日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

お正月にすごろくをする意味とは?名前の由来と語源、遊び方とルール説明

      2017/12/09

お正月には親戚のみんなでわいわい遊んだ「すごろく」

シンプルなルールなので、小さなお子さんからお年寄りまで、みんなで楽しむことが出来ますよね。

今回は、すごろくについていろいろ調べてみました。

 

スポンサードリンク

すごろくの名前の由来と語源とは?

すごろくは、漢字では「双六」と書きます。

すごろくはさいころを2個振り、出た目で駒を進めゴールを競うゲームなので、二つのさいころが6を出すのが一番大きな数になります。

そのため「双方が六になる」という意味で「双六」という字が当てられたと言われています。

また、中国のすごろくの「雙陸(そうりく)」が語源で、日本に伝わってきたときには「すぐろく」と読んでいたのが後に「すごろく」になったという説があります。


すごろくの起源と歴史とは?

すごろくは、世界中で昔から存在していると考えられており、「盤双六(ばんすごろく)」「絵双六(えすごろく)」があります。


 

盤双六は、バックギャモンともいわれており、二人で遊ぶもので白黒の石を駒として、敵陣に早く攻め入ることを競います。

盤双六の起源は定かではありませんが、古代エジプトやローマ帝国といわれており、それが中国へ伝わり、中国から日本に伝わったと考えられています。

日本には7世紀ごろには伝わったといわれていますが、最古の盤双六の記録は、1474年の山科言国(やましなときくに)の日記です。

盤双六は次第に賭け事に使われるようになり、度々禁止令が出された記録が残っており、江戸時代(1603年~1868年)になると廃れていったそうです。

 


 

絵双六は、1つのさいころを振って、出た目の数だけ絵を描いた紙の上でコマを進め、ゴールを目指すものです。

絵双六は日本独自のものといわれており、現在のすごろくは絵双六のことを指しています。

絵双六は盤双六の影響を受けて作られたと考えられており、江戸時代に流行しました。

江戸時代中期には、旅の道順通りに進めていく「道中双六(どうちゅうすごろく)」が作られ、庶民の旅への関心が高まったそうです。

明治時代(1868年~1912年)以降は、文明開化や富国強兵をテーマにしたものが作られ、児童雑誌の付録などにもなっていました。

戦後、子どもたちの遊びが多様化したことや、生活環境が変化したことですごろくは衰退したといわれていますが、現在は「人生ゲーム」のようなルーレットを回して進めるボードゲームや「桃太郎電鉄」のような携帯ゲーム機やテレビゲームもあり、これらは、絵双六が進化したものと考えることができます。

 

 

お正月にすごろくをするのはなぜ?

お正月にすごろくをするのは「その年の運試し」のためといわれています。

江戸時代に流行した絵双六には、極楽浄土への道筋を表したものや、出世していく様子を表したものなどがありました。

誰が一番初めに極楽浄土へ辿り着けるのか、誰が一番出世していくのかを競い、勝敗をつけることでその年の運試しをしていたのですね。

また、ルールがシンプルなので小さな子どもからお年寄りまで楽しめるということで、お正月に集まった親戚で盛り上がる正月遊びの定番となったようです。

 

スポンサードリンク


すごろくの遊び方とルール説明

すごろくは、2人以上で遊びます。

準備するものは、さいころ、駒、マス目が書かれたさいころシートです。

さいころの数は、基本的には1つですが複数使って遊ぶこともできます。

 

遊び方とルールは・・・

・じゃんけんでさいころを振る順番を決める。

・さいころを振って出た目の数だけ駒を進める。

・止まったマスに書かれている指示に従う。

・「ふりだしに戻る」は「スタート地点に戻る」ということです。「ふりだし」とは「最初」「物事の始まり」という意味があります。

・「一回休み」に止まった場合はさいころを振る順番が回ってきても、一回だけお休みをして振ることができません。

・最初に決めた順番通りに同じことを繰り返し、最初にゴールした人が勝ち

・上がり(ゴール)のマスにぴったり止まれない目を出してもそのまま上がりという場合や、余分な目の数だけ上がりから引き返すというルールもあります。


すごろくを英語で何て言う?

私たちが馴染み深いすごろくは、絵双六というもので日本独自のものです。

英語圏では盤双六(バックギャモン:backgammon)が現在もありますので、日本のすごろくは英語で「sugoroku」として通用するようです。

 

「ふりだしに戻る」は英語でいくつか言い方があります。

・back to the drawing board(最初からやりなおす)

・back to square one(1マス目に戻る)

・back to the start(スタート地点に戻る)

 

「上がり」は「finish(終わる)」です。

 

「一回休み」は「lose one turn(1回自分の番を失う)」です。

 

 

すごろくは、誰が最初にゴールするかを競うのも楽しいのですが、マス目に書かれた指示に従うのもゲームが盛り上がる理由のひとつですよね。

ゴール間近なのに「ふりだしに戻る」と書かれているマスがあったり、さいころを振って出す目が1や2ばかりなのに、マス目に「10マス進む」と書かれてあったり。

誰が勝つのか最後までわからないのでワクワクしますよね!

携帯ゲーム機やテレビゲームも楽しいですが、お正月は昔ながらのすごろくで家族みんなで盛り上がってみませんか?

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類