日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

お年玉の由来とは?相場は?税金がかかるって本当?

   


otoshidama

子供にとってお正月はおせち料理を食べたり初詣に行ったり、普段とは違うちょっとワクワクする行事だと思います。

久しぶりに会う親戚の人も居て賑やかな中、大きくなってくると毎年楽しみにしているものがあります。「お年玉」です。

普段貰うおこづかいとは別にお正月になると貰える特別なものですが、どういった経緯で始まったものなのでしょうか。

スポンサードリンク


お年玉の由来

現在のお年玉と言えば、ポチ袋に入れて現金を貰うといった形ですが、元々のお年玉はお金ではありませんでした。

毎年お正月には各家庭に年神様が訪れて、鏡餅に宿ると言われています。そんな神様が宿った鏡餅には特別な力があると言われ、その餅玉が年神様の魂であるとされ「年魂(としだま)」と言われていました。

free-illustration-kagamimoti-hand-drawn

その餅玉をいただく(食べる)事でその年の魂をいただく(年を重なる事が出来る)と考えられていた為、お正月には家の家長が家族にその餅玉を「御年魂」「御年玉」として与えていたのが始まりです。」

これがその後「目上」の人から「目下」の人へ贈り物をする流れになり、次第に「大人」から「子供」へお金をあげるお年玉へと変化していったようです。


ポチ袋と金額の相場

最近では小さいものからお札が入るサイズまで多種多様なポチ袋がありますが、なぜこの袋の名前は「ポチ袋」と言うのでしょうか。

発祥は関西と言われていて、関西の方言で「ポチ」という言葉は「心づけ」や「祝儀」という意味があり、元々は舞子さんに与えられていた祝儀袋だったそうです。

また「これっぽっちですが」という言葉から、少ないですが・・・という謙虚な気持ちで渡していたのが始まりとも言われています。

otoshidama-souba

さて、ポチ袋に入れて渡す金額ですが現在の相場はどのくらいになっているのでしょうか。

あくまで一例ですが小学生以下(1,000~2,000円)、小学生(1,000円~5,000円)、中学生(3,000円~5,000円)、高校生(5,000円~10,000円)くらいとなっているようです。

やはり年齢ごとに金額が上がっていくようですね。

中には小学生以下にはお年「玉」という意味を込めて500円玉をあげるという人や、一律で統一しているという家庭もあるようです。子供の人数や年齢によっても用意するのが大変な場合もありますので、親族内で相談して相場を決めてみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク


お年玉に税金がかかる?

さて、楽しい気持ちで貰ったお年玉ですが中にはこの時期だけでかなりの金額を稼ぐお子さんもいるようです。子供はうれしく大人にとっても喜ぶ姿を見る事が出来るお年玉ですが、お金を貰うという事はお年玉に対して「税金」は発生するのでしょうか。

この場合発生する税金は、他人から無償でお金を貰うという「贈与税」が該当します。

この贈与税は1年間に貰う合計金額が110万円以上の場合に発生します。つまり110万円以下であれば税金はかからないという事です。

よほどの大金を貰わない限りはお年玉への税金の心配はしなくてもよさそうですね。

403

小さい頃は貴重な収入源でもあるお年玉、毎年貰ったお年玉で何を買おうか考えて心を躍らせたものです。大人になってあげる立場になった時には、ちょっと苦しくても自分が貰った時の喜びを思い出し、子供たちの喜ぶ姿を見る為に奮発してあげたいですね。

スポンサードリンク

 - 1月, 冬の行事