日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「赤」と「紅」の違いとは?運動会は赤組?紅組?

      2020/03/15

似たような色に「赤」「紅」がありますよね。

しかし、「赤」と「紅」の違いはご存知でしょうか?

また、毎年大晦日に放送される「紅白歌合戦」は、「紅組」は女性歌手、「白組」は男性歌手というチーム分けですが、なぜ「赤」ではなく「紅」なのでしょう?

身近なものですと、小学校や中学校の運動会では「赤組」でしたか?それとも「紅組」でしたか?

今回は「赤」と「紅」の違いについて調べてみました。


「赤」と「紅」の違いとは?

「赤」の読み方は「あか」です。

「紅」の読み方は「べに」または「くれない」で「あか」とも読みます。

 

「あかい色」の種類はとても多く、「赤」と「紅」は厳密には違う色であり、紅色はキク科の紅花の汁で染めた鮮やかな赤色のことを指します。

隣同士に並べてみるとその違いがよくわかりますよ。

 


 

また、日本の国旗である「日の丸」は、「紅(くれない)色」と指定されており、「紅色」は博愛と活力を、「白色」は神聖と純潔を意味するといわれています。

 

 

しかし「紅白」と使う場合は、特に色を「紅」に指定しているわけではなく、赤色全般を指しています。

それでは、なぜ「赤白」ではなく「紅白」なの?という疑問が生まれますが、理由は諸説あります。

 

●漢字の意味が理由という説

「赤」は「赤裸々(せきらら)」や「赤貧(せきひん)」という言葉に用いられるため、「何もつけていない」「むき出し」「まる裸」「とても貧しい」などの悪い意味、マイナスイメージを持つので、「赤」を避けて「紅」と書くようになったという説。

 

●中国が由来という説

漢字が中国から伝わってきたときに「あかい色」を意味する場合は、「赤」という漢字ではなく、「紅」が常用されているそうです。


運動会は赤組?紅組?


 

運動会や紅白歌合戦の紅白のチーム分け、野球やサッカーの紅白戦のように2チームだけの場合は「紅」と「白」の色分けをすることがほとんどですが、すでに説明した通り、「紅白」とした場合、色を「紅」に指定しているわけではなく、赤色全般を指しているため、「紅組」でも「赤組」でも問題ありません。

また、「赤組」とする学校や団体もありますし、2チーム以外にも、青や緑、黄、桃色などいろいろな色のチームに分けることもあります。

 


紅白の意味とは?

「紅白」には大きく2つの意味があります。


① 2つのチームを分ける意味

紅白歌合戦や紅白戦のように、対抗する2つのチームの事を表しています。

 

 

2つのチームを紅白で分けるのは、源平合戦が由来という説が有力です。

平安時代(794年~1185年)末期の1180年~1185年にかけて起こった「源平合戦(げんぺいがっせん)」という説が有力です。

源平合戦は一般的に源氏と平家の権力争いで、その際に敵と味方を区別するため、貴族の平家は朝廷の象徴である「錦の御旗」と同じ配色の「赤地に金丸の旗」を用い、武士の源氏は「白地に赤丸の旗」を用いたといわれています。

このことから紅白歌合戦や運動会のように対抗する2組を区別するために紅白が定着したといわれています。

 


② おめでたいことを意味する

「紅白まんじゅう」や、おめでたい席で用いられる「紅白幕」など、「紅白」は伝統的に祝い事で使われる色で、「紅白」はお祝いや縁起が良い事など、おめでたいことを表しています。

「紅白」が祝い事で使われるようになった理由は諸説あります。

 

●ハレの日の食べ物が赤飯と餅だったからという説

日本人は古来より「ハレ」と「ケ」を意識して生活しており、「ハレ」はお正月や七五三、冠婚葬祭のような年中行事やお祭など特別な日・非日常のことで、「ケ」は日常・普段の生活のことです。

この「ハレ」の日の食べ物として赤飯を炊き、餅を振舞う習慣があり「赤飯と白い餅」から「紅白はめでたい」という概念を持つようになったようです。

 

 

●中国からの輸入品が由来という説

室町時代(1336年~1573年)、中国からの輸入品の箱には、中国側が輸出用と他の品を区別するために赤と白の縄が縛り付けられていました。

日本側はこの縄を贈答に使用する習慣だと誤解し、日本国内で贈答品に赤と白の紐をかけるようになりました。

これが水引きの起源になり、「紅白」が縁起が良いものに結びついたそうです。

 

 

「赤」と「紅」の違いがわかりましたね。

普段の生活で「紅」という漢字はあまり見聞きしませんが、実は「紅はるか」「紅あずま」「紅まさり」「紅こまち」「紅天使」「紅さつま」など、さつまいもの品種名によく使われている漢字なんだそうです。

理由は定かではありませんが、さつまいもの皮の色が「赤」よりは「紅」に近いからといわれています。

 

関連:日の丸の由来とは?赤と白の意味とは?日本の国旗になったのはいつ?

 



 - 未分類