日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

雛人形の三人官女の意味や違い、役割とは?持ち物や道具の並び順、飾り方

      2017/05/18

hinamatsuri_sanninkanjo

みなさんのお家にある雛人形は、どういうタイプのものですか?

昨今の住宅事情で、一段飾り、二段飾りでお内裏様とお雛様だけのコンパクトなものが多くなっているようですが、五段飾り、七段飾りと、段数が増えればそれだけお道具も増えますし、人形も増えますね。

お内裏様とお雛様以外のお人形・・・今回は、三人官女についていろいろ調べてみましょう。

スポンサードリンク


ひな人形の三人官女の意味や違い、役割とは?

読み方は「さんにんかんじょ」です。

「官女(かんじょ)」とは、男子禁制とされる後宮(こうきゅう・皇后や妃が住む場所)での生活管理や雑務を行う女性のことで「女官(じょかん)」ともいいます。

礼儀作法や楽器の演奏、歌などを教える立場でもあり、多彩な才能を持つ女性たちです。

ひな人形は、お内裏様とお雛様の結婚式です。

三人官女はお雛様が幼いころから身のまわりのお世話をしており、お雛様が嫁ぐときにも一緒にやってきて、結婚式ではお内裏様とお雛様をサポートする役割、お祝いのお酒を注ぐ役割があります。

13kyu-1213_4

雛人形の三人官女は、両端の人形に比べると中央の人形は少し違うように見えませんか?

これは、中央の人形は既婚女性であることを表しています。

昔は、結婚をすると眉を剃り、お歯黒をつける習慣があり、三人の中で一番年上ではないかといわれています。

スポンサードリンク


持ち物や道具の意味と並び順、飾り方は?

三人官女は、お内裏様とお雛様のすぐ下の段(上から二段目)に飾ります。

雛人形によっては、三人官女のうち一人が座っていて二人が立っている場合と、一人が立っていて二人が座っている場合がありますが、一人だけ違う姿をしているものを中央に置きます。

三人とも立っているものもあるようですが、中央は既婚者(人形によっては眉を剃っている、お歯黒をしているものもあります。)と覚えておきましょう。

3_kanjyo_up

両端は、立っている場合は左右どちらかの足が前に出ていることもありますので、右足が出ている人形は向かって左側へ、左足が出ている人形は向かって右側へというふうに、外側の足が前に出るように置き、座っている場合は二人が中央を少しだけ向くように置きます。


●長柄(ながえ)を持つ人形

2_3_a

長い柄が付いており、盃にお酒を注ぐ道具です。

飾る場所は向かって右側。

立っている人形の場合は、左足が前に出ています。

注ぎ口のある方が内側(人形の右手側)にくるように両手で持たせます。


●島台(しまだい)/三方(さんぽう)を持つ人形

kantool

島台には祝儀の飾り、

三方には盃が乗っています。

三方ではなく盃だけの場合もあります。

飾る場所は中央

両手に乗せるように持たせます。


●提子(ひさげ)を持つ人形

2_2_a

鍋とよく似た形の金属製の器で、長柄に注ぎ足すお酒が入っています。

飾る場所は向かって左側

立っている人形の場合は、右足が前に出ています。

右手の手のひらが提子を持ちやすいように上を向いているので、そこに提子のつるを引っ掛けます。

058255

三人官女がどういうものなのかわかりましたね。

お雛様が小さい頃から、歌や楽器、礼儀作法などを厳しく教えていたのかもしれませんね。

自分たちがずっと見守っていたお雛様の結婚式で、もしかしたら泣いてしまったりするのでしょうか?

表情の変わらないお人形ではありますが、三人官女とお雛様がどういう暮らしをしていたのか、どういう気持ちで結婚式の場にいるのか、いろいろ想像してみると楽しいですね。

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 3月