日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「小満」「芒種」の意味とは?2016年はいつ?食べ物はなに?

   

3a32de67003de8f6d3fedffdba0594ef_s

日本には季節や時期を表す言葉がたくさんあり、小満(しょうまん)芒種(ぼうしゅ)もそのひとつです。

文字だけではいつ頃のことなのかわかりませんが、新緑の美しい季節に小満を、もうすぐ梅雨入りするのかな?という頃に芒種を迎えます。

それぞれに意味がありますので、行事食なども一緒に調べてみましょう。

 

スポンサードリンク


小満の意味とは?

 小満は二十四節気(にじゅうしせっき・一年間を24等分したもの)のひとつで、「麦の穂が実り少し満ちてきた」という意味や「陽気が良くなり万物が次第に成長し満ちる」という意味があります。

また、秋に種を蒔いた麦の穂が育ち一安心(小さな満足)することから「小満」という名がついたという説もあります。


芒種の意味とは?

 芒種も二十四節気のひとつで、「芒」とは、「のぎ」とも言って稲穂などの穀に付いている刺状のもののことを言います。従って芒種とは稲(米)の種を指していて、入梅も近いこの時期に稲の種蒔きをする季節であるという意味があります。

沖縄県では小満から芒種が梅雨の時期に当たり、沖縄方言で梅雨のことを「小満芒種(すーまんぼーすー)」と言うそうです。


2016年はいつ?

86c236ce6c7cdc589707ecd54914bc8a_s

 小満も芒種も、二十四節気のひとつです。

二十四節気は太陽の動きを基準に決められるため、毎年同じ日に当たるわけではなく、1日や2日のずれが生じます。

 関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方

5月21日ごろが小満で、この日だけを指すこともあれば期間を指す場合もあります。

期間は5月21日ごろから6月6日ごろまでになります。

2016年は、日にちだけの場合は5月20日で、期間は5月20日から6月4日までです。

6月6日ごろが芒種で、こちらも小満と同じく期間を指す場合もあります。

期間は6月6日ごろから6月22日ごろまでになります。

2016年は、日にちだけの場合は6月5日で、期間は6月5日から6月21日までです。

  

スポンサードリンク


食べ物はなに?

 小満と芒種に、行事食(季節ごとの食事や、行事のための特別な食事のこと)は特にないようです。

しかし、旬の食べ物を食べることで季節を感じることができますね。


小満に旬を迎える食べ物は・・・

・麦

・アスパラガス

・グリーンピース

・明日葉

・枇杷

・ソラマメ

・じゃがいも

・ぜんまい

・紫蘇

・鯵

・鱚

・きびなご

・鰹

・ウニ などなど


芒種に旬を迎える食べ物は・・・

・いんげん

・らっきょう

・明日葉

・トマト

・にんにく

・梅

・あんず

・枝豆

・ピーマン

・アオリイカ

・鯵

・鰹

・きびなご

・ウニ などなど

   d7d16096d5512a6d5f509459277cdda7_s

春が終わり、夏を迎えるころに訪れるのが、小満と芒種なのですね。

行事食はありませんが、旬を迎える食材を使って食卓で季節を感じるといいでしょう。

ただ、この時期は湿気が多くなり、食中毒の心配が出てくるころです。

旬の食材を美味しくいただくためにも、食中毒の予防をしっかりしましょう!

 

スポンサードリンク

 - 5月, 6月