・お誕生、ご誕生

・お利息、ご利息

・お会計、ご会計  など


尊敬語、謙譲語、美化語

和語と漢語に「お」や「ご」をつけることによって多くの場合、尊敬語や謙譲語、美化語などの敬語になります。


■尊敬語の例

「お」や「ご」をつけることで、相手の行為を高め敬意を表す尊敬語になります。

・お心遣い

・お気持ち

・ご教示

・ご連絡

・ご意見  など


■謙譲語の例

「お」や「ご」をつけることで、自分の行為をへりくだって相手を立てる謙譲語にります。

・お届け

・お伝え

・ご進言

・ご相談  など

 
■美化語の例

「お」や「ご」をつけることで、丁寧で上品な美しい表現する美化語になります。

・お買い物

・お天気

・お料理

・お皿

・お茶碗

・ご飯

・ご本  など

 

 

「お」と「ご」の違いや使い分けがわかりましたか?

本来は「お」や「ご」の接頭語が付いていなかった語なのに、「おはよう」や「ごめんなさい」のように、慣例として接頭語が定着し、今となっては接頭語がつかないと成り立たない語もあります。

接頭語を使いすぎると大げさになるし、使わなすぎると乱暴な話し方になるし、例外もあるので、完璧に使いこなすことはとても大変なことかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類