日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

体育の日が「スポーツの日」になるのはいつ?名称変更されるのはなぜ?

      2019/10/18

10月に「体育の日」という国民の祝日があります。

秋晴れの中、小学校や中学校の運動会をやったよ!という思い出がある人も少なくないと思います。

私たちが慣れ親しんだ「体育の日」ですが、「スポーツの日」と名称が変更されるのをご存知ですか?

 


体育の日とは?

昭和38年(1964年)10月10日に東京オリンピック開会式が行われたことから、「スポーツにしたしみ健康な心身をつちかう」ことを目的に、昭和40年(1966年)から10月10日が「体育の日」という国民の祝日になりました。

その後、ハッピーマンデー制度が導入されらことによって、体育の日は平成12年(2000年)から10月の第二月曜日になりました。

 

体育の日が「スポーツの日」に名称変更されるのはなぜ?「スポーツの日」になるのはいつ?

平成29年(2017年)ごろから、スポーツ議員連盟が「体育の日からスポーツの日に名称を変更しよう」と活動を始めました。

「体育」とは体を成長、発達させるための教育であり、そのための技術や知識を習得させる強化という教育的な意味合いが強かったため、純粋に運動を楽しむことを表現するために世界的に使われている「スポーツ」という言葉に変更することが目的です。

平成30年(2018年)6月の衆議院本会議で、令和2年(2020年)から「体育の日」を「スポーツの日」という名称を変更するという改正法案が可決されました。

 


2020年のみ移動する祝日と移動日はいつ?

令和2年(2020年)の夏は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されますね。

このことに伴い、3つの祝日がこの年に限り移動することが決まっています。

 

開会式や閉会式には、世界各国の要人が参加するため、警護が厳重になります。

警護をスムーズに行うために、開会式や閉会式前後に祝日を移動させ、通勤通学を無くして交通機関の混雑を緩和させるのが目的といわれています。

 


 

移動する祝日と日付は以下の通りです。


●海の日(7月第3月曜日)

本来なら、2020年7月20日(月)ですが、東京オリンピック開会式前日の7月23日(木)へ移動します。


●スポーツの日(10月第2月曜日)

本来なら、2020年10月12日(月)ですが、東京オリンピック開会式当日の7月24日(金)へ移動します。


●山の日(8月11日)

本来なら、2020年8月11日(火)ですが、東京オリンピック閉会式翌日の8月10日(月)へ移動します。

 

この3つの祝日は令和3年(2021年)には元の日付に戻ります。

 

 

2019年は名称変更前で祝日の移動もありませんから10月第2月曜日(10月14日)が「体育の日」です。

ということで、2019年が最後の「体育の日」ということになりますね。

2020年は名称変更をして初めての「スポーツの日」になりますし、祝日が移動して東京オリンピックの開会式の当日になりますので、日本中で盛り上がりたいですね!

 

関連:体育の日の意味と由来とは?2019年はいつ?イベント情報

関連:「ハッピーマンデー」「 振替休日」「国民の休日」の違いと意味とは?

 



 - 7月