日本文化研究ブログ  Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

雛人形の右大臣と左大臣はどちらが偉い?左右の位置関係と飾り方

      2017/05/18

364700

3月3日はひな祭りですね。

ひな祭りが近づくと雛人形を飾りますが、年に一度のこと・・・これはどこに置くんだったかしら?これは誰に持たせるんだったかしら?と悩むことはありませんか?

ひな祭りの定番曲でもある「うれしいひなまつり」の歌詞に登場する「♪赤いお顔の右大臣」は、どこに飾ればいいのでしょう?

今回は、たくさんある人形の中でも、右大臣と左大臣のことを調べてみました。

 

スポンサードリンク


右大臣、左大臣とは?

 読み方は「うだいじん」「さだいじん」です。

正式名称は「隋臣(ずいしん・ずいじん)」または「随身(ずいしん・ずいじん)」です。

隋臣とは、お内裏様のお供として外出の際には警護をする重要な役目があります。

外出時だけではなく、宮中でも常に近くにいてお内裏様を守っています。

jinya_01

実は、右大臣、左大臣という呼び方は間違いであるといわれています。

左大臣は公卿(くぎょう・公家の中でも最高幹部であり、国政を担う職位。今でいう内閣総理大臣)で、右大臣は左大臣を補佐する立場なので隋臣を兼任することはまずないそうです。

大臣という立場を考えると、五人囃子(ごにんばやし)の下にいるとは考えられず、弓や太刀を身に着けていることからも、大臣ではなく隋臣だといわれています。

また、右大臣と言われている人は「右近衛少将(うこんのしょうしょう)」、左大臣と言われている人は「左近衛中将(さこんのちゅうじょう)」という役職にあります。

しかし、右大臣、左大臣という呼び名で広まっていますので、ここでは右大臣、左大臣として書いていきますね。

  

スポンサードリンク


どちらが偉い?位置関係と飾り方は?

 右大臣、左大臣は五人囃子の下に飾ります。

上から数えて四段目です。

右大臣と左大臣では、左大臣の方が位が高いです。

位が高いほうが上手(かみて)に座るのですが、上手はひな人形に向かって右側です。

hina_illust3

右大臣と左大臣の見分け方は、右大臣が色白の若者、左大臣が白いヒゲをたくわえた年長者です。

位を考えると、右大臣は向かって左側、左大臣は向かって右側に置くのが正しいのですが、正しく置いたときにお顔を見てください。

赤いお顔はどちらですか?

「あれ?赤いお顔は左大臣?」と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。

そうなんです、歌詞の通りだと向かって左側に置いた右大臣のお顔が赤いはずですが、右大臣のお顔は白いんです。

これは、作詞者であるサトウハチローさんの勘違いといわれています。

ひな人形に向かって右側にいるので右大臣、左側にいるので左大臣として歌詞を発表したようですね。

とてもややこしいですが、正式に置くときは「ひな人形と同じ方向を向いたときにどちらが右になるか」を考えるといいですね。

歌が発表されたあと、間違いを指摘して訂正を求める声もあったそうですが、歌の普及に追い付かず、このまま広まったといわれています。

このような間違いがあり、サトウハチローさんはこの歌を嫌っていたそうです。

33170009-30270013_14

右大臣と左大臣の飾り方は毎年悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

歌詞の間違いもあり、ますます混乱してしまうかもしれません。

右大臣と左大臣を飾る時は、歌のことは一旦忘れて・・・ひな人形と同じ方向を向いたときに右側に置くのが右大臣(若者!凛々しい表情!)、左側が左大臣(白いおヒゲのおじいちゃん!お顔が赤い!)と覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 3月, 春の行事