日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「道の日」2016年はいつ?由来やキャラクターとは?イベント情報

   

819476e3a55b-2a82-47b4-9cef-0f5a36131a84_m

「道の日」というのがあるのをご存知でしょうか?

日本では、365日毎日なんらかの記念日が設けられています。

海の日(7月の第3月曜日)や、山の日(毎年8月11日)のような国民の祝日のほかに、企業や団体が独自に制定した記念日も多くあり、「道の日」は国土交通省が制定しました。

「道」は私たちの生活には欠かせませんが、「道の日」を知らない方はたくさんいらっしゃると思います。

今回は、道の日についていろいろ調べてみましょう。

 

スポンサードリンク


2016年はいつ?

 道の日は、毎年8月10日です。

2016年8月10日は水曜日ですね。


道の日の由来は?

mark

 道路は国民生活に欠かせない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のためその重要性が見過ごされがちです。

そこで、道路の意義・重要性に対する国民の関心を高めるため、昭和61年(1986年)に建設省(現在の国土交通省)が8月10日に制定しました。

 大正9年(1920年)8月10日は日本で最初の道路整備についての長期計画である「第一字道路改良計画」が実施された日であり、8月は「道路ふれあい月間」なのでその期間中でもあることから、8月10日を「道の日」として制定しました。

   

スポンサードリンク


キャラクターはいるの?

 bl-o225c2

「道の日」が制定されたとき、「こっちだヨウ平」というハンミョウをモチーフにしたキャラクターも制定されました。

ハンミョウは昆虫で、「こっちだヨウ平」の見た目はバッタやアリのようです。

最初のころはポスターや看板などにも頻繁に登場していたようですが、その見た目からかあまり評判が良くなく、次第に登場しなくなったといわれています。


各地のイベント情報

 「道の日」は8月10日ですが、この日だけではなく「道路ふれあい月間」である8月中に、道路に関するさまざまなイベントが開催されています。

そのうちのいくつかを紹介しますね。


・NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社東京支社)

「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」

親子を対象に、建設現場見学や高速道路で働くクルマの見学、乗車体験など「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」を全6地区で開催

参加費用無料、事前応募で応募者多数の場合は抽選

・横浜市都筑区

道の日イベント~道路の上で暑さを吹き飛ばそう!~

リンク先は2015年の様子ですが、2016年は8月10日(水)に、センター南駅前広場にて縁日が開催されます。

同時に、道路の役割をわかりやすく説明するパネル展示や、横浜ご当地ヒーローによる「道の日ショー」なども楽しめます。

・大分県

道路清掃作業ボランティア募集中

作業日時:平成28年8月5日(金)午前9時より1時間程度

(ボランティア申込期限は7月29日午後5時まで)

kensetu2

 「道の日」は国民の祝日ではないので知名度も低いかもしれません。

ですが、私たちの生活に道路は欠かせませんよね。

「道の日」「道路ふれあい月間」のイベントは、道路の清掃作業が多いようです。

生活に欠かせないものなのに、そこにゴミを捨てる人が多いせいでしょうか。

普段は当たり前すぎて考えたこともなかった「道」のことを、考えるきっかけになればいいですね。

  

スポンサードリンク

 - 8月