日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「姉妹都市」「姉妹店」「姉妹校」はなぜ兄弟ではないの?

      2019/02/09


姉妹という言葉にはもちろん、女のきょうだいという意味があります。

「姉妹都市」や「姉妹店」、「姉妹校」、「姉妹車」などに姉妹が用いられていますが、でも、なぜ兄弟ではなく姉妹なのか不思議に思ったことはありませんか?今回はその理由を調べてみました。


姉妹都市が姉妹だった理由

一番初めに姉妹都市という言葉を使ったのは1956年(昭和31年)アメリカ大統領アイゼンハワー氏ではないかと言われています。

「市民と市民のプログラム」を提唱し、国家の間で摩擦は市民レベルで相互理解を深めることで衝突は回避できるという理念のもと、姉妹都市の間では様々な交流が行われてきました。

米英語表記でも姉妹都市はsister cityです。その流れを汲んで日本語でも姉妹都市と呼ぶようになったのではないかと言われています。

 
●cityが女性名詞だったため

ではなぜ、「兄弟都市(brother city)」ではなく「姉妹都市(sister city)」だったのでしょうか。

フランス語・イタリア語・スペイン語など、外国語によっては名詞が男性名詞・女性名詞と決められています。名詞の性がどれかによって、名詞の前につける冠詞(英語であればtheやa/anなど)が異なるなど文章が変化するので、名詞の性は重要です。

日本語同様、英語にも名詞に性はありません。しかし、英語のもとになっているのはラテン語です。

現在でも英語の語源をたどると、ラテン語に由来しているものが大半で、文法にも多くの影響が残っています。

例えば、ship(船),country(国),moon(月)などの代表的な女性名詞は、sheと呼ばれることも多いです(男女平等が意識される近年ではitに置き換えられることも多くなってきたようです)。

ラテン語の名詞にも性があり、cityはラテン語で女性名詞なので兄弟ではなく姉妹にしたのではないかと言われています。

同じ名詞でも言語によって性別は異なります。例えばロシアの場合、都市という名詞は男性名詞であったため、姉妹都市とは言わず兄弟都市と呼ばれています。

また、名詞に性がない言語を母国語とする国では双子都市と呼んでいる国もあります。

 
●日本ではあえて姉妹と呼ばないこともある

姉妹都市は日本語の別の言い方で友好都市、親善都市と呼ばれることがあります。

英語で書くとsisterは姉(old sister)、妹(young sister)両方の意味で使用できますが、漢字表記だとはっきりと年上年下の上下関係がわかります。上下関係を作らないために漢字を使う国同士では友好都市・親善都市と呼ばれています。


姉妹店や姉妹校が姉妹であった理由

姉妹都市はアメリカ大統領の発案ですが、姉妹店や姉妹校という言葉がいつから使われているのか、外国の起源なのかは定かではありません。

しかし昔から女性は、子どもを産み育てるため繁栄や発展の象徴とされています。そのため、お店や学校の繁栄や発展を願って姉妹を付けたのではないかという説があります。

他にも日本語に多大な影響を与えた漢文では、何かを例える時に男性・女性を使っています。漢文の文法では人に関する例えには男性の父や兄弟などを使い、物に関する例えには女性の母や姉妹などを使います。母国や処女作などは女性を用いて例えていますよね。このようにお店や学校は物なので女性に例えられている、という説もあります。

 


 

「姉妹都市」や「姉妹店」に姉妹が使われている理由がわかりましたね。

普段何気なく使っている言葉も掘り下げてみると、意外な発見があります。また、日本人にはあまりなじみのない女性名詞・男性名詞という言葉の概念が、外国語では名詞や文法に大きな影響を与えているのですね。



 - 未分類