日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

印鑑とはんこ、実印と認印と三文判、押印と捺印の違いって何?

   

hanko_natsuin日常のさまざまな場面で必要となってくる印鑑。

家や車など、大きな買い物をするときや、宅配の荷物を受け取る時などにも使いますが・・・印鑑、はんこ、実印、認印、三文判、押印、捺印なんだかいろいろあって混乱しませんか?

今回は、私たちが普段使っている印鑑・はんこについて調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


印鑑の由来とは?

 印鑑の起源は、今から5000年以上前のメソポタミア地方にあるといわれています。

当時は身分の高い人や権力のある人だけが使用していました。

日本での印鑑がいつごろからあるのか定かではありませんが、現存する日本最古のものは国宝でもある「漢委奴国王」の金印です。

0529-05

これは現在の福岡県福岡市で発見されたもので、後漢(現在の中国・25年~220年)光武帝が中元2年(57年)に金印を受けたという記録が「後漢書」に残っています。

個人の印として印鑑が定着したのは平安時代(794年~1185年)から鎌倉時代(1185年~1333年)ごろといわれています。


印鑑とはんこの違いとは?

 印鑑は、紙や書類に残る文字や絵のことをいい、印影と呼ばれるものと同じことです。

はんこは、個人や組織を証明する印のことで、切り口が円形、楕円形、角型などさまざまで、そこに名前や絵が彫られています。

わかりやすくいうと、本体を「はんこ」といい、はんこを使って紙や書類に残した文字や絵を「印鑑」というのです。

宅配の荷物を受け取る時に持っていくのが「はんこ」で、受取書に残った自分の名前が「印鑑」ということですね。

  

スポンサードリンク


実印と認印と三文判の違いとは?

 実印とは、市区町村の役所で登録した印鑑のことをいいます。

登録の条件は市区町村によって少し異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

「摩耗したり欠けたりしていないもの」

「他人が登録していないもの」

「浸透印(シャチハタなど)はインクが経年劣化する可能性があるので不可」

「戸籍上の姓名のどちらか、または両方が彫られているもの」など

 

条件をクリアして登録ができれば、その時点からそれは実印という扱いになります。

また、ひとりひとつしか登録することができません。

実印として登録すると「印鑑証明書」を発行することができます。

印鑑証明書とはその人が登録した印鑑であることを証明する書類のことです。

hanko01_28

認印とは、実印以外の印鑑をいいます。

読んで字のごとく「認めましたよ」という印でもあるので、荷物の受け取りや、書類を確認したときなど、日常的に使用頻度の高いものです。

実印とは違い、ひとり何個でも持つことができます。

 

三文判とは、安く売られているはんこの総称で、一般的に認印として利用されているはんこ。但し、印鑑登録をすれば実印として使用することも可能。


押印と捺印の違いとは?

どちらも「印を押すこと」を意味し、違いはありません。

意味に違いはありませんが、場面によって言葉の使い分けをしているようです。

「署名捺印(しょめいなついん)」と「記名押印(きめいおういん)」という言葉があります。

「署名」するときは「捺印」、「記名」するときは「押印」を使うのですが、なぜこのような使い分けになっているのかは定かではありません。

 

「署名」とは、本人が自筆で住所氏名などを手書きすることをいい、「記名」とは、署名以外の方法(代筆、印刷、ゴム印など)をいいます。

法律的には「署名捺印」のときに「署名だけ」でも契約は有効に成立しますが、「記名押印」のときに「押印がない」場合は成立しません。

「署名」はいわゆる「サイン」です。筆跡鑑定などで本人であることを確認することができるので、「署名押印」で署名だけでも契約が成立するのですね。

 印鑑証明を必要とする契約には実印を、そうではない契約には認印を、場面に応じて使い分けましょう。

20140821153441

それぞれの違いがわかりましたね。

はんこを複数持つのが面倒ということで、実印と認印をおなじはんこにしている人が時々いますが、悪用されかねないのでとても危険なことです。

実印を使う場面と言うのは、重要な契約の場面がほとんどですから、悪用されたら大変なことになりかねません。

認印はスーパーや100円均一などで売られているはんこでもいいですが、実印は世界にひとつだけのものを作ると安心ですね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類