日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

寿司の起源と歴史について。寿司用語でガレージって何?

   

nigirizushi_moriawase

日本食といえば今や世界で人気ですが、その中でも寿司は最も人気があり、日本食の代名詞と言っていいでしょう。

日本で生まれた寿司が、SUSHIとして世界の共通語になるほど浸透しています。

そんな日本のみならず世界でも人気の寿司の起源や歴史。また、寿司用語について調べてみたいと思います。

ガレージって一体なんのことでしょう?

スポンサードリンク

寿司の起源と歴史について

寿司は、紀元前4世紀ごろに東南アジアの山地民族の間で生まれたといわれています。

川魚の保存方法として、米などの穀類を炊いたものと魚を一緒に漬け、米の発酵を利用して魚を保存したのです。その技術が日本へは奈良時代(710年~794年)の頃、稲作の伝来とともに中国から伝わったとされています。

このころの寿司は甘酢で味付けした米飯に、アユやフナなどの川魚をのせて一晩寝かせた「なれずし」と呼ばれるもので、保存食として食べられていたようです。

江戸時代の末期に江戸で流行していた屋台から、握ったらすぐに食べられる「にぎり寿司」が生まれ、江戸前(東京湾)でとれる魚介や海苔を使うことから「江戸前寿司」と呼ばれるようになりました。


C0000252c

1923年の関東大震災で被災した東京の寿司職人たちが故郷へ帰り、日本中ににぎり寿司が広まって行きました。

江戸時代から明治時代までは屋台が中心でしたが、戦後、屋台で生ものを扱うことが禁止されたことで、店の中に屋台を持ってきて寿司を提供するようになりました。屋台の形式がそのまま残り、現在も寿司屋で採用されているカウンターになったと言われています。

寿司の語源は「酢をまぜた飯=酢飯・すめし」からきており、酢飯の「め」がいつの間にかなくなり「すし」と呼ばれるようになったそうです。

「鮨」「鮓」「寿司」と「すし」を表す漢字はいろいろありますがどれも当て字なんですね。

現在、一般的に使われているのは「寿司」という漢字で、寿(ことぶき)を司る(つかさどる)という意味で縁起がいいもの、祝いの席で食べるものという意味があります。

  
スポンサードリンク

代表的な寿司用語

 代表的な寿司用語の意味と由来をまとめてみました。

●しゃり

酢飯のこと。

お釈迦様の骨のことを仏舎利(ぶっしゃり)といい、米と骨が、色や形が似ていたことから「しゃり」と呼ばれるようになりました。

 

01_03_19-300x300

●あがり

お茶のこと。

すごろくのゴールや、最後のことを「あがり」と言っていたことから、口に残る味を洗い流すために最後に出すお茶のことを「あがり」と呼ぶようになりました。

●かっぱ

きゅうりのこと。

かっぱの好物がきゅうりだからとか、きゅうりの切り口がかっぱの頭に似ているからといわれています。

●がり

甘酢漬けのしょうがのこと。

噛んだ時の音が「ガリガリ」ということからきています。

しょうがには魚の生臭さを取ったり、口直しのほかに、細菌の繁殖を抑える役目があります。

free-illustration-syoyu-zara

●ムラサキ

醤油のこと。

醤油の色合いから、ムラサキと呼ぶようになりました。

 

●なみだ

わさびのこと。

わさびが効きすぎると辛くて涙がでることからナミダと呼ぶようになりました。

●ガレージ

シャコのこと。

シャコ→車庫→ガレージ!

●おあいそ

お勘定のこと。

本来は店側が「お愛想がなくて申し訳ございません」と勘定を出す時にへりくだる表現ですでしたが、いつしか勘定そのものを指す言葉となり、誤用されるようになったということです。

 ダウンロード

寿司は江戸で大流行して、関東大震災をきっかけに日本各地へ広がっていったのですね。

その先で、それぞれの地域で独自に進化し、富山のます寿司や岡山のバラ寿司のように、旅行の楽しみともなるような寿司が生まれたのでしょう。

旅行で日本各地を訪れたときには、その土地でしか食べられない寿司を食べるのもいいかもしれませんね。

 
スポンサードリンク

 - 未分類