未分類

葬儀でのお布施の渡し方のタイミングやマナー、書き方や金額について



osouhiski_iei

仏式の葬儀では、僧侶に読経をあげてもらって供養しますね。

その際に、お寺(僧侶)にお渡しする謝礼を「お布施」と言います。

お布施は、読経だけでなく、通夜、葬儀・告別式などの、一連の儀式でお世話になったことへのお礼として支払います。

さて、このお布施ですが、僧侶にいつ、どのようなタイミングでお渡しすればよいのか、迷われる方も多いことでしょう。今回は、お布施の渡し方についてご紹介します。

 


お布施はいつ渡せばいいの?

お布施を渡すタイミングに関しては、特に決まりはありません。

nagare5_1

 

葬儀の始まる前に、僧侶が到着して挨拶する時に渡しても構いませんし、もしも、参列者の対応で忙しくて、葬儀前にお渡しできない場合は、葬儀後に僧侶にお礼を伝える際にお支払いします。

僧侶が、葬儀終了後の会食に同席して下さる場合は、献杯のすぐ後や会食の後にお渡しします。

 

渡し方にマナーはあるの?

お布施は、直接手渡しするものではありません。「切手盆」と呼ばれるお盆にお布施を載せて差し出すのが正式な渡し方です。

切手盆がなければ小さめのお盆で代用しても構いません。

自宅ではなく、葬儀場で葬儀を行う場合でも、スタッフに頼めばお盆を貸してもらうことができます。

+kitebon2

 

また、お布施を「袱紗(ふくさ)」の上に置いて僧侶にお渡しする方法もあります。

10037332

 

いずれの場合でも、お布施を渡す際は、お布施が僧侶から見て正面の向きになるように、上下逆向きにします。

そして、葬儀の前であれば「本日はよろしくお願い致します」、葬儀後であれば「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きまして、ありがとうございました。」など、一言添えてお渡しするようにしましょう。

 


お布施の書き方のポイントは?

お布施の袋(不祝儀袋)は、白無地か、もしくは白い封筒を使用します。

表書きは、仏式の葬儀であれば、「お布施」「御布施」「 御礼」「読経料」などと書き、その下に喪主のフルネームを書きます。

袋の表側に「〇〇家」と施主の姓のみを書く場合は、裏側にフルネームを書きます。

あまり面識がない僧侶に葬儀を執り行ってもらう場合は、裏側に住所・電話番号を記入しましょう。

お包みする金額は記入しません

 

1354060556068796800

 

なお、ご香典の袋の表書きには、皆さんもよくご存知の通り、薄墨が用いられますね。

これには、「悲しすぎて、硯に涙が落ちてしまい、墨が薄くなってしまった」「突然の不幸で、悲しみのあまり墨を磨る手に力が入らない」といった意味が込められています。

しかし、僧侶へお包みするお布施の場合は、薄墨ではなく、濃い墨、黒い墨で書くのがマナーですので注意しましょう。

お布施にお包みする金額に関しては、地域によっても違いますし、宗派や読経時間によっても異なります。そのため、いくらお包みすればよいのか分からないという場合は、葬儀社に尋ねてみるとよいでしょう。または、お布施の相場に詳しい人に相談したり、直接僧侶に尋ねても失礼にはあたりませんよ。

 

-未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab